ラストイニング(1)
  • 完結

ラストイニング(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

関東某県にある彩珠学院高校野球部は、甲子園初出場で初優勝を果たした過去がある。しかし現在は毎年1、2回戦での敗退続き。元野球部監督の狭山校長は13年前の部員で、現在は悪徳商法で留置所に入っている鳩ケ谷を訪ね、新監督に就くよう依頼するが…。汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ!かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ケ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
電子版発売日
2013年03月08日
紙の本の発売
2004年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
54MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

人生の最大の敵、それは「鈍感」である
これは野村克也さんの言葉ですが、この『ラストイニング』という野球マンガは、「鈍感」であることは野球をする上で、そして人生において最大の敵だと、そんなことを伝えてくれた気がします。
野球は他のスポーツよりも止まっている時間が長いスポーツです。だからこそ相手を出し抜くために、配球を考えるキャッチャー、そしてサインを送る監督は常に「相手は何を考えているのか、次はどう動くか」を頭で考え続ける必要があります。
本作は「出し抜くこと」「裏をかくこと」を常に考えている監督が主人公です。行間を読むのが一番面白いスポーツだからこそ、剛速球を投げるキャラが躍動する野球マンガよりも、「出し抜くこと」に重きを置く『ラストイニング』は正しいと、私は思います。「鈍感」では、勝てませんよね。

ラストイニング(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    野球やってるとさらに面白い

    そろいすと 2013年07月19日

    野球をやった経験があるとかなり面白い。
    20巻からしばらく続巻が出ていないので早く出して欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月02日

    そこらの野球漫画とは違います。

    監督目線で語られるのは野球漫画初ではないだろうか。

    内容も現実的、技術的な話題も豊富。

    弱小校が強豪校を倒すというストーリーが実体験にそっくりで共感。

    読む価値ありなマンガです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    今(2011年)はまっている漫画の一つです。

    監督視点の野球漫画。
    最高です。面白いです。先が気になりまくりです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月14日

    最近の野球漫画は「大きくふりかぶって」といい、この「ラストイニング」といい、野球の心理面、技術面、トレーニング方法などなど勉強になることばかり書いてあってすごい!「大きくふりかぶって」がメンタルトレーニングを描いているなら、この「ラストイニング」は技術面トレーニング方法をちゃんと書いている。素晴らし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    アクション的に派手な演出はないにもかかわらず、作戦や駆け引きで十分に見所を作る本格高校野球漫画。監督や選手はそれぞれキャラが立っており、感情論に流されないドライな作風も魅力。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    周りに読んでいる人があまりいなくて寂しいです。これも立派な野球漫画なのに!
    他の野球漫画とは違い、監督視点なのがおもしろい。また、他の野球漫画は選手自身がものすごくて、自分で考え自分でゲームを作っていきますが、これはまさに高校生らしく、監督がチームを作り、選手を作り、という過程が細かく描かれていて、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ─汗と涙ぁ・・・んなモンいらねぇ。

    高校野球漫画なのだがこんな言葉飛び出してくる。


    「勝ち続けなきゃ意味がない」

    「負け試合のくやしさで夜中に目が覚める…そんな思い、したことあんのか?勝つってのはそういう思いの結果なんだよ。」


    「高野連や先生を喜ばせる野球をやるつもりはない」


    一体ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月27日

    異色の高校野球漫画。ひたむき・さわやか・正々堂々、という高校野球に対する我々のイメージをひっくり返す!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月12日

    野球漫画のなかでは今のところ一番好きかなあ。
    派手な描写はないのにすごく引き込まれる。

    野球やってる人でも読めるらしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月05日

    なかなか好きなタイプの野球漫画でした。監督が何考えてやってるんだーとかも読んでて軽く思ったりして楽しかった。
    あとはいろいろと気が回る八潮くんが好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

ラストイニング のシリーズ作品 全44巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~44件目 / 44件
  • ラストイニング(1)
    完結
    605円(税込)
    関東某県にある彩珠学院高校野球部は、甲子園初出場で初優勝を果たした過去がある。しかし現在は毎年1、2回戦での敗退続き。元野球部監督の狭山校長は13年前の部員で、現在は悪徳商法で留置所に入っている鳩ケ谷を訪ね、新監督に就くよう依頼するが…。汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ!かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ケ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変え...
  • ラストイニング(2)
    完結
    605円(税込)
    合宿の期間中、バレーやテニス、通行人調査など超自己流指導を部員に指示した鳩ヶ谷。左投げを強制させられたエース投手・日高は、ある日ついに我慢できなくなって本来の右で投球練習を再開してしまう。ボールを受けた八潮は、日高のフォームが格段に良くなっていることに驚き、鳩ヶ谷の的確な指導法に感心するが…。
  • ラストイニング(3)
    完結
    605円(税込)
    秋季大会を辞退しながら、その直後に多数の県外試合をしたことで県高野連に睨まれてしまった彩学野球部。だが、鳩ヶ谷はこれまで通りの「ポッポ流」を校長に認めさせ、次なるチームの強化策を練り始める。そして、まずは有望な新入生の確保しようと意気込むのだが、その直後、毛呂山から「来年から彩学は中高一貫校になる」と言われてしまい…。
  • ラストイニング(4)
    完結
    605円(税込)
    強打者・剛士を養子縁組という奇策でチームに加えた彩学。夏の甲子園まであと9ヶ月、バッティングの強化を図るため、鳩ケ谷はチームをABCの3グループに分けてそれぞれのメニューを組む。主力となるAチームは、マシンの中に白、赤、青、黄の4色のボールを入れて、出た球を瞬時に判断して決められた通りに打つ、という練習なのだが…。
  • ラストイニング(5)
    完結
    605円(税込)
    関東大会優勝校・聖母学苑との、沖縄合宿を懸けた試験試合当日。聖母のベストメンバーと戦えることに鳩ケ谷は気合いが入る。「初回に1点取れば6割、2点取れば7割勝てる」という法則から、先制点を取るための打順にしたという鳩ケ谷は、1番打者・日高に初球から行けと指示を出すが…。
  • ラストイニング(6)
    完結
    605円(税込)
    関東大会優勝校・聖母学苑との練習試合に、善戦むなしく3対5で敗れた彩学。これでも1回戦コールド負けの半年前と比べれば大きな進歩なのだが、選手達はロッカーで悔しさを顕わにする。一方、鳩ヶ谷は聖母・桐生監督と別室で懇談していたが、その別れ際、桐生は部屋の外にいた美里を「ゆり子」と呼びかけて…。
  • ラストイニング(7)
    完結
    605円(税込)
    沖縄合宿もついに最終盤。これまで高野連規定で禁止されている練習試合を繰り返してきた彩学野球部だったが、目標の「実力30%アップ」につながるような一流の対戦相手とは巡り合えず、成果は今ひとつ。そこに戻ってきた蕨が「ついに聖母に匹敵するチームを見つけてきた」というが、それはなんと米軍基地のチームで…。
  • ラストイニング(8)
    完結
    605円(税込)
    鳩ヶ谷が監督になって初めて迎えた公式戦・春の県大会ブロック予選。迎えた初戦の相手は、県内強豪の武州商業。後攻めの彩学は、覚えたてのチェンジアップを投げたがるエース・日高のわがままを、キャッチャー・八潮がうまく抑えることができないまま、いきなり相手の4番にツーランを打たれてしまい…。
  • ラストイニング(9)
    完結
