「沼野充義」おすすめ作品一覧

「沼野充義」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/07更新

ユーザーレビュー

  • ソラリス
     皆さんは「知的生命体」というと、どのようなものを想像しますか。
     人型だったり、海洋生物や昆虫のような姿だったり……。そしてそれらが友好や敵意を示してくる、というのが一般的なイメージではないでしょうか。
     この作品に登場する「知的生命体」はソラリスという惑星を覆う海です。何か明確な意思を示してくる...続きを読む
  • ソラリス
    やっぱり名作には名作と言われるだけのパワーがある。読み終わった時あまりの壮大さに圧倒されてしまった。なぜこんなものすごいものを今まで私は読んでいなかったんだ?
    人間とは絶対的に違う知覚外の圧倒的知性が現れた時人類はどうするのか?そもそもSFによくある未知の知的生命体とのコンタクトという事自体、人類意...続きを読む
  • 新訳 チェーホフ短篇集
    ロシア文学って“誤解を受けやすい”と思う。その思潮や言動が必ずしも日本人が美徳と考えているものと一致せず、他の露人文豪の作品を並べて見ても、日本人からすると不可解なものが多いように思える。
    したがって、自分の感性に合う・合わないだけでこの作品群を評価してしまうのは早合点であり、もっと人間本来の真性に...続きを読む
  • ソラリス
    映画でも観たが、映画で訳が分からない箇所が記述されていて良く分かった。こういう感じの作品は無いように思う。
  • ソラリス
    新訳が気になりつつ、国書刊行会版はちょっと高いので手が出なかったのだけど、おお、文庫になってる!ありがたや。

    「ソラリスの陽のもとに」は、ずーっと文庫棚の一番上に並べてある。初めて読んだ時のインパクトをよく覚えている。SFって何かというのは難しい問題だと思うが、私は世界認識の変容を迫ってくるものが...続きを読む

特集