1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

めまぐるしいオフィス風景をユーモラスに描く「多忙な株式仲買人のロマンス」、若く貧しい芸術家たちの姿を描いた「最後の一葉」、表題作の「1ドルの価値」。O・ヘンリーはアメリカの原風景とも呼べるかつての南部から、開拓期の荒々しさが残る西部、大都会ニューヨークなど、さまざまに舞台を移しながら多彩な作品を生み出した。世界各国で読み継がれる代表作のほか、知られざる作品も新訳で登場。心に染み入る珠玉の23編。【光文社古典新訳文庫】

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社古典新訳文庫
電子版発売日
2012年02月10日
コンテンツ形式
.book

「1ドルの価値/賢者の贈り物 他...」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月19日

「賢者の贈り物」 2016/2/16
 日々の暮らしにも事欠くほどの貧しい家庭の夫婦が、お互いにクリスマスプレゼントをするために自分の一番大事で高価な代物を犠牲に、愛するパートナーへの贈り物を買った。その贈り物はお互いの犠牲によって何の意味も価値もないものになってしまったが、本当にそうなのだろうか。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年07月22日

なんと言うかラストがすごく光っています。
もっと早くに出会えていたらな、と思いました。

表題作の2つはどちらもお勧めです。
特に後者は確かに結末こそ
アレなものとなっていますが
その奥底には考えさせられるものがあります。

著者は浪費と過度の飲酒により命を
落とすこととなりました。
やはり冤罪とな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年03月19日

 23編収録の短編集。

 これは日本人男性作家じゃ書けなかった作品だな、とそれぞれの短編を読んでいて思いました。アメリカの様々な姿を舞台にしている、というのもその一因ではありますが、一番の理由は話の内容です。短編という制約があるからかもしれないですが、一切の迷いや、ややこしい表現もなく、ストレート...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月20日

アメリカ、ニューヨークを舞台とした短編小説群
最後の一葉、賢者の贈り物で有名なO.ヘンリー

読みやすいが、所々落ちが意味不明なところがある。原作での言葉遊びの類いだろうか?それとも時代や地域性の問題だろうか?または宗教的な基礎知識だろうか?

いずれにしろどの作品も市井に生きる人々の心暖まる話が多...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月29日

40年振りのO.ヘンリー。天まで届けとばかり背伸びしていた大学時代は異端こそ正統であり、よく言えばハートウォーミング、悪く言えばお涙頂戴のO.ヘンリーなど文学の範疇外だった。どうせ読むならサキ、ビアス。ところが此の度読み返してみるとなかなか面白い。O.ヘンリーと言えば都会が舞台の小粋な人情話が定番だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!