赤ちゃんはまだ夢の中

赤ちゃんはまだ夢の中

作者名 :
通常価格 607円 (552円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

妊婦さんにも、ミステリがいっぱい!もうすぐ新しい家族が加わるっていうのに、「主人と別れて、新しい恋人のもとへ行きたい」「居候が多すぎる」「強面の借金取りがやって来る」「妊婦さんが上の子に厳しすぎる」と、どうしてどこのお宅も問題ばかりなのっ!再びコンビを組んだ聡子先輩と見習い助産師の陽奈に降りかかる、厄介な家庭の事情の数々。自宅出産専門の助産師コンビの持ち込む家庭のトラブルに、伝説のカリスマ助産婦・明楽先生の鮮やかな推理がますます冴え渡る。様々な“家族の愛”をテーマに、心温かなユーモアを描いた、助産師探偵シリーズ第三弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
307ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

赤ちゃんはまだ夢の中 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月17日

    助産婦探偵第三弾は再び短編。
    四つの物語が楽しめる。

    夫と別れたい、居候が多すぎ、借金取り、上の子に厳しすぎる妊婦。
    さて助産師たちは無事に赤ちゃんを産ませることができるのか?
    そして「家族」という聖域に踏み込んで無事でいられるのか?
    家族にまつわる絡まった糸をほどいてこれらの問題を解決できるのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月29日

    ミステリーとして、ちゃんと伏線を張り起きている出来事の意味を回収するのはいいです。
    その上で見えている表面と裏側の落差にビックリ。
    ただこの短編集で描いているのは、人の心。
    メンタルを描き、今のあるいは続く親と子を書いている。
    見えないものを避けられない時代です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年12月20日

    助産婦ミステリ第3弾。第1弾と同様,短篇集になっている。日常の謎系のユーモアミステリーという分類になるが,結構,ブラックな描写があり,その点が心に残る。「帰ってください」で,妊婦が言うセリフ「あたしの気持ちを尊重するふりして大事なことから逃げないでよ!」というセリフとか,「守ってください」の聡子の,...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています