かえっていく場所

かえっていく場所

作者名 :
通常価格 496円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

三十年住んだ武蔵野の地を離れ、妻とふたりで都心へと居を移した「私」。ゆっくりと確実に変化していく日常と、家族の形。近づいてくる老いと沈殿していく疲れを自覚しながら、相変わらず取材旅行に駆けまわる毎日だ。そんなとき、古い友人の悪い報せが「私」を大きく揺るがせる……。『岳物語』から二十余年。たくさんの出会いと別れとを、静かなまなざしですくいとる椎名的私小説の集大成。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年09月05日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2012年10月20日

なんと池澤夏樹氏との対談が僅かではあるが取り上げられていて、二大好きな作家の共演に読書人生のヨロコビをかみしめた一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月27日

この方の著作は半分も読んでいませんが、細々と読み続けてきたので、思いいれがあります。この本は正直衝撃的でした。自分的には名著です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月21日

長年のシーナファンだけれど、隊長の執筆量たるやものすごく、とても全部は読めていない。あまり読んでいない時期もあったので、ちょっとさかのぼって読もうかと思い、特に好きな「私小説」シリーズで未読のものを文庫や古本で入手。

まずこれをしみじみ読み終えて、本棚の椎名本の列に加えようとしたら、なんと! 同じ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月01日

哀愁の街に霧が降っていたころから、随分歳をとった。

よくよく見ると、特別変わっているというわけでもない日常。面白いことがあったり、鬱になったり。

何気ない日常を切り取ったスナップ写真が、普段は気づかない、いつもそこにあるちょっと面白いものを教えてくれるように、シーナさんが物語のありかを教えてくれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月28日

久しぶりにシーナ作品を読んだ。
ギラギラしていた若い頃とはうってかわって、なんだか妙に元気のない姿。時の流れを感じるとともに、ほんわかした暖かい気持ちに触れたような気がした。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています