湯浅誠の作品一覧

「湯浅誠」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

文藝春秋2024年3月号
NEW
1200円(税込)

作品一覧

2024/02/09更新

ユーザーレビュー

  • 反貧困 「すべり台社会」からの脱出
    「まえがき」の時点で怖じ気付いて、本文を読むことを躊躇われた。実際ホラーより怖かった。今の自分はなんとかやっていけてるけれど、一歩踏み外したら転落しそうなので、困ったときの相談窓口など知ることができてよかった。貧乏と貧困は違うんだなとハッとさせられた。自分の持っている「溜め」が少ないと気付いたので、...続きを読む
  • 「なんとかする」子どもの貧困
    なんとなく子ども食堂のことを知りたくて、この本に行き着いた。

    実際はインタビューや実例をもとに、子どもの貧困の実情と、なぜそれが生まれるのか、をさまざまな角度から知ることができる。

    漠然とボランティアとか、子供支援とか考えていた自分には、問題意識をシャープにできるすごい本だつたと思う。

    実際、...続きを読む
  • つながり続ける こども食堂
    子ども食堂に関わる人だけではなく、NPOやボランティアに興味がある人は是非読んでもらいたい。
    NPO活動が上手くいかない原因を行政からの支援不足とすることで行政への不満を募らせがちであるが、本書ではそれを明確に否定している。
    地域のあり方、持続可能な社会を考える上で子ども食堂は大きな力となる。

  • つながり続ける こども食堂
    こども食堂に対する考えが180度変わりました。
    地域づくりという言葉を色んなところで聞きますが、本質や意義が少しわかった気がしました。
    行動すれば非難されるかもしれないけど、行動しなければ何も生まれないので行動しようと背中を押されました。
    現代社会の問題に対する答えを示してくれるような良書です。
  • つながり続ける こども食堂
    印象に残ったことば: 納得解(正解ではなく)
    みんなで納得解を模索していく。
    あったかい場所。
    この粒々が増えていけば、もう少しみんなが生きやすい日本になるかも。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!