    605円(税込)
    ある日の朝練、突如スティーブに投球練習をするよう命じた鳩ヶ谷。フリスビーを投げるようにとの注文通り、スティーブが横手投げで投げると、さほど球速がないにもかかわらず、微妙な変化を生じたボールは八潮のグラブを弾いてしまう。練習後、鳩ヶ谷の元へやってきた八潮に対し、鳩ヶ谷はおもむろに「お前、彼女いる?」と問いかけて…。
  • ラストイニング(10)
    完結
    春の県大会2回戦。新鋭・優明館と対戦中の彩学は、6回を終えて0対1と劣勢。ベンチでは鳩ケ谷が、守備での疑問をぶつけてくる八潮をあしらいながら、曲者な相手監督・玉川との読み比べを続けていた。そして7回表、彩学が無死1、2塁のチャンスで4番剛士を迎えると、すかさず玉川が投手交代の策をしかけてきて…。
  • ラストイニング(11)
    完結
    ネット上で「鳩ヶ谷監督は暴力団とも繋がりがある」という悪い噂が駆けめぐる中、ついに部員の母親たちが彩学に乗り込んできた。噂が事実なら解任だと息巻く親たちに、鳩ヶ谷はあっさり事実を認めた上で、これから自分の過去をすべて話すから聞いてほしいと訴える。部員もすべて集合させた席で、鳩ヶ谷は14年前の審判殴打事件のことから語りだし…。
  • ラストイニング(12)
    完結
    10年ぶりに甲子園球場を訪れた鳩ヶ谷。そこには春の近畿大会を観戦する桃谷と蕨の姿があったが、桃谷は「わしが知ってる鳩ヶ谷はこの男とは違う」と言うと、無愛想に席を立ってしまう。鳩ヶ谷の話の真否を確認に来た蕨だが、結局桃谷から聞き出すことはできず、代わって鳩ヶ谷自身が再び語り始める。それは、胴元になるために組の金を盗もうとした鳩ヶ谷の衝撃的な過去で…。
  • ラストイニング(13)
    完結
    ついに夏の県大会抽選会が行なわれ、彩学の初戦相手は浦和緑峰と、さいたま新都心高校の勝者に、3回戦で当たると思われる相手は名門・春日野大栄に決まった。運命の初戦を前に、総勢24人の彩学部員たちは、ベンチ入りメンバーから外れる4人が誰になるのかを気にかけるが…。
  • ラストイニング(14)
    完結
    ついに迎えた夏の県大会。2回戦から出場する彩学の、初戦の相手はさいたま新都心高校。打ちまくってケリをつけたい鳩ヶ谷は先攻を望むが、キャプテン・滑川がジャンケンに負けて後攻に。さらに、先発のスティーブがガチガチに緊張していたり、相手キャプテン・仲町がそんなスティーブの様子を探りに来たり…。
  • ラストイニング(15)
    完結
    春日野大栄の前監督・熊谷と、高校野球を支えている現場の人間として本音を語り合う鳩ケ谷。保護者たちの圧力に負け、解雇された過去を持つ熊谷は、大人が子供に甘くなったと愚痴をこぼす。変わってしまった大栄を打ち負かしてくれと叫ぶ声に、鳩ケ谷は一層気を引き締める…。
  • ラストイニング(16)
    完結
    夏の県大会4回戦。格下の瑞雲高校を相手に、いきなり初回1死1・2塁のチャンスを迎えた彩学。だがここで、大栄戦の特大ホームランで勢いに乗っているはずの4番・剛士が、瑞雲のベテラン監督・大利根の策にはまり、あえなく凡打でゲッツー。そして試合は、3回を終えて0-1の思わぬ展開に…。
  • ラストイニング(17)
    完結
    彩学vs.栄冠の5回戦が始まった。栄冠エース・大滝は、スライダーを武器とした大会ナンバー1右腕と目される選手。これに対し、鳩ヶ谷は「見せ球、真っ直ぐはあえて打つ。小さなスライダーは見逃し、大きなスライダーと落ちるスライダーには付いていかない」と指示を与える。だが、もともと大滝は投球の8割がスライダーのため、初回はあえなく三者凡退に打ちとられ…。
  • ラストイニング(18)
    完結
    ついに県ベスト8まで進出した彩学。OBたちがプチ祝勝会で盛り上がる中、鳩ヶ谷とデータ班は次の相手・武体大高の研究を開始する。これまで4試合で73点という驚異の打撃力、だが一方で28点もの失点もしており、鳩ヶ谷は武体大高を「筋肉バカ」の集団ではないかと考える。一方、久保と怪しい行動を取っている蕨を見つけた夏子は、ふたりを尾行するが…。
  • ラストイニング(19)
    完結
    夏の県大会準々決勝、彩学vs.武体大。7回裏に逆転した彩学は温存していたエース日高を登板させるが、「打撃バカ」揃いの武体大はかえって士気を高めてしまう。下位打線にヒットを打たれながらも8回を力でねじ伏せた日高は、その裏自らホームランを放って10-8。鳩ヶ谷と八潮が不安がる中、ついに日高が9回のマウンドへ…。
  • ラストイニング(20)
    完結
    詩織をカラオケに誘った明石から聖母の情報を得るため、一緒についてきた八潮。そこで日高のことをどう思うか尋ねたところ、明石は「日高さんは勝たせたいピッチャーで、ボクは勝たせるピッチャー」と答える。さらに明石は武体大戦の最終回で、一打逆転のピンチに初球チェンジアップを投げさせた八潮を「貧乏臭いリード」と批判して…。
  • ラストイニング(21)
    完結
    ついに迎えた県大会準決勝、第一試合の聖母対浦和第一戦。だが、聖母は日向・明石の両エースを敢えて使わず、なんと1年生の三沢を先発に起用してきた。果たして、聖母・桐生監督の狙いは…? 一方、第二試合で対決する彩学と安政大安政の選手たちも、試合を前にそれぞれの思いをめぐらせて…(第199話)。
  • ラストイニング(22)
    完結
    県大会準決勝、彩学vs安政大付属。初回に1点を失った彩学だが、じわじわと安政バッテリーに重圧をかけ続けて、ようやく6回に反撃! そしてツーアウト満塁、6番・入間の場面で、鳩ヶ谷は上福岡を代打に起用。長打力を期待しての積極策かと思いきや、鳩ヶ谷は「ツースリーで外の球が来たら、絶対に手を出すな」と、意外な指示を上福岡に与えて…(第209話)。
  • ラストイニング(23)
    完結
    翌日の決勝に備え、夜遅くまでビデオで相手校・聖母学苑の研究を続ける鳩ヶ谷。だが、先発が予想される明石にも、新発田や佐倉ら打線にも弱点と言えるような部分は見つからず、部屋を訪ねてきた毛呂山に「お手上げ」とぼやいてしまう。一方その頃、聖母の桐生監督は「我々は春を超えなきゃいけない」と、明日の勝利を微塵も疑わない不敵な笑みを浮かべ…(第219話)。
  • ラストイニング(24)
    完結
    聖母との県大会決勝。3回表の彩学の攻撃は、9番・八潮が粘ったものの、最後はフォークで三振に抑えられて三者凡退。早くも6個目の三振を奪って上機嫌の明石に対し、彩学ベンチは沈滞ムードかと思いきや、鳩ヶ谷はなぜかガッツポーズを…? そしてその裏、立ち直った八潮のリードで、日高も三振を積み重ねていき…(第229話)。
  • ラストイニング(25)
    完結
    聖母との県大会決勝は5回を終えて0-1と、彩学が1点を追う緊迫の展開。彩学はスティーブが明石のフォークのクセを見破り、聖母もまた日高が初披露した第4の球種をカットと見定め、両監督の頭脳戦も新たな展開を見せ始める。束の間のインターバルを経て迎えた後半戦、彩学の攻撃は8番・蓮沼から。その初球で、まさかの波乱が…?(第239話)
  • ラストイニング(26)
    完結
    夏の甲子園出場をかけた県大会決勝戦。負ければ廃部の彩学野球部vsセンバツベスト8の大本命・聖母学苑の試合は1-1の同点のまま終盤7回に突入!!快調なピッチングを続けてきた相手エース・明石がこれまでに見せたことのない不可解な「兆候」を見せ始めたことに目ざとく気づいた鳩ヶ谷だったが…その驚きの分析結果とは!?そしてこれが、明石を一気に突き崩す突破口となるのか!?
  • ラストイニング(27)
    完結
    夏の甲子園出場をかけた県大会決勝戦。負ければ廃部の我らが彩学野球部vsセンバツベスト8の大本命・聖母学苑の試合は劣勢が予想された彩学が土壇場9回にエース・日高の一打で勝ち越し、さらに4番・剛士の無心の一撃が聖母の息の根を止める!?しかし、この一打は誰も予想しえなかった前代未聞の展開を招いてしまう…!!甲子園へ行くのはどっちだ!? 目の離せない死闘継続中!!
