「三浦佑之」おすすめ作品一覧

「三浦佑之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 平城京の家族たち ゆらぐ親子の絆
    古代文学・文献の「家族」にスポットをあてて、そこに浮かび上がる
    古代の家族観と律令国家出現による家族崩壊や歪みを論じる。
    現代に通じる普遍的な指摘を含め、とても興味深く面白い。
    多岐に渡る参照や視点は非常に「文化人類学」的で個人的に大好きです。
  • 風土記の世界
    <目次>
    はじめに
    第1章  歴史書としての風土記
    第2章  現存風土記を概観する
    第3章  常陸国風土記~もう一つの歴史と伝承の宝庫
    第4章  出雲国風土記~神の国ともう一つの文化圏
    第5章  語り継がれる伝承~播磨国風土記と豊後国・肥前
         国風土記
    まとめにかえて

    <内容>
    勉強不足だ...続きを読む
  • 風土記の世界
    日本書紀、古事記と並ぶ古代の歴史書、風土記。
    その歴史書としての位置づけや、成立が述べられたあと各地の概略へと進んでいきますが、記紀の記述との比較など読み応えあります。
    入門書には違いないのですが、内容は濃いです。
  • 本当は怖い世界の童話
    日本からヨーロッパまで、ありとあらゆる世界の童話の怖い面を紹介。 白雪姫、ヘンゼルとグレーテル、青髭、眠り姫など。
  • 風土記の世界
    この当時から、中央と地方にはある種の明確な差があったのかと思うと面白い。

    記紀の間でヤマトタケルについて比べている本はいくつかあったけど、そういえば、風土記にもかの英雄は出ているのだと思わされた。

特集