ロケット・ササキ―ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正―(新潮文庫)

ロケット・ササキ―ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正―(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

敗戦から高度成長期にかけて、デジタル産業の黎明期に、常に世界の最先端を突っ走ったスーパー・サラリーマンがいた。シャープの技術トップとして、トランジスタからLSI、液晶パネルと当時のハイテクを導入して苛烈な「電卓戦争」を勝ち抜き、電子立国・日本の礎を築いた佐々木正。インテル創業者が頼り、ジョブズが憧れ、孫正義を見出し、サムスンを救った「伝説の技術者」の痛快評伝。(解説・孫正義)

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2019年09月20日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ロケット・ササキ―ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正―(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月07日

    名経営者や創業者の話は多い。
    それとは違い、サラリーマンとして生き切った、とんでもない人の物語。

    雇われの身で、覚悟次第で十分にやれる。
    いや。違うか。

    雇われの身であることすら感じさせない働き方(生き方)をしてれば、見事にそうなるんだ。

    会社だとか個人だとか利益だとか効率だとか。
    そんな事で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    副題:ジョブスが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正、帯のコメント:こんなスケールの大きい日本人が本当にいた!(孫正義)を見て購入。ゴールデンウィークのボーっとしていた中、気持ちを奮い立たせられる、気概のある内容。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    孫正義氏が「大恩人」と言い、スティーブ・ジョブズ氏が「師」と仰ぎ、松下幸之助氏が「教えてもらえ」と部下に指示し、ロバート・ノイス(インテル創業者)の創業間もない頃に手を差し伸べた、凄まじい技術者が日本にいました。シャープを一流企業にのしあげた佐々木正氏です。
    真空管が技術の主流の時にトランジスターの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月24日

    園児にでなくとも何度も目尻が熱くなると思う。
    インテルも、アップルもソフトバンクも影響を受けたとは全く知りませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月15日

    電気産業の中の軽電、電子部品からITへ、古き良き 時代のモノ造り大国ニッポンから現在につながるお話し。
    素人には専門的過ぎて解らない部分が、若い技術者のタマゴにはホコリを被った技術で判らないかもしれませんが。
    革新的な技術によって成功を得る悦びと、その悦びも束の間、更なる技術革新によって追撃される厳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月10日

    シャープの電卓をナンバーワンの地位に引き上げ、その後も半導体、液晶などの最先端の技術に挑戦し、会社の成長に大きく貢献した佐々木正氏の評伝である。日本のみならず海外を含むその人脈は瞠目に値する。その代表がスティーブ・ジョブズ氏であり、孫正義氏である。その人脈はひとりシャープのみならず他者、特に若い人達...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月08日

    馬鹿なマスコミの努力ですっかり自信をなくしてしまったかのような今の日本だが、今のニッポンだってきっとたくさん偉人はいる。誇れ、我が祖国を。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています