dancyu 2019年10月号
  • NEW
  • 最新刊

dancyu 2019年10月号

通常価格 800円 (741円+税)
獲得ポイント

4pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

もし、何一つ制約がなかったら、心の扉を開放して、食べたいものは何ですか? あなたの欲望にダイレクトに訴えかける食べ物、それは……揚げものです! 新・名店で食べたい、アジフライ、メンチカツ、家で挑戦すべき、春巻き、唐揚げ、フライドポテト。2019夏の終わり、揚げて揚げて揚げまくります!

キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成
目次
ニッポン美味紀行26 礼文島の「昆布」 文=大石勝太 撮影=岡本 寿
今月のdancyu 絵=大竹 守 撮影=竹之内祐幸
お好きでしょ? 揚げもの
思い立ったら電車でGO! ぷらっと小田原、アジフライ旅。文= 加藤ジャンプ
答えは東京右半分にあった! アジフライ、東へ
大田市場はアジフライ天国だ!! イラスト・文=うぬまいちろう
こだわり“和食”と愉しむ“メーカーズクラフトハイボール”
大田市場はアジフライ天国だ!! イラスト・文=うぬまいちろう
TOKYOメンチカツ補給スポット
あげものブルース ミックスフライの巻 漫画=本 秀康
メンチの新名店。
街の肉屋が呼んでるぜ! 買い食いメンチ!
五反田、スワチカ、メンチカツ。
世界が認める両者の“味わい”を繙(ひもと)く
薄いハムカツ で呑む。
コラム から揚げ一族の謎 前編 から揚げと竜田揚げはどう違う?
ワインとフード、ペアリングの極意
家で揚げる!
からあげ 春巻き塾 教える人=チオベン 山本千織さん 文=平野紗季子
世界で活躍する食の外交官“公邸料理人”
幻の地鶏の部位・旨さ食べ尽くし
フライドポテトの大発明 教える人=「BOLT」仲田高広さん
フライドチキンベストアルバム
「スタンドクラシック新橋」の謎。
野菜揚げまくり 教える人=「なると屋+典座」イチカワヨウスケさん 文=石原壮一郎
コラム から揚げ一族の謎 後編 から揚げとフライドチキンはどう違う?
揚げ生たまご、半熟たまごの天ぷら……エダモンのびっくり揚げたまご
ごまレシピ帳
揚げ菓子がとまらない
世界の朝食
いまどきの旬 第二回 和栗のモンブラン 文=土田美登世
成城石井×dancyu Deliフェア 2019
『秋の台所。』のお知らせ
ヘイジーでポップなクラフトビール!
和みのヘイジーか? 陽気なポップか?
いま飲みたい8本
クラフトビールが買えるすごい店
東京のブルーパブ
dancyu Fresh Topics
東京で十年。「ピアッティ」文=井川直子 撮影=長野陽一
私的読食録 文=堀江敏幸 撮影=本多康司
今月のハラヘリ本
注文の多い映画館 文=深町泰司 イラスト=フジマツミキ
「フルーティーさとキレのある味わい」
拝啓、イタリア料理様 料理=鈴木美樹 文=佐々木ケイ 写真=佐内正史
食の絶滅危惧種 第二十三回 標高600mの伝承野菜「高山きゅうり」 文=瀬川 慧 撮影=砺波周平
京都「食堂おがわ」の季節ごはん 第18回 九月のお題は“ごぼう”です 文=西村晶子 撮影=福森クニヒロ 協力=サノワタル
食いしん坊倶楽部通信
ニュース
ギフトカタログ案内
前号が購入できる全国書店リスト
厳選「取り寄せ」カタログ ロッカのアンチョビ
エディターズノート
一食入魂 文・撮影=小山薫堂
或るバーテンダー「ウッドベリー コーヒー ロースターズ」木原武蔵 文=木村俊介 撮影=伊藤徹也
姫野カオルコさん『何が「いただく」ぢゃ!』好評発売中!
今月のしめ

