起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ジェフ・ベゾスは、このヤバい日本人の「部下」だった】

かつて日本には、「起業の天才」がいた。
リクルート創業者、江副浩正。

インターネット時代を予見、日本型経営を叩き潰し、
自分では気が付いていない才能を目覚めさせた社員のモチベーションを武器に
彼がつくろうとしたのは、「グーグルのような会社」だった。

だが彼の名は「起業の天才」ではなく、
戦後最大の企業犯罪「リクルート事件の主犯」として人々に記憶される。

「ベンチャー不毛の地」となった日本に必要な「起業家の資質」とは何か。
リクルート事件の大打撃を乗り越え1兆8000億円の負債を自力で完済、
株式時価総額で国内10位にまで成長した「奇跡の会社」はどのようにつくられたのか。

苦境に立ち逆風に向かうすべての日本人に贈る、
歴史から葬られた「起業の天才」の真の姿。

【日本にも、こんな経営者がいた!】
・グーグルの「検索」を先取り
・独自の「クラウド・コンピューティング」
・読売新聞と「全面戦争」
・電通から広告を奪う
・日・米・欧を結ぶコンピューター・ネットワーク
・世界の「コンピューターの天才」をかき集める

【「はじめに」より抜粋】
江副さんが生きていたら、保身に汲々とする日本の経営者にこう尋ねることでしょう。
「経営者とはどういうものか、経営者ならなにをすべきか。わたしはつねに学び、考え、
そのとおりにやってきました。あなたがた、自分が経営者であると考えたことがおありですか」
――瀧本哲史(京都大学客員准教授、エンジェル投資家、2019年没)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
東洋経済新報社
ページ数
476ページ
電子版発売日
2021年01月29日
紙の本の発売
2021年01月
サイズ(目安)
9MB

起業の天才!―江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    リクルート創業者の江副氏の伝記。
    自分も(直系ではないが)亜流?のリクルート系に所属した身として、
    江副さんの話は色々聞いたことがあったけれど、
    体系的に江副さんの話を聞いたことはなかったし、
    リクルート事件がどういったものだったのかもしっかり理解していませんでした。

    帯のジェフ・ベゾスは江副氏の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    リクルート創業者の江副が、いかにして時価総額8兆円のリクルートを築き上げたのかをわかりやすく紹介してくれている。
    紙媒体による広告が主流であった時代に、情報そのものが持つ価値に目をつけて、インターネット時代の到来を誰よりも早く予見していたことは、驚愕に値する。SUUMO、リクナビ、とらばーゆなどの前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月10日

    【はじめに】
    1988年に、リクルートコスモス社の未公開株の譲渡が賄賂とみなされたリクルート事件で
    本書は、リクルート創業から、バブルにも乗って会社を大きくし、そしてリクルート事件で追い込まれ、晩年の様子までを追いかけたものである。素材自体がすこぶる面白いこともあって、ストーリーだけでも面白い本に仕...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月05日

    リクルートを作り上げ数々のアイデアを生み出した起業家江副浩正の話。とてもドラマチックなストーリー展開に最後、鳥肌が立った。感動と共に悲しい気持ちになった。

    今現在、GAFAなどの企業が提供するサービスの元々は江副自身も考え出していたものだった。AWSのクラウドコンピューティング、Googleの検索...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月29日

    3月にして2021年最高のノンフィクション読んだかも。
    googleの前に「本当に買いたい物の広告は、おカネを払ってでも手に入れたい『情報』」と見抜いたリクルート創業者の伝記。
    クドカン脚本の大河で観たいスケール感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月28日

    日本の高度成長からバブル景気を背景とした一人の起業家の生き様を描きます。江副氏の畳み掛けるような新規ビジネスの立ち上げは圧巻、読んでいる自分もアドレナリンが出るような興奮をさせられます。しかしながら、財界人との付き合いから始まって政治家に接近するに従って徐々に氏が変容していき例の事件が起こります。破...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月21日

    リクルート創業者の江副さんの生涯をドラマチックに描いている本。情報の非対称性が強い業界にメスを入れると言う点で画期的である。
    リクルートとしてのこれからの未来に江副さんの名前が出てくることはほとんどなくなるだろう。
    しかしながら、亡くなっても尚モノではなく「価値観」や「文化」だけは残り続けており、リ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月13日

    リクルート創業者の江副氏の生涯を描いたノンフィクション。創業当時、次々と仲間を集めて組織を大きくしていき、成功をおさめる様子は読んでいて痛快であり、そこから江副氏がダークサイドに落ちていく過程は物語として読み応えがあった。
    社外の関係者はいずれも豪華で、日本人の誰もが聞いたことがあるようなレジェンド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月12日

    時価総額で日本企業トップ10に入るリクルートを築き上げた創業者、江副浩正の一生を描いたノンフィクション書籍。江副の誕生から幼少期の生活、リクルート創業やリクルート事件、そして死去するまで、あらゆる出来事が再現ドラマのように描かれており、非常に読みやすく、そして江副浩正という人物に感銘を受ける構成とな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    引き込めまれて一気に読んだ。
    江副という1人の人間が熱狂したもの、リクルートという会社のビジョン、それらを取り巻く日本社会の駆け引きとその結果が今現在にどう繋がっているのか。
    自分が何かに熱狂すれば、何かは分からないが何かが残る、と信じさせてくれる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています