「大西康之」おすすめ作品一覧

「大西康之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/28更新

ユーザーレビュー

  • ロケット・ササキ―ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正―
    エンジニアとして非常に能力が高かったのが前提だが、それ以上に人間としての魅力を感じる一冊。人を別空間に誘い夢を見させて取り憑かれさせる。新しい夢を見させる努力を惜しまない。努力の結果を見せることを惜しまない。
    そういった、日本人が思う人間の美学が詰まった方を、非常に読みやすい文章で描かれている。
  • ロケット・ササキ―ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正―
    誰かがよかったと言っていて、興味を持って読んでみた1冊。日本にはこんな技術者もいる、と嬉しくなるような立志伝。一緒に働いてみたかった。。印象に残ったのは、この本の主人公・佐々木さんが一般的なエンジニア像と違って、技術力だけでなく抜群のコミュニケーション力も兼ね備えていたこと。人をつなぎながら、技術で...続きを読む
  • 東芝解体 電機メーカーが消える日
    かつて世界の半導体市場を席捲し、家電と言えば日本製が一番と謳われた日本の電機メーカー。それが現在では見る影もなく存在感が薄れています。東芝、シャープは最近の新聞報道でも様々な情報が出ていますが、ソニー、パナソニック、富士通、NEC、三菱電機、日立などの企業についてはあまり情報を目にすることがありませ...続きを読む
  • 東芝解体 電機メーカーが消える日
    日本の電機メーカーが何故こんな体たらくな状態になったかを歴史から紐解いた本。
    日本の電機メーカーが、というより日本という国自体にも迫りくる危機のようにも感じる。
  • 東芝 原子力敗戦
    自分の保身、出世第一の経営陣、無責任な官僚、もう読んでいるのが苦しくなった。結果がひどくても、「その当時なら、そう判断してしまうよな」みたいなことなら理解できるが、そういうものではなかった。バカか!

    最後の方で「思考停止した凡人」サラリーマンの全体主義について批判されていた。本当にその通りだと思う...続きを読む

特集