「芹澤恵」おすすめ作品一覧

「芹澤恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:芹澤恵(セリザワメグミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1960年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:翻訳家

『冬のフロスト』、『クリスマスのフロスト』、『暗闇の終わり』などの作品で翻訳を手がける。

作品一覧

2017/06/30更新

ユーザーレビュー

  • フロスト始末 下
    遂に読み終わってしまった。一気読みしてしまった。作者逝去によりフロスト警部最終作となった本書。足掛け20年近くかけて読んだ、僕の人生トップ5入りの名シリーズ。ぐっちゃぐちゃの展開も、主要登場人物も、いとおしくてたまりません。
    抜群に面白かった。惜しむらくは、今作はおそらくシリーズ最グロで、気分が悪く...続きを読む
  • フロスト始末 下
    R・D・ウィングフィールドが亡くなられたことは大変残念です。
    フロスト警部が活躍する場面をもっと読みたかったです。
  • クリスマスのフロスト
    結構分厚い本だったけれども、飽きることなく、中弛みをすることもなく一気に面白く読みきれました。様々な書評にあるように、いい加減だし下品だし・・・。でも、事件に対する真面目さと時折見せる心の底。ギャップがあって引き付けられる人物です。
  • クリスマスのフロスト
    事件が絡まっているようだが、ごちゃまぜになってしまうことはなく、読み易かった。電車に乗っていても思わず吹き出してしまう小ネタがちりばめらられていて、あまり読み慣れていないミステリーではあったものの、とても楽しめた。続編も読みたい。
  • 夜のフロスト
    相変わらず睡眠時間が少ないフロスト警部。
    デントン署は流感で人手も少ない中次々と事件が。
    どんな時でもお下品な冗談を言うフロストだけどそうでもしないとやってられないというのは理解できるような気も。
    最後はハラハラ。
    そしてこの本の分厚さに満足。

特集