長谷川圭の一覧

「長谷川圭」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:長谷川圭(ハセガワケイ)
  • 職業:翻訳家

『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』、『さらば、食料廃棄 捨てない挑戦』などで翻訳を手がける。

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/07/08更新

ユーザーレビュー

  • This is Lean 「リソース」にとらわれずチームを変える新時代のリーン・マネジメント
    複雑でわかりにくいリーンを、フロー効率とは何かをさまざまな観点でとらえることで説明している。効率改善といったときに、それはフロー効率のことなのかリソース効率のことなのか自然と疑問に持つように、強烈にフロー効率について意識するようになる。
  • 樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声
    驚きの連続。なるほど、樹木たち、知られざる生活をしてました。自然保護云々という以前に、知的好奇心をくすぐられる。そして、植物に対する見方が変わる。

    とりあえず、樹木と脳の神経細胞の情報伝達の方法が、そっくりでびっくり。樹状突起とはよく言ったもので。森は地球の脳なんだなあ。その脳でいったい何を思考し...続きを読む
  • 樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声
    NHK ラジオの高橋源一郎の飛ぶ教室で紹介していた本。病弱な仲間に栄養を分け与えて回復をサポートする、芳香物質を放って仲間たちに知らせる、樹木自身の幸せはコミュニティの幸せに直結する、ゆっくり育つことで柔軟性あり抵抗力のある樹木になる。

    知らない彼らの姿が語られます。自分にとって今年のベストブック...続きを読む
  • 樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声
    樹木たちの知られざる生活: 森林管理官が聴いた森の声。ペーター・ヴォールレーベン先生の著書。林業の専門家で森林管理の専門家のペーター・ヴォールレーベン先生のお話は納得できます。森や樹木や森林への理解や思いを深めることができる良書。人間は森や樹木や森林に支えられて生きているのだから森や樹木や森林をもっ...続きを読む
  • 樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声
    興味深いお話であった。
    森林管理者として、樹木たちを見続けてきた作者の言葉が
    心にささる。気づかされる。

    「問うべきは、人間が必要以上に森林生態系を自分のために利用していいのか、
    木々に不必要な苦しみを与えてしまってもいいのか、ということだろう。」

    原生林の木々の力。
    人間が手を加えることによっ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!