レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す 4つの自己投資術

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す 4つの自己投資術

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「努力するのに成果が上がらない人」と「余裕を持ちながら大きな成果を上げる人」の違いはレバレッジの考え方にあった。必要なのは「労力」「時間」「知識」「人脈」の4分野への自己投資。スポーツ・経営・投資・脳科学の方法論をベースに自己啓発に応用した仕事術を紹介する。訓練不要で誰にでも実践できるノーリスクのシンプルな方法論。
 『レバレッジ・リーディング』のヒットで自己啓発ブームをリードする本田直之のシリーズ第2作目。

※本書は、2007年7月に東洋経済新報社より刊行された『レバレッジ・シンキング』を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
184ページ
電子版発売日
2011年08月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す 4つの自己投資術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    本書は各レバレッジシリーズの良いとこ取りができる内容となっている。

    ①自己啓発書を読んでも成果が上がらない人・・・マインドは高まっているのにパーソナルキャピタルを増やす努力をしていない人
    →実践し、身につけないと意味がない

    ②労力のレバレッジ(少ない労力、大きな成果)で重要なことは4つ
    「仕組み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月14日

    やっぱり本田直之さんの本はいいな

    簡潔で具体的
    実践しようと思うことがたくさん書いてある

    時間、労力、知識、人脈
    の4テーマ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月28日

    レバレッジ・シンキング
    無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
    2007/6/29 著:本田 直之

    本書での考え方は、「労力」「時間」「知識」「人脈」という四分野に自己投資し、パーソナルキャピタル(自己資産)を構築し、レバレッジ(てこの原理)をかけて、不労所得的に成果を上げ、「少ない労力と時間で大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月02日

    どんな人にも、気軽に連絡がとれる時代だ。

    その分、未熟なままで関わろうとするのは機会損失になりかねない。

    まず、相手に貢献すること。

    『レバレッジを意識する』
    『しないことを決める』

    それも大事だ。
    だが、まずは

    『くれくれ人間』にだけは、ならないと決める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    ●覚えておきたい要点
    ・「労力」「時間」「知識」「人脈」に自己投資
    ・パーソナルキャピタル(自己資産)を構築
    ・レバレッジをかけて不労所得的に成果を上げる
    ・DMWL (Doing more with less, 少ない労力と時間で大きな成果を獲得する)
    ・労力・時間:成果=1:∞
    ・スポーツ、経営...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月22日

    これまで読んできたこの著者の主張に沿った、安定した内容で良かった。これらの本の内容を、いかに自分に取り込んでいくかをちゃんと考えると、生き方が大きく変わるかもしれないとも思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月13日

    少ない時間と労力で大きな成果を生むには?

    印象的なことを2つ挙げる。

    1.小さな習慣から大きな習慣につなげていく。
    いきなり本の内容を実践したりすると継続できないこともある。だから、小さな習慣を無意識化していきことで、大きな習慣もできるようになる。まずは、自分にでもできそうなことから。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月21日

    Doing more「成果(Goal)」 with Less「労力」「時間」「知識」「人脈」

    を生み出すコト、モノに投資すること。
    しないこと(やめること)、減らすことを増やし続けること。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月02日

    【学びのまとめ】
    ・単純作業のルーティン化→時間・労力のレバレッジ
    →全てのことが習慣化できないか?を考え続ける。
    ・成功体験の再現性の追求
    →資料作りになぜ時間がかかるのか?フォーマット化

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    DMWL(Do More With Less)この言葉を心掛ける。
    他の著書でも書かれていたが、ゴールから為すべき事を考えて決める。
    時間割を作り強制的に〆切効果を出すのは有用であるから取り入れる。
    小さな習慣を継続的に出来るようにする。これが大きな習慣に結び付く。
    これはイチロー氏の以下言葉に通じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています