乾石智子の作品一覧

「乾石智子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/07/28更新

ユーザーレビュー

  • 久遠の島
    久遠の島
    世界中の本が成る木にあふれた島

    初めの魔法をかけた人望みは何だったのだろう
    島に終わりをもたらした人の望みは何だったのだろう
    生き残った三人の願いは少しずつ少しずつかなえられて行く
    生き続ける その道を歩きながら
  • 夜の写本師
    すごく良書!
    この一冊で世界観がよくわかるし、無駄なくいろんなものが繋がって隙のない作品、という感じ。

    主人公は魔法の才能があるけど、訳あって魔法使いではなく魔法を込めた本を書くことのできる写本師になる。

    彼が村を出る出来事、若さ故の思い上がりによる挫折、新たな世界への道。。。
    なかなかの冒険談...続きを読む
  • 夜の写本師
    魔法を舞台にした作品だが、主役は魔導士ではなく写本師。
    選んだ本の材質、インクの原料、ペンの種類など魔法が変わる。地味な手作業の先に夢があるようで、読んでいて面白かった。

    買った文庫本の後ろにあった解説で、魔法を扱う作品であるなら、その魔法を自然なものとして、扱う世界観として書くべきで、現実との比...続きを読む
  • イスランの白琥珀
    乾石さんの作品は、新作が一番おもしろい気がします。
    以前の作品も好きだけど、新刊出るたびにおもしろさが更新されている!
    ということで、今までで一番好きな作品です。

    出てくるキャラみんなが、素敵でしたし、まさかあの人が皇帝になるなんて!という意外性や、イスランの素敵さといったら大好きすぎです。

    1...続きを読む
  • イスランの白琥珀
    長く壮大な物語だった。
    一冊の中に長い年月が閉じ込められていて、読み終わった時、その長い年月を旅してきたような気持ちになった。
    主に描かれているのはイスリルの新皇帝が誕生するまでの物語ではあるが、ビュルナイと共に百年を旅してきた感じがした。

    放浪魔道士オーヴァイデインが長い間囚われていた苦悩と葛藤...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!