dancyu 2020年10月号

dancyu 2020年10月号

通常価格 820円 (746円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

フルーツ、お好きですか? 最近、食べてますか? いま、dancyuが改めてお伝えしたいのがフルーツとフルーツを使った料理のおいしさです! 見かけると、散財せずにいられないシャインマスカット、いつも身近にあった、バナナ、柿、いちじく。知れば、今すぐ確かめたくなる、2020年、フルーツ最前線をお届けします。

キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成
目次
ニッポン美味紀行35 東京・大田市場のフルーツ
今月のdancyu 絵=大竹 守 撮影=竹之内祐幸
大人のフルーツ。
シャインマスカットの旬が来た!
贅沢に食べてみよう
京都「和久傳」いちじく料理帖
いちじくの新しい食べ方
柿と酒肴
バナナはみんな違うんです!
クリーミーな“神泡”と鮮度抜群の“海の幸”が出会った
はじめての(もしくは二度目の)、フルーツパーラー
僕の、わたしの「町のフルーツパーラー」の味わい方
ボルボで行くおいしい旅
新橋「ベジタリアン」とお客さんの日常
BARのオトナなフルーツづかい
味わいへのこだわりが伝える両者の妥協なき哲学
フルーツと料理
りんご×李 映林さん
メロン×渡辺康啓さん
パイナップル×小堀紀代美さん
アボカド×有賀 薫さん
世界の朝食
いまどきの旬 第十四回 松茸の天ぷら 文=土田美登世 イラスト=横山寛多
トラットリアな12ヵ月
のむよむ。 vol.08 文=井上荒野
のむよむ。 vol.09 文=三浦哲哉
『技あり! dancyu スパイス』のお知らせ
TOKYO買い出し散歩
練馬に野菜とワインを買いに行く。
錦糸町にアジア食材を買いに行く。
糀谷に魚を買いに行く。
青梅にチーズを買いに行く。
ギフトカタログ案内
dancyu Fresh Topics
東京で十年。「イル・タンブレッロ」 文=井川直子 撮影=長野陽一
今月のハラヘリ本
私的読食録 文=堀江敏幸 撮影=本多康司
注文の多い映画館 文=深町泰司 イラスト=フジマツミキ
厳選「取り寄せ」カタログ/峰富士壺
食の絶滅危惧種 第二十八回 ゴツゴツした皮が旨い 愛知縮緬南瓜
プレゼント&ニュース
前号が購入できる全国書店リスト
エディターズノート
京都「食堂おがわ」の季節ごはん 第28回 九月のお題は“鱧の〆”です
拝啓、イタリア料理様 料理=鈴木美樹 文=佐々木ケイ 写真=佐内正史
一食入魂 文・撮影=小山薫堂
今月のしめ

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / グルメ・料理
出版社
プレジデント社
ページ数
146ページ
電子版発売日
2020年09月04日
サイズ(目安)
106MB

新刊オート購入

dancyu 2020年10月号 のユーザーレビュー

レビューがありません。

dancyu のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~102件目 / 102件
  • dancyu 2020年11月号
    NEW
    820円(税込)
    “真っ当な酒場”って何だろう。酒もいい、料理もいい、人もいい。初めて行っても、違和感なく落ち着けて、何度となく足を運んでも、いつも心穏やかな時間を過ごすことができる。そんな酒場を結集した“真っ当な酒場”特集です。真っ当な酒肴レシピも掲載! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 「岬屋」の和菓子ごよみ1 栗蒸し羊羹 ニッポン美味紀行36 静岡・御殿場のわさび 今月のdancyu 絵=...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年10月号
    820円(税込)
    フルーツ、お好きですか? 最近、食べてますか? いま、dancyuが改めてお伝えしたいのがフルーツとフルーツを使った料理のおいしさです! 見かけると、散財せずにいられないシャインマスカット、いつも身近にあった、バナナ、柿、いちじく。知れば、今すぐ確かめたくなる、2020年、フルーツ最前線をお届けします。 キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行35 東京・大田市場の...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年9月号
    820円(税込)
    夏本番! シュワシュワのビールやスパークリング、軽やかな日本酒が恋しくなる季節の到来です。爽快な酒を、よりおいしく、楽しくしてくれるのが“夏つまみ”。香り、酸味、食感が違うんです。新感覚の味わいを、今呑みに行きたい店に教わりました。呑みに行って食べるもよし、家でつくって呑むもよし。おつまみと夏酒で、暑さを吹っ飛ばそう! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年8月号
    820円(税込)
    スパイスカレーを家でつくれるようになる!!今年のカレー号のゴールは、ずばりそれに尽きます。憧れの南インド、今をときめくスパイスカレーの人気店、殿堂入りのあの名店の秘蔵レシピまで、一挙開陳。スパイスからつくれば、段違いに旨いのはもちろん、つくる工程そのものが、驚くほど楽しくて夢中になります。ザッツ・最高の食エンターテインメント! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年7月号
    820円(税込)
    家で食事をする機会が多くなった今こそ、料理の腕を上げるチャンス!サクッとできて気が利いたつまみから、じっくり時間をかけるメイン料理まで、人気料理研究家や名店のシェフに教えてもらいます。“ウチごはん”や“家呑み”がもっと美味しく、楽しくなりますよ! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行32 青森のさくらんぼ 今月のdancyu 絵=大竹守 撮影=竹之内祐幸 のむよむ。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年6月号
    820円(税込)
    造り、煮物、煮魚、揚げ物、肉料理、肴……。和食の店で出される料理は、旬の食材を取り入れて、その持ち味を最大限に生かしています。今回は家庭料理の一歩上をいく“和食”を、名店に指南していただきました。自宅で美味しい和食がコース仕立てでつくれるのです! 併せて、真っ当で美味しい和食の店も紹介します。 キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 金沢には「片折」がある。 読者のみなさま...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年5月号
    820円(税込)
    ソロ呑み、ソロ飯、ソロキャンプ、ソロ温泉。ひとりの時間を楽しむ人が増えています。自由気ままに“食いしん坊のひとり呑み”。♪ひとり酒、手酌酒~、的な世界ではない、明るく、楽しく、穏やかな、ネオひとり呑み。ひとりでも、いや、ひとりだからこそ、たどり着ける、おいしい酒と料理、満載です。 キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 dancyuは千葉の生産者を応援します。 今月のdancyu 絵...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年4月号
    820円(税込)
    「罪な存在」とわかっちゃいるけど、抗えないのが、バターのおいしさ。毎朝のトーストに(ちょっとでも厚く!)、アツアツのご飯に、深夜の味噌ラーメンに、思い切ってバターだけのパスタもいいな……。カロリーのことはいったん忘れて、バターの魅力に身を委ねてしまいましょう! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行 31 小豆島の木桶 今月のdancyu 絵=大竹 守 撮影=竹之...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年3月号
    820円(税込)
    「燗酒で一献」がますます幸せな季節になりました。オリンピックイヤーの今年も、「日本酒」を大特集。清酒発祥の地でありつつ、今のトップランナーでもある奈良の酒に注目するほか、すこやかで旨い酒、軽やかな食中酒、入門の酒、ずっと飲み続けられる一本、世界で醸される酒などさまざまな角度からお薦めの酒をたっぷりご紹介します。 キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行 3...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年2月号
    820円(税込)
    あまりのおいしさに出会ったとき、そのレシピを知りたくなりませんか? 目からウロコのつくり方に驚いたことはありませんか?「料理上手になるレシピ」第3弾のテーマは“感動”です。食べて驚き、感動した味を再現します。誌面からあふれ出す、料理の音、香り、湯気を感じて、新たな年は料理づくりで始めてください。年末年始に疲れた体を癒す料理もありますよ! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2020年1月号
    820円(税込)
    鮨は好きだが、なんせ高い。最近では万札が何枚も吹っ飛ぶなんてこともざらだし、人気店ならそもそも予約が難しい。あぁ、財布も予定も気にせずにふらりと寄れる気持ちのいい鮨屋があればなぁ。はい、わかりますその気持ち。それでは、今宵、町鮨へ行きませんか。ほっこりうっとり、幸せになれること請け合いです! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行 28  宮城・東松島の「...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年12月号
    820円(税込)
    日本人の魚離れが叫ばれようが、そんなのどこ吹く風。老若男女問わず、不滅の人気を誇るのが、魚界(?)のアイドル、鮭&サーモンの底力! 日本一の鮭の町ルポから、絶品メニュー&クッキング、問われると意外とあたふた、鮭とサーモンの違いまで。炊きたての白いご飯を片手に読んでいただきたい、鮭&サーモン尽くしの特集をお送りします! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年11月号
    820円(税込)
    今号は満を持しての、発酵特集。納豆、ぬか漬け、へしこ、どぶろくから、キムチ、中華の上シャン湯タン、タイ料理の発酵肉まで、旨味と匂いが炸裂する名品珍品の数々で、皆さまに悶絶していただく所存です。クッキングから感涙の名店ガイドまで発酵だけに、賞味期限長めの保存版! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 チーズとパンをつくる暮らし 文=森枝卓士 今月のdancyu 絵=大竹 守 撮...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年10月号
    815円(税込)
    もし、何一つ制約がなかったら、心の扉を開放して、食べたいものは何ですか? あなたの欲望にダイレクトに訴えかける食べ物、それは……揚げものです! 新・名店で食べたい、アジフライ、メンチカツ、家で挑戦すべき、春巻き、唐揚げ、フライドポテト。2019夏の終わり、揚げて揚げて揚げまくります! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行26 礼文島の「昆布」 文=大石勝太 撮...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年9月号
    815円(税込)
    スパイスカレーはサラサラしていて高温多湿の日本の夏にピッタリ。「もっと簡単にスパイスカレーをつくれませんか?」という声に応えて、dancyuは考えだしました。「ついに完成! 国民的スパイスカレー!」2019年、夏をもっと楽しみたい人は、dancyu片手にカレーを家でつくりましょう。 キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 CONTENTS ニッポン美味紀行25 奈良・奥吉野の「柿の葉寿司」 文=森岡督行 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年8月号
    815円(税込)
    身近な食材だからこそ、使いこなしで差がつく豚肉料理。過去に掲載した伝説の人気レシピ紹介からワンランク上の豚こまクッキング、だしの素になる挽き肉の活用方法、カリカリにした脂身の話など可能性に満ちた食材・豚肉の魅力をぐぐんと引き出します! キッチンとマルシェのあいだ CONTENTS 連載 ニッポン美味紀行24 和歌山の「炭焼き」 文=松浦達也 撮影=岡本 寿 今月のdancyu 絵=大竹 守 撮影=竹之...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年7月号
    815円(税込)
    世界中の食材と人が集まる東京で、いま行ってほしい、美味しくて楽しい店をご紹介します。本物を気軽に楽しめて食いしん坊が喜ぶ店から、改めて行ってほしい実力店、さらには、東京中を食べ歩くdancyu編集部員の一皿もあります。第二特集では、最新の中華の世界へご案内。この一冊を持って、東京へ出かけよう! カルパッチョの真実[最終回] 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年6月号
    815円(税込)
    4年ぶりとなる「パスタ」特集。この間、驚きにあふれるイノベーティブなイタリアンから、その土地と空気を想像させる郷土料理店まで、さまざまなスタイルのイタリア料理店が生まれました。今回は、イタリア料理店の楽しみ方提案と合わせて、その店のパスタレシピをたっぷりご紹介。パスタの新しい楽しみ方をご案内します。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年5月号
    815円(税込)
    たまご、毎日食べていますか? 半熟の目玉焼き、ふるふるのだし巻きに親子丼、赤いケチャップもまぶしいオムライス……。ああ、名前をつぶやいただけでもまたすぐに食べたくなりますよね。2年ぶりのたまご特集は、レシピから店紹介まで日々の、小確幸を心ゆくまで噛みしめる内容となっております。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS 茨城の「笠間いなり寿司」 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年4月号
    815円(税込)
    老若男女、みんな大好き! ないわゆる“ふつうの”シュークリーム。いつもそばにいるから気づかなかったけれど、これって実は、ニッポンが世界に誇るべき偉大な食べ物かもしれません。シュークリーム好きなら行ってみたいあの町のあの店。毎日を頑張る自分のための、シュークリームスポット。忘れかけていたシュークリーム欲に火をつけます! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年3月号
    815円(税込)
    日本酒を造る蔵は今、全国に1400軒ほど。その全蔵にアンケートをお願いしました! そこから見えてきたのは、全国津々浦々で真摯に酒造りに励む、大小さまざまな酒蔵の尊い取り組み。いま注目の蔵を紹介するルポルタージュほか、蔵元たちのチャレンジ酒・4ジャンルの試飲会、酒と料理の関係……など今の日本酒の姿をお伝えします。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 CONTENTS 兵庫・浜坂...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年2月号
    815円(税込)
    年末年始の多忙な時季を越えたら、じっくり料理と向き合いませんか? 2018年2月号「料理上手になるレシピ。」に続き、今年は「新しい和のごはん」のレシピを特集します。“和のごはん”は和食にあらず。グラタン、フライあり、パクチーやスパイスも使います。軽やかで和の器に盛って様になる、そんな料理レシピです。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 CONTENTS 石原さとみ、サン・セバ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年1月号
    815円(税込)
    年末年始は酒宴の機会が増える時期ですが、楽しい酒を飲んでいますか? 少人数の飲み会から大宴会、自宅での飲み会などいつもの酒の場がもっともっと盛り上がる美味しい酒場、楽しい酒の飲み方をご案内します。酒飲み達人やもてなし名人の知恵や技、飲み会で役に立つ(?)ちょっとした知識もご紹介! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 18...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年12月号
    815円(税込)
    嗚呼、日本のどこかに~私の知らない旨いもんがあるぅ~。秋の週末は電車に乗り、旨い旅に出かけましょう! 鉄道旅にはロマンがあります。そして、お酒も飲めます(これ大事!)。食いしん坊仕様のdancyu鉄道旅は、旨しデスティネーションがいっぱいです。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENT ニッポン美味紀行 17 東京の「おでん」 文=一志治夫 撮影=木村...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年11月号
    815円(税込)
    茶碗によそった、白いご飯でもなく、手で握るといっても、鮨とはまた違う。炊きたてのご飯が、“おにぎり”に姿を変えるとき、説明のつかない魅力とおいしさが生まれます。家庭で握る、日々のおいしさあり、働く人を支える、おにぎり店のありがたさあり。おにぎりは、世界に誇れる日本の宝です! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 16 平戸・...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年10月号
    815円(税込)
    肉好きの皆さま、大変お待たせいたしました! 豚代表とんかつと、牛代表ステーキ、肉界の2大スター、夢の共演です。いま行ってほしい店から、とんかつ好きのあの人の私上最強のレシピ、美味しい肉をつくる人の物語まで、肉好きに贈る肉々しい今号、ご期待ください。 表紙 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 15 東京「築地の一日」 撮影・...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年9月号
    815円(税込)
    日本の国民食と言われるカレーが大変革しています。長く王座を守ったルウカレーから、バシッとスパイスを効かせた、サラサラのスパイスカレーの時代へ。体に軽く、鮮烈に刺激的、初体験のピュアな味わいは、一度食べるとハマる人続出、もう後戻りできません。魔性のスパイスカレーの世界へご案内します。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年8月号
    815円(税込)
    鮨の華は鮪。だから鮪の美味しい冬が一番。そう思っている人が多いのでは? いえいえ、実は夏こそ鮨の魅力が満載なんです。白身魚、鰺、新子、穴子、アワビなどが旬を迎え、その持ち味を生かすため、職人の技が光る。夏の鮨を知らずして、鮨は語れず、ですよ。暑い日にこそ、食べに行こう。鮨の旬はこれからです! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年7月号
    815円(税込)
    “食べる楽しみ”を一食たりとも妥協したくない。そんな読者でも意外と穴になっているのは「昼めし」。お昼だからといって妥協してはいけない、とdancyu編集部は考えます。食いしん坊たちが“本気”で選び抜いた最高の定食やズル休みしてでも食べた“本気”のランチなど「昼めし」に潜む喜びを“本気”であぶり出します! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 CONTENTS ニッポン美味紀行 12 駿河...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年6月号
    815円(税込)
    初夏は羊肉が美味しい季節です。ロースト、煮込み、クスクス、串焼き、餃子……ラムもホゲットもマトンも、羊好きが泣いて喜ぶ旨い店をご案内。絶対盛り上がる、最強のジンギスカンも探します。家でも楽しめる絶品クッキング&取り寄せ情報も。あなたの知らない美味なる羊ワールドへご案内! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 11 合馬のたけ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年5月号
    815円(税込)
    いま食いしん坊たちがこぞって通っているのは東京の東エリア、下町。老舗はもちろん、若手の気鋭シェフによる新店も続々登場しています。酒場、鮨、とんかつ、町中華から星付きフレンチまで、編集部が足と胃袋を総動員して探した「一番美味しい下町」をご紹介します。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 10 閖上の赤貝 文=永武雄吉 撮影...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年4月号
    815円(税込)
    約3年ぶりのパン特集、テーマはずばり「食パン」です! パンが好きな人も、そうでもない(と思っている)人も誰もが日々、普通に食べているパンだからこそ百人いれば、百通りの“理想”があります。食パンラヴァーによる「マイ ベスト トースト」の主張、あのトースターって、やっぱり凄いの!?など、いつもの食パンがちょっとおいしくなる記事、満載です! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年3月号
    815円(税込)
    まさに百花繚乱。今ほど、多種多様な日本酒が揃い、自在に楽しめる時代はありません。でも、だからこそ数ある中から「何を飲んだらいいのか」はビギナーさんにもベテランさんにも、共通の課題。今号では「スタンダードとムーブメントを知る」、「東の酒と西の酒」、「ゆる飲みオールマイティー酒」などさまざまな角度から“いま飲みたい”日本酒に迫ります! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年2月号
    815円(税込)
    料理をおいしくつくるには、どうしたらいいか?その答えを真剣に考えた2年ぶりのレシピ特集は、今までdancyuに掲載した店の人気メニューから新たな切り口でレシピを紹介します。日本を代表する料理雑誌の編集長対談や、レシピの行間を読む実験企画もあります。これを読めば、料理上手への道が開けますよ! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2018年1月号
    815円(税込)
    和食は旬を楽しむもの。冬なら魚です! ノドグロの煮つけ、焼き鮭、白子ポン酢……魚料理の旨い和食店、焼き魚定食の至福、煮魚の極意、お椀の極み、魚の鍋まで、冬の魚の美味しい和食をご紹介します。京都「食堂おがわ」のレシピもあります。第二特集は「ラーメン」です。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 CONTENTS ニッポン美味紀行 6 松山の「もぶり鮓」 文=土井中 照 撮影=岡...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年12月号
    815円(税込)
    日本のワインとチーズが飛躍的に美味しくなっています。気軽に楽しめるものから世界に誇れるものまで、意欲的に頑張っている生産者のルポや実際に楽しめる店などを併せてご紹介します。さらに、日本のジビエの本物の味わいも。いま注目の日本の美味がわかります! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 5 佐賀の竹崎かに 文=中原一歩 撮影=...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年11月号
    815円(税込)
    フレンチが凄いことになっています。新スタイルの若手店が続々登場し、一方で、円熟味を増すベテラン勢にも注目。イタリアンもかなり面白くなっています。通いたい店が充実している東京だけでなく本物を感じさせる地方の店も、凄い。というわけで、フレンチとイタリアンの大特集! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS とちぎ江戸料理 今月のdancyu フレンチ ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年10月号
    815円(税込)
    食欲の秋は、本気焼肉の秋。赤身好きも、ホルモン好きも満足の店紹介から、足立区に眠る焼肉文化ルポまで盛りだくさん!平松洋子さんの、とっておきレシピも習いました。そして、dancyu誌上初のポテトチップス特集も盛り上がっています。ご期待ください! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS 滋賀の彦根梨 文=中島さなえ 撮影=安彦幸枝 今月のdancyu 絵=...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年9月号
    815円(税込)
    餃子と冷えたビールで喉を鳴らし、麻婆で白メシをかっ込む――。酢豚、かに玉、回鍋肉も愛しているし、最後に残ったタレをご飯にぶっかけたヤツはこの世で最も旨いメシと信じている。そんなわけで今号は、大衆中華もシン中華も、男のレシピも盛り込んだ、ザ・中華特集! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS 天草の黄金のハモ 今月のdancyu 絵=大竹 守 欲望の中華...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年8月号
    815円(税込)
    東京オリンピックまで、あと3年。世界的なイベントに向けて、東京の街はここのところ、壊して建ててと、とっても忙しい。飲食の世界も、活況! 次代を担う新店、東京の食シーンを引っ張る実力店、時代をつくった老舗などなど、行きたい店があふれています。今号、世界一おいしい街、東京を特集します! さらには、食いしん坊たちが大いに注目する、天ぷらの今も。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年7月号
    815円(税込)
    いい酒場って、なんだろう。考えてみました。昨今、酒場が多様化しています。呑みも、蕎麦屋も、イタリアンも、カフェも、もちろん居酒屋でも、酒を呑んでいい気持ちになれば、そこはその人にとっての、いい酒場! 今号、グッド・ヴァイブレーションな酒場を特集します! さらに、料理ってなんだろう。真摯に考えてみました。「土井善晴BOOK」付いてます! CONTENTS 能登の豆腐 ひらきっぱなし いい酒場っ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年6月号
    815円(税込)
    幸福の黄色いカレー特集です! 子供の頃、学校から帰って「今日のごはん何?」って母親に聞いたとき、「カレー」って答えが返ってきた瞬間、とんでもなく幸せな気持ちになりませんでしたか? 身近で特別なもの。そんなカレーの魅力を詰め込んで、今年もやります、カレー! 「週刊文春」とのカレーコラボ企画もありますよ。さらに初夏にぴったり、レモンサワーも。 CONTENTS 鹿児島の白熊 風呂上がりコンフ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年5月号
    815円(税込)
    2年ぶりの焼鳥特集! ここで問題です。なぜ今号は焼鳥特集なのでしょう? ①たまごの次だから ②酉年だから ③焼鳥愛が高まったから ④関ジャニが好きだから 答えはWEBではなくて、今号の誌面で! おいしい焼鳥の店はもちろん、知られざる焼鳥の聖地まで、羽ばたきます! 春だから「春巻と春雨」、新潟の山奥でウコンをつくる老人の物語もありますよ。 CONTENTS 氷見のイワシ さよならのかわりに 焼鳥を...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年4月号
    815円(税込)
    『君の名は。』というタイトルを耳にするたび、「黄身の名は」と頭の中で変換しませんか? という話は置いといて、4月号は酉年に贈る「たまご」大特集! 身近で日常的なたまご料理から奥深き極上の一品まで、黄色と白が織り成す、愛しきたまごの世界へ誘いますよ~。「苺のショートケーキは春色」「菜の花クッキング傑作選」も。春の息吹を感じてほしいっ。ご期待ください! CONTENTS 飛騨の漬物 吾輩は大...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年3月号
    815円(税込)
    3月号は5年連続の日本酒特集です。2月発売号で日本酒特集を組むことは、実は1年前から決まっていました。迷いなし。今年もやりまっせ! 2017年の日本酒特集には甘く危険な香りが漂いますよ。相撲好きにもオススメです。お楽しみに! 「もつ鍋、もつ焼き、もつ煮込み」「99年目のサンボア後篇」もスタンバイ。酉急ぎ、ご案内まで! CONTENTS 大阪の箱寿司 愛のある日本酒がほしい。 日本酒を相撲にたとえた...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年2月号