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
174ページ
電子版発売日
2019年09月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
135MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 89件
  • dancyu 2019年10月号
    NEW
    800円(税込)
    もし、何一つ制約がなかったら、心の扉を開放して、食べたいものは何ですか? あなたの欲望にダイレクトに訴えかける食べ物、それは……揚げものです! 新・名店で食べたい、アジフライ、メンチカツ、家で挑戦すべき、春巻き、唐揚げ、フライドポテト。2019夏の終わり、揚げて揚げて揚げまくります! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行26 礼文島の「昆布」 文=大石勝太 撮...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年9月号
    800円(税込)
    スパイスカレーはサラサラしていて高温多湿の日本の夏にピッタリ。「もっと簡単にスパイスカレーをつくれませんか?」という声に応えて、dancyuは考えだしました。「ついに完成! 国民的スパイスカレー!」2019年、夏をもっと楽しみたい人は、dancyu片手にカレーを家でつくりましょう。 キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 CONTENTS ニッポン美味紀行25 奈良・奥吉野の「柿の葉寿司」 文=森岡督行 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年8月号
    800円(税込)
    身近な食材だからこそ、使いこなしで差がつく豚肉料理。過去に掲載した伝説の人気レシピ紹介からワンランク上の豚こまクッキング、だしの素になる挽き肉の活用方法、カリカリにした脂身の話など可能性に満ちた食材・豚肉の魅力をぐぐんと引き出します! キッチンとマルシェのあいだ CONTENTS 連載 ニッポン美味紀行24 和歌山の「炭焼き」 文=松浦達也 撮影=岡本 寿 今月のdancyu 絵=大竹 守 撮影=竹之...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年7月号
    800円(税込)
    世界中の食材と人が集まる東京で、いま行ってほしい、美味しくて楽しい店をご紹介します。本物を気軽に楽しめて食いしん坊が喜ぶ店から、改めて行ってほしい実力店、さらには、東京中を食べ歩くdancyu編集部員の一皿もあります。第二特集では、最新の中華の世界へご案内。この一冊を持って、東京へ出かけよう! カルパッチョの真実[最終回] 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年6月号
    800円(税込)
    4年ぶりとなる「パスタ」特集。この間、驚きにあふれるイノベーティブなイタリアンから、その土地と空気を想像させる郷土料理店まで、さまざまなスタイルのイタリア料理店が生まれました。今回は、イタリア料理店の楽しみ方提案と合わせて、その店のパスタレシピをたっぷりご紹介。パスタの新しい楽しみ方をご案内します。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年5月号
    800円(税込)
    たまご、毎日食べていますか? 半熟の目玉焼き、ふるふるのだし巻きに親子丼、赤いケチャップもまぶしいオムライス……。ああ、名前をつぶやいただけでもまたすぐに食べたくなりますよね。2年ぶりのたまご特集は、レシピから店紹介まで日々の、小確幸を心ゆくまで噛みしめる内容となっております。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS 茨城の「笠間いなり寿司」 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年4月号
    800円(税込)
    老若男女、みんな大好き! ないわゆる“ふつうの”シュークリーム。いつもそばにいるから気づかなかったけれど、これって実は、ニッポンが世界に誇るべき偉大な食べ物かもしれません。シュークリーム好きなら行ってみたいあの町のあの店。毎日を頑張る自分のための、シュークリームスポット。忘れかけていたシュークリーム欲に火をつけます! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年3月号
    800円(税込)
    日本酒を造る蔵は今、全国に1400軒ほど。その全蔵にアンケートをお願いしました! そこから見えてきたのは、全国津々浦々で真摯に酒造りに励む、大小さまざまな酒蔵の尊い取り組み。いま注目の蔵を紹介するルポルタージュほか、蔵元たちのチャレンジ酒・4ジャンルの試飲会、酒と料理の関係……など今の日本酒の姿をお伝えします。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 CONTENTS 兵庫・浜坂...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年2月号
    800円(税込)
    年末年始の多忙な時季を越えたら、じっくり料理と向き合いませんか? 2018年2月号「料理上手になるレシピ。」に続き、今年は「新しい和のごはん」のレシピを特集します。“和のごはん”は和食にあらず。グラタン、フライあり、パクチーやスパイスも使います。軽やかで和の器に盛って様になる、そんな料理レシピです。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 CONTENTS 石原さとみ、サン・セバ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年1月号
    800円(税込)
    年末年始は酒宴の機会が増える時期ですが、楽しい酒を飲んでいますか? 少人数の飲み会から大宴会、自宅での飲み会などいつもの酒の場がもっともっと盛り上がる美味しい酒場、楽しい酒の飲み方をご案内します。酒飲み達人やもてなし名人の知恵や技、飲み会で役に立つ(?)ちょっとした知識もご紹介! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ニッポン美味紀行 18...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています