dancyu 2019年12月号
  • NEW
  • 最新刊

dancyu 2019年12月号

通常価格 820円 (746円+税)
獲得ポイント

4pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本人の魚離れが叫ばれようが、そんなのどこ吹く風。老若男女問わず、不滅の人気を誇るのが、魚界(?)のアイドル、鮭&サーモンの底力! 日本一の鮭の町ルポから、絶品メニュー&クッキング、問われると意外とあたふた、鮭とサーモンの違いまで。炊きたての白いご飯を片手に読んでいただきたい、鮭&サーモン尽くしの特集をお送りします!

キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成
目次
ニッポン美味紀行 27 南房総の「おおまさり」と「かずさ和牛」
今月のdancyu 絵=大竹 守 撮影=竹之内祐幸
鮭とサーモン。
日本一の鮭の町 斜里町ウトロ漁港
ウトロの鮭で料理しちゃうぞ!! 料理=「ル・ブルギニオン」 菊地美升シェフ
鮭カマ焼き 「魚可津」 麻布十番
サーモンフライ 「かつれつ四谷たけだ」 四ツ谷
サーモンステーキ 「グリル・シャトー」 八重洲
鮭カレー 「スパイスキッチン ムーナ」 下北沢
鮭弁 「KIYOSHI」 三軒茶屋
鮭呑み 「北海道料理 三平」 大塚
鮭茶漬け 「三漁洞」 渋谷
銀鮭照焼 「魚竹」 築地
サーモンの名品たち。
「トロワグロ」の“ソーモン・オゼイユ”は思い出とともに。
恵比寿「ルコック」の“スモークサーモン”を習う。
トラットリアな12ヵ月
サケ、サーモン、マスはざっくり言うと同じ魚らしい!
一発逆転を夢見て僕らは海に向かった
前篇 買おう&さばこう
旨い切り身はここにある!
鮭は皮が旨い!
後篇 味わい尽くそう
樽が香る麦ハイボールで水炊きのコクが引き立つ!
鮭料理、わたしの味
新潟 鮭の焼き漬け ごはん同盟 しらいのりこさん
宮城 はらこ飯 料理研究家 近藤幸子さん
福島 鮭の粕汁 「分とく山」野﨑洋光さん
北海道 石狩鍋&締めパスタ 俳優 森崎博之さん
鮭の中骨缶。マニアも唸る8缶
至高の鮭フレーク
漬けない絶品イクラ
ごまレシピ帳 30 純白ごま油編
世界の朝食
いまどきの旬 第四回 鹿肉のロースト 文=土田美登世 イラスト=横山寛多
深夜食堂の料理教室 後編 秋鮭ときのこ
京都で呑む。
京呑みの手本 赤垣屋 川端二条/蛸八 寺町蛸薬師
夜、呑むために昼は軽めにうどん!
京呑み五番勝負
一 おでんで呑む うり 四条河原町
二 メニューで呑む 料理 りはく 二条駅
三 定食で呑む ろはん 祇園
四 かしわで呑む あん 浄土寺
五 変わらぬ味で呑む 住吉 百万遍
ちょい呑みKYOTO
手土産 幸せのおすそ分けも、お忘れなく!
すべてが整っている。京都のトドメ「高倉」 撮影=福森クニヒロ
奥阿賀の「鬼ぐるみ」 文=里見美香 撮影=砺波周平
dancyu Fresh Topics
東京で十年。「Bar 三石」 文=井川直子 撮影=長野陽一
私的読食録 文=堀江敏幸 撮影=本多康司
今月のハラヘリ本
注文の多い映画館 文=深町泰司 イラスト=フジマツミキ
京都「食堂おがわ」の季節ごはん 第20回 十一月のお題は“大根”です
拝啓、イタリア料理様 五皿目 パンのお菓子 料理=鈴木美樹 文=佐々木ケイ 写真=佐内正史
食いしん坊倶楽部通信
ニュース
ギフトカタログ案内
前号が購入できる全国書店リスト
厳選「取り寄せ」カタログ 「魚政」の松葉ガニとセコ蟹
エディターズノート
一食入魂 文・撮影=小山薫堂
或るバーテンダー「バー タロウズ」中村太郎 文=木村俊介 撮影=伊藤徹也
今月のしめ

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
160ページ
電子版発売日
2019年11月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
115MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 91件
  • dancyu 2019年12月号
    NEW
    820円(税込)
    日本人の魚離れが叫ばれようが、そんなのどこ吹く風。老若男女問わず、不滅の人気を誇るのが、魚界(?)のアイドル、鮭&サーモンの底力! 日本一の鮭の町ルポから、絶品メニュー&クッキング、問われると意外とあたふた、鮭とサーモンの違いまで。炊きたての白いご飯を片手に読んでいただきたい、鮭&サーモン尽くしの特集をお送りします! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年11月号
    820円(税込)
    今号は満を持しての、発酵特集。納豆、ぬか漬け、へしこ、どぶろくから、キムチ、中華の上シャン湯タン、タイ料理の発酵肉まで、旨味と匂いが炸裂する名品珍品の数々で、皆さまに悶絶していただく所存です。クッキングから感涙の名店ガイドまで発酵だけに、賞味期限長めの保存版! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 チーズとパンをつくる暮らし 文=森枝卓士 今月のdancyu 絵=大竹 守 撮...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年10月号
    815円(税込)
    もし、何一つ制約がなかったら、心の扉を開放して、食べたいものは何ですか? あなたの欲望にダイレクトに訴えかける食べ物、それは……揚げものです! 新・名店で食べたい、アジフライ、メンチカツ、家で挑戦すべき、春巻き、唐揚げ、フライドポテト。2019夏の終わり、揚げて揚げて揚げまくります! キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 目次 ニッポン美味紀行26 礼文島の「昆布」 文=大石勝太 撮...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年9月号
    815円(税込)
    スパイスカレーはサラサラしていて高温多湿の日本の夏にピッタリ。「もっと簡単にスパイスカレーをつくれませんか?」という声に応えて、dancyuは考えだしました。「ついに完成! 国民的スパイスカレー!」2019年、夏をもっと楽しみたい人は、dancyu片手にカレーを家でつくりましょう。 キッチンとマルシェのあいだ 文=辻 仁成 CONTENTS ニッポン美味紀行25 奈良・奥吉野の「柿の葉寿司」 文=森岡督行 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年8月号
    815円(税込)
    身近な食材だからこそ、使いこなしで差がつく豚肉料理。過去に掲載した伝説の人気レシピ紹介からワンランク上の豚こまクッキング、だしの素になる挽き肉の活用方法、カリカリにした脂身の話など可能性に満ちた食材・豚肉の魅力をぐぐんと引き出します! キッチンとマルシェのあいだ CONTENTS 連載 ニッポン美味紀行24 和歌山の「炭焼き」 文=松浦達也 撮影=岡本 寿 今月のdancyu 絵=大竹 守 撮影=竹之...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年7月号
    815円(税込)
    世界中の食材と人が集まる東京で、いま行ってほしい、美味しくて楽しい店をご紹介します。本物を気軽に楽しめて食いしん坊が喜ぶ店から、改めて行ってほしい実力店、さらには、東京中を食べ歩くdancyu編集部員の一皿もあります。第二特集では、最新の中華の世界へご案内。この一冊を持って、東京へ出かけよう! カルパッチョの真実[最終回] 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年6月号
    815円(税込)
    4年ぶりとなる「パスタ」特集。この間、驚きにあふれるイノベーティブなイタリアンから、その土地と空気を想像させる郷土料理店まで、さまざまなスタイルのイタリア料理店が生まれました。今回は、イタリア料理店の楽しみ方提案と合わせて、その店のパスタレシピをたっぷりご紹介。パスタの新しい楽しみ方をご案内します。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年5月号
    815円(税込)
    たまご、毎日食べていますか? 半熟の目玉焼き、ふるふるのだし巻きに親子丼、赤いケチャップもまぶしいオムライス……。ああ、名前をつぶやいただけでもまたすぐに食べたくなりますよね。2年ぶりのたまご特集は、レシピから店紹介まで日々の、小確幸を心ゆくまで噛みしめる内容となっております。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=田中優子 CONTENTS 茨城の「笠間いなり寿司」 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年4月号
    815円(税込)
    老若男女、みんな大好き! ないわゆる“ふつうの”シュークリーム。いつもそばにいるから気づかなかったけれど、これって実は、ニッポンが世界に誇るべき偉大な食べ物かもしれません。シュークリーム好きなら行ってみたいあの町のあの店。毎日を頑張る自分のための、シュークリームスポット。忘れかけていたシュークリーム欲に火をつけます! カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 料理=...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • dancyu 2019年3月号
    815円(税込)
    日本酒を造る蔵は今、全国に1400軒ほど。その全蔵にアンケートをお願いしました! そこから見えてきたのは、全国津々浦々で真摯に酒造りに励む、大小さまざまな酒蔵の尊い取り組み。いま注目の蔵を紹介するルポルタージュほか、蔵元たちのチャレンジ酒・4ジャンルの試飲会、酒と料理の関係……など今の日本酒の姿をお伝えします。 カルパッチョの真実 文=土田美登世 撮影=加藤新作 CONTENTS 兵庫・浜坂...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています