腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方

腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

テレビ・ネットで話題の「腸内細菌」入門書! 人の腸内にすみ、食べ物を栄養に分解する100兆個の細菌。この細菌のもうひとつの働きが注目されている。アレルギーや肥満、自閉症などを抑える働きが明らかになってきたのだ。だが、その細菌は現代の食事・生活習慣の変化により弱ってきているという。腸内細菌を復活させ、健康な人生を過ごすにはどうすればいいのか。そもそも人はいつからどのように細菌と共生し、老いていくのか。微生物学・免疫学の研究者夫妻が、最新研究の成果をわかりやすく解説し、すぐに実践できる生活改善策をアドバイス。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 医学
出版社
早川書房
ページ数
344ページ
電子版発売日
2016年11月30日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年05月03日

    ヒトの体内あるいは体表面にともに棲む微生物(=マイクロバイオーム)についての本を何冊か読んできている。
    本書は微生物学者夫妻によるもので、最新の研究結果も織り込みつつ、専門用語を交えすぎないわかりやすい仕上がりになっているところが長所だろう。巻末のかっちりした参考文献と腸内細菌を育てるレシピが同時に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月29日

    腸って凄い。いや凄いのは細菌だけど…と思わせてくれる1冊。最初は「カイチュウ先生」のアメリカ版かなぁ、と読み始めたのですが、最新の研究結果(マウスによるものも多いですが)も多く、かなり説得力のあるものでした。
    とりあえず第6章だけを読んでみれば、マジかよ!となるのではと。腸内の微生物相ことマイクロバ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月19日

    腸内細菌叢が大きく変わった要因は、工業生産された加工食品の増加、抗生物質の乱用、帝王切開の増加、母乳保育の衰退があげられる。

    産道を下りていくる胎児は、母親の膣と肛門にいるマイクロバイオータまみれになり、新生児に受け継がれる。産道を通らずに帝王切開で生まれた人は、肥満、アレルギー、セリアック病、虫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月09日

    本のタイトルは、私のお得意の誤字ではない。一時期ブームとなった、超に続く、超科学の誤字ではと思われる方もいるかもしれないが、腸の科学なので、腸科学なのだそうだ。

    それはさておき、この本を読もうと思ったのは、昨年のTVドキュメンタリーがきっかけだ。そのドキュメンタリーでは、アメリカでは糞便移植(?)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    マイクロバイオータの存在と免疫

    Yuka Yamashita 2018年06月01日

    腸科学
    https://t.co/wPQyDk26rR
    https://youtu.be/KfZBsDup-vk

    粘膜免疫系は、一方が脅威に激しく反応する(炎症誘発)、他方が、脅威が去ればこの激しい反応を抑制する(抗炎症)。制御性Tレグ細胞は、このバランスをもたらす。マイクロバイオータの排...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています