「鍛原多惠子」おすすめ作品一覧

「鍛原多惠子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/16更新

ユーザーレビュー

  • 繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史
    早川書房公式ツイッターで紹介されていたので購入。
    ああ、ありがとう>早川書房公式ツイッター
    「人類の未来」について述べている書籍のほとんどが、『悲観論』に満ちあふれている。書店にはありとあらゆる悲観的な未来についての情報で満ちている。でも、本当に未来は悲観的なの?明るい未来は来ないの??ってなんとな...続きを読む
  • 腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方

    マイクロバイオータの存在と免疫

    腸科学
    https://t.co/wPQyDk26rR
    https://youtu.be/KfZBsDup-vk

    粘膜免疫系は、一方が脅威に激しく反応する(炎症誘発)、他方が、脅威が去ればこの激しい反応を抑制する(抗炎症)。制御性Tレグ細胞は、このバランスをもたらす。マイクロバイオータの排...続きを読む
  • 猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ
    ホンジュラスに500年前から伝わる「猿神王国」伝説は熱帯雨林の奥地に謎の古代都市が存在していたという。その伝説が真実かどうか過去多くの探検家がジャングルに足を踏み入れたが、伝説の一帯は人跡未踏の地のままであった。今回の探検でとうとうその地を発見した。探検は大きな成果をあげたのだが、その後に探検隊を待...続きを読む
  • 猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ
    失われた都市ウバール
    モルモン教はマヤ人が失われたイスラエルの民であると主張した。1830年刊のモルモン書にレーマン人として登場する。レーマン人は紀元前600年ごろにイスラエルを出て、アメリカへ海路渡ったとされた。20世紀になるとモルモン教会は多額の資金を投入して大勢の考古学者をメキシコと中南米に送...続きを読む
  • 猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ
    まるで自分も秘境の古代遺跡発掘に参加しているような、そんなリアルなドキドキ感を味わえる一冊だった。簡単には人が立ち入ることのできない、蛇やジャガーがうろつくジャングルに、命をかけて乗り込んで行く。現代の最新機器を持ち込んで、昔よりは的確に目的地へたどり着けるようだけれど、それでも大きな危険が伴う事に...続きを読む