神尾龍の一覧

「神尾龍」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:神尾龍(カミオリュウ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 千葉県

『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』、『バクマン。』、『遊☆戯☆王ZEXAL』など多くの作品を手がける。漫画原作者としては『赤松さん』、『ラストイニング』などを手がける。『ラストイニング』で第1回サムライジャパン野球文学賞ベストナインを受賞している。

作品一覧

2021/01/18更新

ユーザーレビュー

  • ラストイニング 44

    少年マンガの熱を失わない

    かなりいい加減に見える(自分でみせている)大人を主人公にしながら、
    プロではなく高校野球を舞台に熱い戦いを見せてくれた青年マンガでした。

    何よりも努力や根性だけで優勝しなかったこと、その理由のまっとうさに感動します。
    監督と言う仕事の意味を教えてもらいました。
    名作だと思います。
  • ラストイニング 1

    らしからぬらしい野球マンガ

    野球マンガでここまで監督にスポットを当てたものはなかったかもです。
    かつて「戦に勝つのは兵の強さであり、戦に負けるのは将の弱さである」と語った人の言葉そのままに、
    選手が実力を発揮できるようにお膳立てをするのが監督の仕事であることがよくわかります。
    熱くなりすぎな高校野球を舞台に、冷静に熱く楽...続きを読む
  • ラストイニング 3

    一気に読みました

    監督が主人公という従来にない視点の漫画で
    とても面白く、一気に全巻読んでしまいました。
  • ラストイニング 23
    いよいよ、県大会の決勝戦!

    この漫画、久しぶりに読んだけど、この巻だけ読んでも無茶苦茶面白いね。元々は戦略に重きを置いた作品ではあるが、チーム力としての争いにもなっていて、野球というゲームが魅力的に描かれている。

    私が野球漫画に求める、理想的な作品。
  • ラストイニング 44
    最終巻。
    ひとまずサイガクの物語は終幕です。登場人物それぞれには、まだまだ続きますけどね。後日談はサービスでしょうか。

    最終戦となった準決勝。結果だけ見ると力負け。
    それでも、諦めることをせずに最後の一球まで、できることをできる限りのところまで突き詰めた上での敗戦。

    だから、忘れられない敗戦にな...続きを読む