フットボールネーション(1)

フットボールネーション(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」…ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームとは別に、ある才能に出会う!河川敷を根城に、草サッカーチームの助っ人をしている“ジョーカー”こと沖千尋だった。その才能に目をつけた「東京クルセイド」の監督も、千尋をチームの助っ人として依頼する。「パスミスになるけど…」-全力でやるように監督に言われた千尋は、大胆な発言をする。初めは宣言通りパスミスを繰り返していた千尋だが、チームメイトが彼の実力を認め、彼の意図通りに走り出したらパスが面白いようにつながるようになる。これだけの才能がなぜ、今まで埋もれていたのか?試合後、チームメイトの誰もがそう思いつつも、千尋をチームに迎え入れようとする。だが、当の千尋がそれを拒否!今をときめく高校現役Jリーガー、一ノ瀬迅とも浅からぬ因縁がありそうな千尋、彼の正体は一体…!?また、「東京クルセイド」監督が求める「脚のきれいな選手~」の真意とは!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
電子版発売日
2013年05月30日
紙の本の発売
2010年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

サッカー日本代表の試合を見て、「長友と本田だけ、なんか違う」と思ったこと、ありませんか?または一昔前の日本代表を見て、「中田英寿だけ、なんか違う」と思ったことは?
フットボールネーションには、その「なんか」の理由がきっちり描かれています。
あくまで科学的に、なぜ日本のサッカーは世界のトップレベルではないのか、その原因はどこにあるのかを描いており、とんでもないスーパープレーや努力・友情を描くこれまでのサッカーマンガとは一線を画した内容に目から鱗です。
ドラマチックな試合展開、エキサイティングなスーパープレー、個性的なキャラが描かれているわけではありませんが、「科学的に」サッカーを読み解くことに興味がある方は、必読です。
このマンガをきっかけに、歩き方一つとっても「あの人、なんか違う」と思われることがあるかも!?

フットボールネーション(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年07月19日

    ~10巻
    語られる理論が真新しく、丁寧に説明され、面白い。その理論でのしあがっていく感じが気持ちいい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    まさにバイブル!

    mm-hmm 2016年09月28日

    ワールドカップサッカーを観る度に、「どうして日本チームの選手のプレイはこうなんだ?!」とジレンマを感じていますが、この漫画を読んで納得!日本でサッカーをしている人達やこれから始めたいと思っている人達みんなにぜひ読んで自分のプレイに活用もらいたいバイブルです。日本代表サッカー選手・コーチ・監督達が読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月05日

     草サッカーを舞台にして、天皇杯でのし上がることで日本のサッカーを変えてやろうと目論む東京クルセイドの戦いを描くサッカー啓発漫画である。
     今となってはかなり知られるようになったインナーマッスルについての指摘が多くなされている今巻は、サッカー漫画として大変面白い。スポーツ漫画としてはまだまだ熱い部分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    凄く面白いです。

    2015年01月01日

    ロジカル系サッカー漫画です。
    『ハムストリング』『軸』『インナーマッスル』『体/筋肉の使い方』などに言及した作品。
    内容的には少年誌のような派手なエンタメや精神論はありませんが、身体理論を分かりやすく説明しながらストーリーに絡めて展開していきます。
    その配分が絶妙でリアリティに一役かっています。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月04日

    最近出るようになりました。「そっと評価されるべき」タグを貼りたいです。

    選手・監督・クラブスタッフなどいろんな視点でのサッカー漫画はあります。
    この本で面白いのはサッカーを科学的に説明している点。ここでは「ハムストリング」の重要性を説いてます。

    コンフェデレーションカップ、W杯あたりで売上が上が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月24日

    というわけで、フィジカルつながり。サッカー版のおおふりってかんじです。読んだほうがいいに決まってる本ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月04日

    面白い!!!のひとことにつきます。
    私のいまの興味とマッチしているだけに、はまってしまいました。
    サッカー本の新しい形!?
    長友につづけみたいな!?


    キャプつば見てオーバーヘッドを練習したように、
    筋トレする子が出てくるんだろうな~
    とちょっと心配にもなりましたが・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月15日

    装丁(の選手のフォーム)に惹かれて買って読んで。
    まさかと思って後ろを見てみたら「協力・高岡英夫」、やはりそうだったか!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月05日

    インナーマッスルが使えなければ日本のサッカーは世界レベルと同じ土俵にすら立てない。他にもスポーツビジョン、育成環境といったこれまでのサッカー漫画にない切り口が新鮮、かつ真剣。サッカー好きなら読んで損はないですよ。

    作品評価ではないですが、大武さんに感想メール送ったらご丁寧に返信いただきました。サッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月08日

    面白いです。
    会社の同僚に教えてもらいました。

    インナーマッスルがテーマでもあるサッカー漫画です。

    アマチームが天皇杯で勝ち進むために、進展するストーリーです。

    筋肉の名前が読めないので、そのうち勉強します

    このレビューは参考になりましたか?

フットボールネーション のシリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • フットボールネーション(1)
    サッカー雑誌の女性カメラマン・緒形は、ある時、アマチーム「東京クルセイド」の取材を命じられる。そのチームの選手応募要項は「脚のきれいな選手求む!」…ふざけたチームだと、しぶしぶ河川敷に出かけた緒形だったが、そのチームとは別に、ある才能に出会う!河川敷を根城に、草サッカーチームの助っ人をしている“ジョーカー”こと沖千尋だった。その才能に目をつけた「東京クルセイド」の監督も、千尋を...
  • フットボールネーション(2)
    一風変わったカントク・高橋のもと、本気で天皇杯優勝を目指すアマチーム「東京クルセイド」--だが、チームの中心になろう沖千尋は年齢制限で本大会まで出られない。そんな中、千尋の働きで、「東クル」に欠けていた“強いチームには絶対不可欠なピース”が埋まる…!?一方で、高橋は千尋について、彼の致命的欠陥を指摘し!!日本を、真の「サッカー先進国」にするために…??の思いも詰まった、本格サッ...
  • フットボールネーション(3)
    本気で天皇杯優勝を目指すアマチーム「東京クルセイド」は、沖千尋抜きで本選出場を決めるが”二人の秘密兵器”に思わぬ欠陥が露呈し、不安を抱えていた…!?一方、記者・三枝に、突然”友達”千尋の話を振られた天才高校生Jリーガー・迅は不快感を思い起こすが…まだ千尋の現況を知らない。だが、運命の糸は再びーー!?
  • フットボールネーション(4)
    天皇杯2回戦・RSユース戦で、東京クルセイドは前半”誤審”を恐れ「撃たせて捕る」作戦を展開。しかし、弱点・右SBを相手の10番に衝かれ、千尋がナイスカバーをするが、ファウルを取られ、FKで1点を先取される。だが、高橋監督は余裕の表情でゲームの成り行きを見ていた。そのまま前半終了後、高橋は、千尋の能力の一端が幼いときからの「イメトレ」によるものだと知るが…。そして、後半開始早々「東...
  • フットボールネーション(5)
    次戦の天皇杯3回戦は、J2湘南ウェイブズとの対戦。東京クルセイドの守備陣は、ゴールキーパー・イワンのコーチングのなさに最大の不安を感じていた。湘南ウェイブズは、新加入の外国人フォワード二人と左サイドバックが活躍し、J2で好成績をおさめているチーム。一方、以前は湘南ウェイブズに所属していた鳥海は、かつてベンチ外からスタメンで活躍するその姿を歯噛みしながら見ていた司令塔・秋庭匠が、今...
  • フットボールネーション(6)
    元日本代表選手を父にもつユース選手・楠木に、対戦相手だった東京クルセイドの監督・高橋は、周辺視野と走り方の大切さを説く。一方、次戦の天皇杯4回戦はついにJ1のプロチームとの試合。しかし、ボランチ沖は過去の因縁から……。危うし東京クルセイド!
  • フットボールネーション(7)
    天皇杯4回戦で沖千尋を欠いたままJ1のバクレータ高知と一進一退の激戦を繰り広げる東京クルセイド。イワンの声が出るようになり、少しずつ本調子に戻ってきたクルセイドは… 一方、千尋は引きこもっている兄との会話で自分がサッカーを始めるきっかけとなった出来事を知ることに…
  • フットボールネーション(8)
    天皇杯準々決勝、東京クルセイドに対するは日本代表クラスの選手を多数擁するJ1の古豪・愛知サッカークラブ。 愛知SCの主力温存という油断をつき前半から2点のリードを奪った東クル。 綿貫やトカヴィッチなど、主力を投入してきた愛知SCに対してアマの精鋭、東クルは…!? ディフェンス改革に取り組んできた東クルの成果を見よ!!
  • フットボールネーション(9)
    東京クルセイドの正ゴールキーパー・イワンが出場できないことになった天皇杯準決勝。 対するは、日本代表ゴールキーパー・石堂を擁し、優勝経験豊富な強豪・アスレティック北海道。 勝敗は第2ゴールキーパー・宇田川の上達に掛かっている――――!! 東京クルセイドに新生守護神、誕生なるか――――!?
  • フットボールネーション(10)
    イワンが出場出来なくなった天皇杯準決勝。 舞台は大阪、対する相手は日本代表GKを擁するアスレティック北海道。 試合開始早々に宇田川のミスで東京クルセイドが失点。 沖やマリオ、鳥海が果敢に攻めるも、代表GK、石堂は堅実なセービングを繰り返す。 0-1のまま、健闘むなしく前半終了を告げる笛がなり、 試合は天皇杯決勝行きを懸けた後半へ―――!!
  • フットボールネーション(11)
    天皇杯決勝を懸けた、サドンデスPK戦! 白熱する天皇杯準決勝! 宇田川の安定した攻撃参加を起点に、 マリオと沖の活躍で勝ち越した東京クルセイドだが、 後半終了間際に失点し、PK戦へ―――! スカウティングと心理的駆け引きで優位に立つも、 勝利がかかったラスト1本を鳥海がまさかのミス! 勝負はサドンデスに突入―――!
  • フットボールネーション(12)
    「世界基準」を日本に見せつける! 天皇杯決勝進出を決めた喜びも束の間、沖たちの過去をマスコミにかぎつけられて騒ぎに。 しかし、三枝渾身の記事でスキャンダルも沈静化! 不安材料は全て消え、いざ、一ノ瀬が待つ、元日決戦の舞台へ――!!
  • フットボールネーション(13)
    遠藤航選手、推薦!!!! 日本代表/シント=トロイデンVVで活躍する世界基準のボランチ、遠藤航選手、推薦!!!! 「海外選手より身体能力で劣る日本人が、世界で頭を使い戦い抜く為に読まなければいけない一冊であり、僕自身も勉強になりました。」 全てはこの試合のために… アマチュアチームvsJリーグの名門、異例づくめの天皇杯決勝!! 完全アウェイな雰囲気ながら、序盤からペースをつかんだの...
  • フットボールネーション(14)
    日本代表レジェンド、松井大輔選手推薦!! 元日本代表、現在は横浜FCで活躍する、 松井大輔選手、感嘆!!!! 「海外に出てプレーしてみて初めて肌感覚で分かる事が、 日本で漫画で読めて理解出来るというこの幸せ。 自分ももっと若い頃にこの一冊に出逢いたかった! 保護者や指導者の皆さんも、必読です。」 さらに、 松井大輔選手と作者・大武氏の対談も特別収録!! 【あらすじ】 運命の天皇杯決...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています