「高木彬光」おすすめ作品一覧

「高木彬光」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高木彬光(タカギアキミツ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1920年09月25日
  • 出身地:日本 / 青森県
  • 職業:作家

京都帝国大学工学部冶金学科卒。1948年『刺青殺人事件』でデビュー。『能面殺人事件』で第3回探偵作家クラブ賞受賞。『検事霧島三郎 』がTVドラマ化や映画化された。『白昼の死角』、『破戒裁判』、『邪馬台国の秘密』など多数の作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2015/09/25更新

ユーザーレビュー

  • 刺青殺人事件~新装版~
    冒頭の刺青の耽美講義から作品世界に惹き込まれました。猟奇的な死体も相まって良い雰囲気です。
    密室トリックは初歩的で拍子抜けしましたが、そこから派生する「何故、密室にしなければならなかったのか」と「何故、胴体が消えたのか」のプロットが実に素晴らしいです。「日本推理小説史上に欠かすことのできない作品」と...続きを読む
  • 神津恭介、密室に挑む
    『白雪姫』
    呪われたハナレで5日間を過ごせば10万円を貰えるという賭けをうけた緑川鋭二。兄・源一の家のハナレで賭けの最終日に何者かに殺害される。雪の上に残されていない足跡。鋭二の妻・幸子と源一の関係。かつての婚約者だった2人。犯行時刻にアリバイの無い幸子。同じ密室で死んだ源一が残した手紙。

    『月世...続きを読む
  • 「横浜」をつくった男~易聖・高島嘉右衛門の生涯~
     男の一代記としては非常に面白い。波乱万丈という言葉がとてもしっくりくる。こんなに近代日本の発展に貢献した人物なのに、あまり知られていないのは、やはり易者というものに何かいかがわしいイメージが付きまとうからなのかもしれない。
     文中にある易断が果たして本当のものなのか、それとも事後に書きくわえられた...続きを読む
  • 「横浜」をつくった男~易聖・高島嘉右衛門の生涯~
    【文章】
     読み易い
    【気付き】
     ★★★・・
    【ハマり】
     ★★★★★
    【共感度】
     ★★★★・

    「"人によっては" 当たるも八卦当たらぬも八卦」

    占い師としての実力はもちろん、商人としても実力も備えていた。

    伊藤博文など、明治維新の中心ともいえる人物達と交流を持っていた。

    渋沢栄一との交...続きを読む
  • 刺青殺人事件~新装版~
    タイトルの「刺青」は「しせい」と読む。
    刺青競艶会で他を圧倒して優勝をさらった絹江の「大蛇丸」。
    研三と早川博士によって見つけられた死体は、密室の浴室で胴体だけが持ち去られたバラバラにされていた。
    流れ出る水道の水で、死体の血はきれいに洗い流されていた。
    やがて絹江の夫である竹蔵が発見され、絹江を殺...続きを読む

特集