    815円(税込)
    2017年の劈頭を飾るのは、3年ぶり2度目となるバー! ♪特集も2度目なら、少しは上手にバーの悦びを伝えたい~と、鯔背なバーテンダーに麗しきカクテル、垂涎のバーフードなどなど、夜の帳のその先にあるバーの扉の中へご案内! ♪帰りたくぅなぁい、その一言が漏れますよ。さらに「カレーうどんはデンジャラス」「不思議なアップルパイ」も。酉年もよろしくお願いいたします! CONTENTS 鳥取の松葉がに ゆ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2017年1月号
    815円(税込)
    2016年最後の一冊は、2017年の1月号でもあります。終わりと始まりを飾るのは、日本人に生まれてよかったとしみじみ思える鮨! 一年を振り返りながら、来るべき新年へと思いを馳せ、鮨をつまもうではありませんか。懐具合と相談しながら、鮨へのテンションを高めましょう! めくるめく鮨の世界へ案内します~。「ドリアの惑星」「オリーブオイルの法則」も。 Contents 高知・北川村のゆず ライフ・イズ・ビ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年12月号
    815円(税込)
    気がつけば、2016年最終号。時代はまわって、めぐっています。申年のトリを飾るのは、ワイン! 年末から年始にかけての気分が盛り上がる季節になると、いつも以上にワインが恋しくなるのはなぜ? 赤、白、泡、ロゼ、オレンジと、華やかな一杯&一本が誌面を彩りますよ~。さらに「日本のチーズBOOK」や「洋食ロマンス」などなど、盛りだくさんで掉尾を飾ります! Contents 大分のりゅうきゅう トゥ マッ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年11月号
    815円(税込)
    秋の夜長に居酒屋で飲む、居酒屋で和む、居酒屋で待つ。あたまに居酒屋をつけるだけで、飲むも和むも待つも、なんだかいつもより楽しく思えてくるから不思議です。居酒屋という言葉がもつ雰囲気は素敵ですねぇ。11月号は、大衆も老舗も新星も揃えて、居酒屋の魅力に迫ります!「焼売ランナウェイ」「飲むヨーグルトを飲む」もスタンバイ。食欲の秋を楽しむ一冊です。 Contents 首里のむじ汁 絶望という名...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年10月号
    815円(税込)
    2013年にスタートした「ときめきの肉」シリーズも、いよいよシーズン4に突入です! めくるめく焼肉、キュートなイタリアン、恍惚のフレンチ、ドラマティックな和食の共演で、ブランキーなミートシティへと誘いますよ。さらに茄子のレシピを揃えた「秋茄子は俺が食う」、中秋の名月が待ち遠しい「白玉は君に輝く」、シリーズ企画「ある頂点の店の記録⑧」と、てんこ盛りです~。 Contents 佐野のいもフライ ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年9月号
    815円(税込)
    3年振りです、焼酎特集。巷では焼酎トリエンナーレと呼ばれているとか(いやいや、呼ばれていないです)。昨今、若き蔵人たちが新たな世界観で焼酎を造り出し、焼酎をめぐる冒険は楽しさに満ちています。焼酎の現在、過去、未来をぐるりと見渡し、これからの焼酎に思いを馳せます! さらに、タフな焼き餃子の世界、クールでヒューマンタッチなアイス最中も研究しますよ~。 Contents 別海町の北海シマエビ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年8月号
    815円(税込)
    旅先で何を食べるか。重要ですよね。前もって調べ、予約をしてお目当ての美味との出逢いに舌鼓を打つのも、また旅。事前情報なし、勘を研ぎ澄まして見知らぬ店の暖簾をくぐり、偶然の美味との出逢いに歓喜するのも、また旅。市川崑監督の映画は、股旅。さあ、8月号は、またどころか久しぶりの旅特集です! 鰻BOOK、ズッキーニクッキングと併せて、お愉しみくださいませ~。 Contents 門司のちゃんら...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年7月号
    815円(税込)
    今号は11年連続、そして記念すべき20回目のカレー特集です! 創刊26年目にしての20回到達は、いかにdancyuがカレーとともに歩んできたかの証左。今号、そのカレー愛をむきだしにします! カレーに合う飲み物で真っ先に浮かぶビール! 相性抜群の「クラフトビールについて」、これからの季節のお愉しみ「ところてんの夏」が脇を固めます! Contents 船穂町のマスカット・オブ・アレキサンドリア カレーは、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年6月号
    815円(税込)
    人生は甘くないけれど、甘味は大好き! そんな、あなたに贈ります。今号は甘~い特集です。官能的なショートケーキ、愛くるしいみたらし団子、婉美なバウムクーヘン、刹那的なわらび餅などなど、洋菓子も和菓子も揃い踏み! 甘い日々が待っています。さらに、万馬奔騰な「ピザとピッツァ」、2号連続で「ある頂点の店の記録」も登場。 Contents 八丈島のモッツァレラチーズ あの100円玉、どうしたんでしょ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年5月号
    815円(税込)
    粋な老舗から活きのいい新店まで、出会いの季節にスーパーシティが舞い上がりますよ。TOKIO! さらに、狂おしい「パクチー偏愛」、春の悦び「海苔の佃煮をつくろう」、シリーズ「ある頂点の店の記録」第6弾も。 Contents 長野の戸隠蕎麦 あなたに会いに行ってよかった 東京の夜 春は「ぼたん」の季節です。 至上の一皿 夜の匂いとカウンター 銀座 世界一の鮨の街/夜の匂いとカウンター 立石 呑んべえの...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年4月号
    815円(税込)
    多くの反響を呼んだ「日本一のレシピ」から4年。満を持してのレシピ特集です!春近し、一レシピごとに腕が鳴ります。つくりたい、挑戦したい、目から鱗のレシピまで、ずずずいーっと、お試しあれ~。完全保存版「10年通いたいフレンチ」と一緒にお楽しみください。 Contents 仙台の駄菓子 同級生は鮨職人 いいレシピって、なんだ? 父のつくるハンバーグ レシピの物語。 アルジェリア式羊肉シチュー―玉村...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年3月号
    815円(税込)
    さぁ、恒例の日本酒特集ですよ~。ウィキペディアにdancyuは春先に日本酒企画を組むことが多いと書かれたように(前号の「編集部から」をご参照ください)、3月号は4年連続の日本酒特集! 寒い冬にきゅっと熱燗でもいかがですか? 「串揚げの流儀」(しっぽりでもさくっとでも楽しめる)、「マイ難波!」(マイナンバー元年に贈る)と一緒に、お楽しみください。 Contents 山梨のほうとう 燗酒と私。 今...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年2月号
    815円(税込)
    実に6年ぶりのラーメン特集。気合十分でお届けします!2016年、最初の一杯をどこで食べるか。その答えがありますよ~。冬の御馳走を識る「ジビエの教科書」、白い美味「蕪とカリフラワー」と一緒にお楽しみくださいませ。 Contents 名古屋の小倉トースト ラーメン イズ ノットデッド ラーメン イズ ビューティフル 「がんこ」に生きる。 これまでのラーメンの話 至上の一皿 食彩の王国 ラーメンの「ラ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2016年1月号
    815円(税込)
    dancyuは創刊25周年を迎えました。読者の皆様に支えられての四半世紀。感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございます。特集は「いい店って、なんだろう?」。25年、食の現場を歩いてきてわかったことは何か。その一端を披露できたらと思います。これからも真摯な誌面づくりに尽力します。どうぞよろしくお願いいたします! 「築地BOOK」も付いてますよ~。 Contents 京都の白味噌雑煮 おめでとう...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年12月号
    815円(税込)
    2015年の掉尾を飾るのは「ワイン」。3年連続で大トリを務めます。年の瀬が近づくとワイン気分は大いに盛り上がるというもの。赤、白、ロゼ、泡、自然派に日本ワインなどなど、今年を締めくくる一本に出逢えますよ~。日ごと寒さが募るこの季節に恋しい「おでん」と一緒にどうぞ。今夏、惜しまれつつ店を閉めた野毛の居酒屋「武蔵屋」のルポルタージュもあります! Contents 八街の落花生 dancyu祭りは2016...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年11月号
    815円(税込)
    せいろ、かけ、鴨南蛮、カレー南蛮、そばがき、玉子とじ……蕎麦がそばにある幸せ 若手の台頭と老舗の貫禄で盛り上がる美味礼讃の蕎麦をたっぷりとお届けします! さらに「コロッケ、メンチカツ、海老フライ。」「豆を煮込むということ」も。 Contents 岐阜の鶏ちゃん 蕎麦は、まだなのか? 蕎麦は、まだか? 眠庵が考えていること。/蕎麦は、まだか? 蕎麦の実はどこから来る?/蕎麦は、まだか? 蕎麦湯...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年10月号
    815円(税込)
    コーヒー カフェオレ エスプレッソ ロマンティックでクールでビューティフルでタフなコーヒーの魅力に迫ります。おいしいコーヒーって何だ? 違いがわかる男と女を目指して淹れ方のことわりを探り、喫茶店&職人を訪ね、コーヒーをめぐる冒険に出かけます。アイスコーヒーの領域にも踏み込みますよ~。「ポテトサラダの物語」「凛として、天ぷら」も。 Contents あなたの一番好きな、「ビールのある時間...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年9月号
    815円(税込)
    ときめきの肉 焼肉はもちろん、フレンチ、イタリアン、和食など、肉料理は大胆かつ繊細に毎年、進化を遂げています。だから面白い、だから愉しい。だから今年も肉特集! 牛、豚、羊、馬―さぁ、新しい肉料理と出逢いましょう(Let’s meet new meat!)。さらに「真夏の夜のバー」「ちゃんぷる~で踊れ!」「フィリピンはおいしい」「ある頂点の店の記録⑤」と盛りだくさんな夏のがっつり号ですよ~。 Conte...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年8月号
    815円(税込)
    ライフカレー 街を歩いていて、どこからかカレーの風を感じるようになると(どんな風だ?)、カレーの季節です。さあ、今月号は10年連続19回目のカレー特集! 新しい風、遠くからの風、強風、微風、熱風とさまざまなカレーの風に吹かれてお届けします。夏休み前に贈る「おいしい民宿」、旬の悦び「たこを買ってきた」、今年最初の一杯をどこで食べる「ハロー冷やし中華」と、盛りだくさんだぁ! Contents...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年7月号
    815円(税込)
    焼鳥ラプソディ 「焼鳥ラプソディ」。 おいしい店はもちろん、部位や備長炭、串から外して食べるのは是か非かなどなど、焼鳥に関する知識がもたらす素敵な奇跡を送ります! 永遠のバイプレーヤー「生姜と茗荷と紫蘇のこと」、さらに「平松洋子さんと油揚げBOOK」もあります。 Contents 醸造家の腕が鳴っている ウマい町 彼女が焼鳥を食べるとき 焼鳥ラプソディ 東京焼鳥四代/焼鳥ラプソディ 焼鳥タイム...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年6月号
    815円(税込)
    パンを愛する人 風薫る5月。dancyuの特集は小麦香るパン! 振り返れば前回のパン特集は2010年10月号。お久しぶりなんです。実に雌伏4年半。いよいよ雄飛の時を迎えます。6月号は、パンを愛する人たちに贈ります。わざわざ買いたいパンが見つかりますよ~。「かつ丼との正しい付き合い方」「アスパラガスはまだか」も併せてご期待ください。 Contents 醸造家の腕が鳴っている ウマい町 パンの想い出 パ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年5月号
    815円(税込)
    中華恋恋 中華の懐の深さに感嘆だ。一人めし、二人めし、ちょっとした人数、大人数もOK。家めしとしてもサイコー!老若男女ウェルカム。接待にも使えるし、何と言っても肩肘張らずに愉しめる。もう、いいとこだらけじゃないか、中華。ということで大特集! さぁ、どこで食べる? 何をつくる? 甘い誘惑「パフェBOOK」、旬を愉しむ「春の貝まつり」も詰まった、痛快ウキウキ春号です! Contents 醸造家...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年4月号
    815円(税込)
    新しい年が始まったと思ったら、春の足音がすぐそこまで聞こえてくる季節となりました。春と言えば、パスタ! dancyuは(勝手に)、そう宣言します! シェフが教える垂涎のレシピから、街へと繰り出したくなる高揚のランチパスタなどなど、春色のパスタが誌面を染めますよ~。春なのに~興味津々「ハムカツBOOK」、相思相愛「ドーナツの宇宙」も。ご期待ください!※毎月6日発売 課題 Contents 醸造家の腕...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年3月号
    815円(税込)
    今号も日本酒? そうなんです! 2号続けて同じテーマで特集を編むことはdancyu史上初。いま呑みたい日本酒に向かって突っ走ります! 「牛タン偏愛」「リゾット気分」も加わった、寒風を吹き飛ばす、熱い熱い一冊にご期待ください! ※毎月6日発売 Contents 醸造家の腕が鳴っている ウマい町 日本酒ロックス 王祿だっ。/日本酒ロックス 食彩の王国を読む 軽くてポップで本格派12、13、14度の日本酒...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年2月号
    815円(税込)
    新しい年は「日本酒」で始まります! 進撃を続ける日本酒に、dancyuは未年も思いを馳せます。今号、例年より1カ月早い日本酒特集で、気持ち良い(酔い)、心地好い(酔い)日本酒を大いに語っています! さらに、ソース味が恋しい「お好み焼き」、心も体もあったまる「ポタージュ」、1年ぶりに帰って来た「ある『頂点の店』の記録」も揃い踏み。2015年もよろしくお願いいたします! ※毎月6日発売 Conte...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2015年1月号
    815円(税込)
    2015年の幕開きは「鮨」。シブがき隊が紅白歌合戦で「スシ食いねェ!」を歌ったのが1985年。かれこれ30年が経とうとしていますが、鮨人気は衰えを知りません。振り返れば鮨は、江戸時代からこの国で最も愛されてきた料理の一つ。「スシ食いてェ」必至の今号で、その魅力に迫ります。年末年始にうれしい「ローストビーフクッキング」、完全保存版「10年通いたいラーメン店」も! 御礼 Contents うまさにこ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年12月号
    815円(税込)
    CONTENTS うまさにこだわる、鴨 ウマい町 羊がのぞく冒険 ちょっと切ないワインの話/ワインの感じ方 リースリングの愛し方/ワインの感じ方 石井英史「オステリア・コマチーナ」鎌倉/リースリングを推す理由/リースリングの愛し方/ワインの感じ方 渡辺幸樹「中華料理 大鵬」二条/リースリングを推す理由/リースリングの愛し方/ワインの感じ方 岩瀬高千生「チオリ」四谷三丁目/リースリングを推す...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年11月号
    815円(税込)
    クロージング・タイム CONTENTS うまさにこだわる、秋刀魚 ウマい町 「dancyu祭り in 築地 2014」のお知らせ 東京で、なに食べる?/東京旅行。 東京旅行。 「傳」は裏切らない。/東京旅行。 至上の一皿 食彩の王国を読む 森脇慶子「NARISAWA」青山一丁目/東京にしかない/東京旅行。 岡本 仁「アヒルストア」代々木公園/東京にしかない/東京旅行。 辛酸なめ子「BAR保志」...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年10月号
    815円(税込)
    CONTENTS うまさにこだわる、きのこ ウマい町 かつに願いを かつサンドと欲望 銀座、みやざわ、かつサンド。/かつサンドと欲望 「銀座 梅林」/かつサンドの街銀座へ/かつサンドと欲望 「銀座 にし邑」/かつサンドの街銀座へ/かつサンドと欲望 「GINZA 1954」/かつサンドの街銀座へ/かつサンドと欲望 「煉瓦亭」/かつサンドの街銀座へ/かつサンドと欲望 「新世界 グリル梵 銀座」/...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年9月号
    815円(税込)
    CONTENTS うまさにこだわる、牛肉 ウマい町 ここは日本最古のビアホールだ。/酒場はどこだ? 風に吹かれて。/酒場はどこだ? 食彩の王国を読む 至上の一皿 酒場エトセトラ/酒場はどこだ? 太田和彦さんと函館。/酒場はどこだ? だから、あの町で飲む。/酒場はどこだ? ハイボール、日本酒、四谷三丁目。「こくている」「四谷舟町砂場」/だから、あの町で飲む。/酒場はどこだ? 大衆酒場、フレンチ、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年8月号
    815円(税込)
    CONTENTS うまさにこだわる、枝豆 ウマい町 ときめきの肉 ビヨンド スタミナ苑は眠らない。/ときめきの肉 ビヨンド 至上の一皿 結論。焼肉店は新しくなくていい。/ときめきの肉 ビヨンド 「大門」上野(昭和33年創業)/結論。焼肉店は新しくなくていい。/ときめきの肉 ビヨンド 「平和苑」沼袋(昭和45年創業)/結論。焼肉店は新しくなくていい。/ときめきの肉 ビヨンド 「味楽亭」新宿(昭...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年7月号
    815円(税込)
    スパイシーなカレーの王道 CONTENTS うまさにこだわる、アスパラガス ウマい町 安西水丸さんとカレー。/カレーのこと。 カレーのこと。 富山に行ったら、パキスタンだった。/カレーのこと。 かりー蘊蓄/カレーのこと。 逗子のバターチキン/街とカレー/カレーのこと。 渋谷のネパールカレー/街とカレー/カレーのこと。 学芸大学のビーフカレー/街とカレー/カレーのこと。 荒川遊園地前の南インド料...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年6月号
    815円(税込)
    CONTENTS うまさにこだわる、初鰹 袋井のクラウンメロン 甘い生活。 カステラが歩いた道/甘い生活。 パティシエの系譜/甘い生活。 東京30代パティシエのスペシャリテを5人が食べる/甘い生活。 食彩の王国を読む 甘い記憶(1)/甘い生活。 トマトケチャップが味の決め手 甘い記憶(2)/甘い生活。 遠州・三河で愛されている郷土菓子 甘い記憶(3)/甘い生活。 水の達人たち 美しい食べ方 抹茶に夢...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年5月号
    815円(税込)
    CONTENTS うまさにこだわる 海津の鮒ずし 餃子の王道。 沼津で64年、「中央亭」の教え。/餃子の王道。 餃子小噺/餃子の王道。 東京餃子ナインハーフ/餃子の王道。 食彩の王国を読む 東京餃子ナインハーフ/餃子の王道。 至上の一皿 東京餃子ナインハーフ/餃子の王道。 華麗なる蒸し餃子の世界/餃子の王道。 おつまみのススメ 妹尾河童さん、「餃子荘ムロ」の焼き餃子にまた挑む!/餃子の王道。 水...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年4月号
    815円(税込)
    春よ来い。 CONTENTS うまさにこだわる 大洗のみつだんご たまごが先だ! 目玉焼きと、ゆで卵と、スクランブルエッグ/たまごが先だ! たまごの日本史/たまごが先だ! だし巻きたまごで修業気分/たまごが先だ! 食彩の王国を読む 至上の一皿 人生で大切なことは、みんなたまご料理が教えてくれた気がする。/たまごが先だ! 料理教室“ごまの魅力” ワインにはソーセージがお似合い とじる!技術/たまごが...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年3月号
    815円(税込)
    CONTENTS うまさにこだわる 松山の鍋焼きうどん 日本酒。 新しい日本酒の道標/日本酒。 なぜいま「新政」なのか/日本酒。 食彩の王国を読む 注目の精米歩合80%!/日本酒。 文庫本の中の日本酒 アテの名作/日本酒。 日本酒にもいけますよ! オリーブオイルのお手軽つまみ 造りの話をしよう。/日本酒。 酒米×松の司/造りの話をしよう。/日本酒。 酵母×飛露喜/造りの話をしよう。/日本酒。 ろ過×天...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年2月号
    815円(税込)
    CONTENTS ウマい町 行ったことのないバー ラブ・ミー・テンダー/行ったことのないバー バーって何だ?/行ったことのないバー 食彩の王国を読む 若き実力者たちの輝き/行ったことのないバー 女の止まり木/行ったことのないバー 至上の一皿 ライク・ア・ローリングストーン/行ったことのないバー 成田一徹さんのこと。/行ったことのないバー まちかど厨房 ウイスキーの話/行ったことのないバー レーズ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2014年1月号
    815円(税込)
    ウマい年になりますように CONTENTS 今月の旨いね。これ! ウマい町 帰ってきたシチュー、野菜スープ、ビストロ煮込み ぽん多とビーフシチューの18日間/帰ってきたシチュー、野菜スープ、ビストロ煮込み 食彩の王国を読む 情熱の煮込みハンバーグ/帰ってきたシチュー、野菜スープ、ビストロ煮込み 欲望のクリームシチュー/帰ってきたシチュー、野菜スープ、ビストロ煮込み 至上の一皿 魔性の牛肉赤ワイ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年12月号
    815円(税込)
    雑誌の上ではディセンバー CONTENTS 今月の旨いね。これ! ウマい町 これからのワインの話 ほぼ1000円ワイン大試飲会!/これからのワインの話 食彩の王国を読む おいしいワインって何だ?/これからのワインの話 この冬とっておきの限定小ラボギフト 料理教室“ごまの魅力” 日本ワインクロニクル/これからのワインの話 日本には218のワイナリーがあります!/これからのワインの話 北の大地に日本ワインの...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年11月号
    815円(税込)
    CONTENTS この一本で、満ち足りる夜を。 ウマい町 京都に行きたい。 そうだ「食堂おがわ」行こう。/京都に行きたい。 京都といえば、/京都に行きたい。 食彩の王国を読む 至上の一皿 お昼のワイド劇場/京都に行きたい。 酒とごはん。/京都に行きたい。 和食をおいしくする白ワイン 甘味の誘惑/京都に行きたい。 わざわざ休憩。/京都に行きたい。 ITALIAN RESTAURANT WEEK おばんざい手帖/京都に行き...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年10月号
    815円(税込)
    CONTENTS 今月の旨いね。これ! ウマい町 パスタの教室 タッチと浅倉南とナポリタン。/パスタの教室 伝統のトマトソース/パスタの教室 正しきカルボナーラ/パスタの教室 さすらいのペペロンチーノ/パスタの教室 ニッポンのミートソース/パスタの教室 食彩の王国を読む 至上の一皿 ソースをねらえ!(1)/パスタの教室 いつでも新鮮 ソースをねらえ!(2)/パスタの教室 パスタ力! ジャパスタのお...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年9月号
    815円(税込)
    CONTENTS 今月の旨いね。これ! ウマい町 焼酎サマー 青ヶ島と青酎。/焼酎サマー 焼酎ビバップ(1)/焼酎サマー 食彩の王国を読む 焼酎ビバップ(2)/焼酎サマー 高山なおみ、夏つまみ/焼酎サマー いつでも新鮮 焼酎ってなんだ?/焼酎サマー 薩摩が変わる。/焼酎サマー ラベルで飲んではいけない/焼酎サマー 薩摩焼酎の故郷が守る、伝承のかめ壺仕込み 食う、呑む、遊ぶ。焼酎「酒場」案内。/焼...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年8月号
    815円(税込)
    目次 今月の旨いね。これ! ウマい町 Do You Love Meat? 焼肉の新常識/Do You Love Meat? 食彩の王国を読む 至上の一皿 熟成肉の愉しみ/Do You Love Meat? 行列店に聞きました 美しい肉を食べに行く。/Do You Love Meat? 地元発!「ニッポン醤油味」地図。 「焼肉のたれ」甲子園/Do You Love Meat? ハムは、わさびでもっと旨くなる! 塊肉を焼く。/Do You Love Meat? トスカーナ肉料理が旨い! 新しい...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年7月号
    815円(税込)
    居酒屋は素晴らしい。日本が誇る大発明である。酒、料理、空間、人――。すべてが一体となった愉しき居酒屋は、そこに集う人々を幸せにする圧倒的な力を備えている。7月号は日本の居酒屋大特集。銘居酒屋から新星までがずらり。酒呑みも食いしん坊も感涙の一冊です。アジフライやメンチカツなど「フライのおいしい店&レシピ」に「初夏のパクチークッキング」も! (※dancyuは毎月6日発売です)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年6月号
    815円(税込)
    日本一のレシピ 伝説の逸品。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年5月号
    815円(税込)
    日本一のレシピ 伝説の逸品。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年4月号
    815円(税込)
    日本一のレシピ 伝説の逸品。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年3月号
    815円(税込)
    日本一のレシピ 伝説の逸品。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年2月号
    815円(税込)
    日本一のレシピ 伝説の逸品。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2013年1月号
    815円(税込)
    日本一のレシピ 伝説の逸品。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2012年12月号
    815円(税込)
    日本一のレシピ 伝説の逸品。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2012年11月号
    815円(税込)
    おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。毎月6日発売
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2012年10月号
    815円(税込)
    パスタ、おいしすぎる新発見!おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2012年9月号
    815円(税込)
    呑み寿司、旅寿司、ふたり寿司。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2012年8月号
    815円(税込)
    噂のカレー大図鑑/ポテサラ名人列伝。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2012年7月号
    815円(税込)
    一番大切な人だけに教えたい「秘密のギョーザ」。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2012年6月号
    815円(税込)
    人生最後の一食。1000円で何を食べるか。おいしい食べ歩き、料理づくり、素材探しなど、食を楽しみたい人のための月刊誌。みなさんが本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届け。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています