高木彬光の一覧

「高木彬光」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高木彬光(タカギアキミツ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1920年09月25日
  • 出身地:日本 / 青森県
  • 職業:作家

京都帝国大学工学部冶金学科卒。1948年『刺青殺人事件』でデビュー。『能面殺人事件』で第3回探偵作家クラブ賞受賞。『検事霧島三郎 』がTVドラマ化や映画化された。『白昼の死角』、『破戒裁判』、『邪馬台国の秘密』など多数の作品を手がける。

作品一覧

2019/12/13更新

ユーザーレビュー

  • 刺青殺人事件~新装版~
    神津恭介の初めての事件。

    密室、刺青、持ち去られた胴体、と
    ミステリー好きには堪らない要素が
    たくさんありました。

    これからこのシリーズも読んでいきたい。
  • 呪縛の家 新装版
    松下研三は、一高時代の友人である卜部鴻一から危急を告げる手紙を受け取った。彼の大叔父である卜部舜斎は、かつて勢力を誇った新興宗教、紅霊教の教祖。終戦後は勢いを失い、発祥の地である奥武蔵の八坂村で三人の孫娘と暮らしていた。八坂村へと急ぐ研三は、行き合った男から舜斎に宛てて「今宵、汝の娘は一人、水に浮か...続きを読む
  • 刺青殺人事件~新装版~
    舞台は終戦翌年の東京。刺青に彩られた妖艶な美女、密室殺人、容疑者のアリバイ、名探偵登場というミステリーの醍醐味を味わえる。

    名探偵神津恭介初登場にして著者のデビュー作として名高い。
  • 成吉思汗の秘密

    昔が懐かしい

    若い頃、平泉付近を旅行した時に、民宿の御主人が食事の後に、義経から成吉思汗の話をしてくれた。その時は、聞き流していたが、その後、この本に巡り合い、その時の事を思い出し、懐かしく読んだが、最近になり、何十年かたって、又、懐かしく読みたくなった次第。
  • 刺青殺人事件~新装版~
    冒頭の刺青の耽美講義から作品世界に惹き込まれました。猟奇的な死体も相まって良い雰囲気です。
    密室トリックは初歩的で拍子抜けしましたが、そこから派生する「何故、密室にしなければならなかったのか」と「何故、胴体が消えたのか」のプロットが実に素晴らしいです。「日本推理小説史上に欠かすことのできない作品」と...続きを読む