  • ラストイニング(28)
    完結
    夏の甲子園出場をかけた県大会決勝戦。負ければ廃部の我らがサイガク野球部vsセンバツベスト8の大本命・聖母学苑の試合は劣勢が予想されたサイガクが9回表に2点を勝ち越すも、その裏、サイガクのエース日高が痛恨の同点2ランを浴びゲームは延長戦へと突入!!ここから先は後のない闘い……甲子園へ行くのはどっちだ!?一瞬たりとも目が離せない死闘、依然継続中!!
  • ラストイニング(29)
    完結
    夏の県大会決勝戦もいよいよ大詰め。 我らがサイガク野球部vsセンバツベスト8の聖母学苑のゲームは延長10回の表、勝ち越しの1点をもぎ取ったサイガクに対しその裏、横綱・聖母が死にものぐるいの反撃を見せツーアウト満塁のチャンスを作り上げる!!甲子園へ行くのは果たしてどっちだ!?長きに及んだ死闘は、ここに最高のクライマックスを迎える!!!
  • ラストイニング(30)
    完結
    延長10回の激闘の末、大本命の聖母学苑を破り、遂に夏の甲子園出場を決めた我らがサイガク野球部。そして初戦の相手は、「M校」こと地元・兵庫代表の古豪・湊川商工に決まった!これまで監督として、「勝つための緻密な戦略」を練りに練ってきた鳩ヶ谷圭輔にとっても、ここから先は未体験ゾーン。ヒステリックなまでの周囲の期待とプレッシャー。アウェーの洗礼を浴びるであろう地元相手の初戦。どうにも一...
  • ラストイニング(31)
    完結
    鳩ヶ谷監督にとっても記念すべき甲子園での初戦。4点のリードを保って終盤を迎えたサイガクナインだったが、相手はさすがに伝統校。長年、湊川商工(通称:M校)を率いてきた百戦錬磨の老将・有馬睦夫部長が繰り出すあの手この手とは…?地元・兵庫代表への大声援も重なり完全アウェー状態の甲子園で守勢に回るサイガクナインはその重圧に耐えられるのか…!?最後の最後まで目の離せない攻防は続く!!
  • ラストイニング(32)
    完結
    見事に初戦を突破したサイガク野球部。夏の甲子園2回戦の相手は、初出場・大分代表の大豊高校。事前の偵察により、「野球は打撃」が信条の大友監督と彼が育てた強打者がズラリと並ぶ打線の怖さを十分に把握した上で鳩ヶ谷が導き出した結論は「日高では抑えきれない」…!!?苦戦必至のゲームが今始まる!!
  • ラストイニング(33)
    完結
    サイガク野球部、夏の甲子園2回戦の相手は初出場・大分代表の大豊高校。噂通りの豪打のチームに押されっぱなしの展開。しのぎにしのいで2点ビハインドで迎えた終盤8回、ランナーをためて相手先発の関をKO。そして4番の剛士に打順が回る!乾坤一擲のチャンス、生かせなければサイガクの夏も一巻の終わり!?
  • ラストイニング(34)
    完結
    夏の甲子園3回戦、彩珠学院の相手は優勝候補と目される名門校、東東京代表・帝都大一。おまけにエース・日高が調子を落とし、サイガクの先発は経験の乏しい控え投手・スティーブ…。圧倒的な劣勢が予想されたが、相手監督・赤羽のエース温存策につけこみ序盤でなんと4点をリードするという意外な展開に!えてして甲子園ではこんなケースが起きるものだが、まだまだ試合は始まったばかり。じわじわと迫り来る...
  • ラストイニング(35)
    完結
    夏の甲子園3回戦。彩珠学院は、優勝候補と目される名門校・帝都大一(東東京)を相手に、中盤まで4点のリードを奪う理想的な展開。この点差を守りきれるかどうかに焦点は絞られた!とはいえ、相手は百戦錬磨の強豪校。じわじわと点差を詰められ、先発のスティーブはもはや限界に近い状態に…。エース日高の体調を気遣うあまり継投策に消極的なポッポはなかなか決断を下せないまま、相手に流れを渡してしまう...
  • ラストイニング(36)
    完結
    夏の甲子園3回戦、東東京代表・帝都大一とのゲームもいよいよ大詰め!!ヘロヘロになりながらも、なんとかリードを守った先発・スティーブの後を受け、手負いのエース・日高を投入したサイガク。だが、本調子からは遠い出来の日高は、9回ツーアウトまで来ていながら猛反撃に遭い、一打逆転サヨナラの大ピンチを迎えてしまう…。そして打席には、敵将・赤羽監督が最も期待を寄せる1年生・木場!!照明試合と...
  • ラストイニング(37)
    完結
    夏の甲子園大会で遂にベスト8進出を果たしたサイガク野球部の次の相手は香川代表の興洋学園。18歳の2年生エース・佐野を中心に粗さも見えるが潜在能力の高さを感じさせる「敵に回すとやりづらい」チームだ。さらに、エース日高は肩の変調を訴えどこまで投げられるのか分からない…。早めの大量点で援護したいサイガクだが鳩ヶ谷が介入できるチャンスをなかなか作らせてもらえないまま試合は中盤へ。重苦しい...
  • ラストイニング(38)
    完結
    夏の甲子園準々決勝、vs,興洋学園戦。 4回の表、キャプテン・滑川のセンター前ヒットで先取点を奪ったサイガク野球部だが、 その後は相手エース・佐野を攻めあぐねたまま中盤へ。 肩の異常を訴えているエース日高に保証されている球数は70球。 限界が近づいた6回、興洋打線の中軸がとうとう日高を捉え始める…!! 断腸の思いで日高降板を決意した鳩ヶ谷が告げた仰天のリリーフ投手とは!?
  • ラストイニング(39)
    完結
    vs,興洋学園戦は中盤6回、エースの日高が連打を浴びて逆転を許し 公式戦初登板の剛士を投入せざるを得ないあまりにも苦しい展開…。 回が増すにつれ、ますます調子づいてくる相手ナインに防戦一方のサイガク野球部。 頂点まであと3つ--「ひと夏の夢」はここでついえてしまうのか!?
  • ラストイニング(40)
    完結
    夏の甲子園・準々決勝はすでに最終回。 1点のリードを許したままのサイガク野球部はこの回先頭の四番・剛士が打ち取られ、敗色ムードはいよいよ濃厚に。 しかし、相手内野陣の守備の乱れからワンナウト二塁と千載一遇のチャンスが訪れる! 極限まで追い込まれたこの状況でサイガクの下位打線は難敵・佐野を打ち崩せるのか!? 最後の最後まで目が離せない第40巻!!!
  • ラストイニング(41)
    完結
    夏の甲子園でも自分達の野球を貫き、とうとう4強進出を果たしたサイガク野球部。 準決勝の相手は、今大会No.1右腕の藤村を擁する大阪代表・難波南洋(なにわなんよう)。 しかし、連投による疲労がピークのエース・日高が先頭打者ホームランを浴びるなど初回、いきなり2点のビハインドを背負ってしまう! おまけに、藤村温存を図る難波南洋の先発・時田は2番手投手といえども全国クラスで…!?
  • ラストイニング(42)
    完結
    夏の甲子園準決勝は中盤5回。 優勝候補の呼び声も高い 大阪代表・難波南洋(なにわなんよう)は、 緊急登板となったエース・藤村が 評判通りの力を見せつけて サイガク打線を手玉に取る…!! 手負いの日高に、それでも託すしかない サイガク野球部。 序盤の失点が大きく尾を引く展開の中、 ポッポに逆転の一手はあるのか!?
  • ラストイニング(43)
    完結
    序盤から苦しい展開が続く夏の甲子園・準決勝。 1点ビハインドのまま食らいつくサイガクは 終盤8回、ヘトヘトのエース・日高が中軸に出塁を許し 迎えるは5番を打つ難波南洋のエース・藤村。 「こいつだけは絶対に逃げたくない!」 スライダーもチェンジアップも狙ったところにいかない日高が 残された闘争心で投じた魂のストレート…その行方は!?
  • ラストイニング(44)
    完結
    優勝候補・難波南洋とのゲームはいよいよ9回へと突入。 4点差を追いかけねばならないサイガクナインは 全員が驚異的な粘りを見せ、 絶対的エース・藤村に襲いかかる!! 代打・栗橋のレフト前ヒットを皮切りに2点を返し、 なおもランナーを残して打線は下位へ…! 正真正銘の「ラストイニング」、はたしてその結末は!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています