池上俊一の一覧

「池上俊一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/10更新

ユーザーレビュー

  • 動物裁判
    動物裁判?聞いたこともないな。
    そう思って手に取った。
    未知の世界に惹かれるのはいつものことだ。

    現在、日本の民法では、動物に責任は問われない。占有者の責任になり賠償金が課される。野生の動物の場合、誰の責任にもならない。

    しかし、中世ヨーロッパでは、動物裁判が実際に行われていた。しかも、“人間に...続きを読む
  • 動物裁判
    中世の時代、人間は自然を自分達のシステムの中に押し込めようとした。その結果の一つとして、動物裁判が行われたのだ。
    現代から見れば滑稽無糖な風習も、本質を探っていけば当時の人々の価値観や思想が垣間見得る。
    歴史的事象からその時代の本質的部分を探っていくことが、歴史を学ぶ楽しさの一つであると知った。
  • 西洋中世奇譚集成 東方の驚異
    講談社学術文庫が送る「西洋中世奇譚集成」シリーズの第2巻であり、中世ヨーロッパにおける「東方幻想」にまつわる作品を紹介する書。7世紀頃に成立の『アレクサンドロス大王からアリストテレス宛の手紙(Epistola Alexandri ad Aristotelem)』、及び『司祭ヨハネの手紙』のラテン語版...続きを読む
  • 西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇
    12~13世紀の聖職者・ティルベリのゲルウァシウスが著した"Otia Imperialia"(1209-1214)の第三部を全訳した書。アルル王国を中心とする世界各地の「驚異」譚、全129篇を収録する。
    本書は、ティルベリのゲルウァシウスが主君たる神聖ローマ皇帝オットー4世の為に物した奇譚集(の第三...続きを読む
  • パスタでたどるイタリア史
    イタリアのことがわかったし、イタリアに行きたくなったし、読んでいる間はそのへんで相当パスタ食べました。Reading with eating! このようなエキサイティングな本はなかなかありません。良書。