あやしい探検隊 北へ

あやしい探検隊 北へ

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

あやしい男が十一人。めざすは北のウニ、ホヤ、演歌。椎名隊長の厳しい隊規にのっとって、離れ島に通い、釜たき、水くみ、たき火、宴会に命をかける「あやしい探検隊」の全記録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年04月30日
サイズ(目安)
48MB

あやしい探検隊 北へ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月13日

    仲間内のバカな遊びが最高に楽しい、椎名誠の著書の中でも抜群の作品。
    何も考えなくて良いです。
    楽しんで下さい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    ここに集う方々にはいわずもがなな本なのかもしれないけど、やっぱり面白いものは面白い。(最初「たなぞう」に載せた文章なので)

    「東日本なんでもケトばす会」(略称「東ケト会」別名「あやしい探検隊」)の面々がただただキャンプしているだけなのだが、一言で「キャンプ」と言ってしまっていいのかわからないほどい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    はじめて読んだ椎名誠。北へ向かう道中のパンツの1号・2号・3号の命名や、覆面トランシーバーの無差別的警告などは大好きなエピソード。馬鹿馬鹿しいけど、じんわり寂しさも漂う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月26日

    あやしい探検隊シリーズ2。

    相変わらず、仲間らとキャンプをするだけで探検らしいことはまるでしない。

    隊長である椎名さんが南の国に魅せられて浮つき、弱腰になってしまった活動を嘆き、原点回帰をするべく一団は北へいく。

    なんて素敵な生き方なのか?簡単にできそうでなかなかできない。しかもこれはまだ自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    あやしい探検隊がリアルタイムではない僕のような人間も、どうにかは入れないかと憧れました。これは一作目よりは大分テンション下がりますが好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月21日

    【81/150】連続して椎名さんのバカバカ文を読み直す。これも10数年以上ぶりだね。こっちの方が肩を揺らして笑いをこらえた回数が多かったな。

    でも、おかしいな、もっとゲラゲラ笑ったんだけどなー。「哀愁の町に霧がふるのだ」の方だったかな〜。

    若いころ、このあたりの本をよく読んでたので、なんとなく私...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています