「沼野充義」おすすめ作品一覧

「沼野充義」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/11/17更新

ユーザーレビュー

  • ソラリス
    海が造る構造物の映像が自分の頭の中に思い浮かぶことに対して、小説というメディアならではの良さを感じた。映像にするとなにか違うものに成るようになる気がする。また、こうした形而上学的なSFはなんと呼ばれるジャンルなのだろうかと思った。レムの描くような作品を、他にも多く読みたいと思う。
  • ソラリス
    ポーランド語からの直訳で完訳。
    海によって送り込まれた過去の恋人とのラブロマンスと思っていたら大違い。人によって様々な読みが可能なハードSFです。
    特に膨大な量のソラリス学の振り返りが印象的、思わず読むのがおっくうになりそうな箇所だけど、なぜこの記述がこんなに多いのかを考えることによって、この小説の...続きを読む
  • ソラリス
     皆さんは「知的生命体」というと、どのようなものを想像しますか。
     人型だったり、海洋生物や昆虫のような姿だったり……。そしてそれらが友好や敵意を示してくる、というのが一般的なイメージではないでしょうか。
     この作品に登場する「知的生命体」はソラリスという惑星を覆う海です。何か明確な意思を示してくる...続きを読む
  • ソラリス
    やっぱり名作には名作と言われるだけのパワーがある。読み終わった時あまりの壮大さに圧倒されてしまった。なぜこんなものすごいものを今まで私は読んでいなかったんだ?
    人間とは絶対的に違う知覚外の圧倒的知性が現れた時人類はどうするのか?そもそもSFによくある未知の知的生命体とのコンタクトという事自体、人類意...続きを読む
  • 新訳 チェーホフ短篇集
    ロシア文学って“誤解を受けやすい”と思う。その思潮や言動が必ずしも日本人が美徳と考えているものと一致せず、他の露人文豪の作品を並べて見ても、日本人からすると不可解なものが多いように思える。
    したがって、自分の感性に合う・合わないだけでこの作品群を評価してしまうのは早合点であり、もっと人間本来の真性に...続きを読む

特集