深山くのえの一覧

「深山くのえ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:深山くのえ(ミヤマクノエ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:12月9日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:作家

2007年『舞姫恋風伝』で文庫デビュー。『浪漫邸へようこそ』、『かぎろひさやか 常磐』、『乙女なでしこ恋手帖』など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2020/09/08更新

ユーザーレビュー

  • 桜嵐恋絵巻

    桜嵐恋絵巻

    久々に全巻読み返しましたが、やっぱりちょっとホロリと泣けます。
    何度読んでも楽しめる作品だと思います。
  • 色にや恋ひむ ひひらぎ草紙
    前作から数年後。前作の主人公より強くたくましい印象。大臣たちと後宮の女御たちの関係が覚えきれなくて、シリーズ化で次作あるなら相関図が欲しい。東宮問題片付いてないのでまだ何作出来ると期待してます。恋の話より後宮の争いに振り回されて主人公大変だなぁ。
  • 色にや恋ひむ ひひらぎ草紙
    これはよき平安恋物語だった。
    淑子も誠明様も種類は違えどややこしい立場の人たち。
    淑子は結婚はこりごりと思っているし、誠明様もお立場がお立場だから心休まる場も少なく、結婚に対しても慎重さを求められるという。
    そんな二人の本気の恋。
    特に誠明様が「この恋が成就しなければ世捨て人になっても構わない」とい...続きを読む
  • 恋をし恋ひば かんなり草紙
    両親が亡くなり、婚約も破棄され、親戚の女房となって過ごしていた主人公が(元々は女御になれるくらいの身分だったのに)元の婚約者に見つけ出され幸せになっていく話。深山くのえのお話はいつも伏線回収とやり返し場面があり、きゅんきゅんさせながらハッピーエンドになるので、安心して楽しめる。今回はラノベ仕様ではな...続きを読む
  • 恋をし恋ひば かんなり草紙

    平安時代も良いですね

    ハラハラするような大きな盛り上がりのある内容では無かったのですが、静かで落ち着いた情緒ある内容だと感じました。良い小説だと思います。落ち着いて読めました。
    初めての作家さんでしたので他の書籍も興味が出ました。また平安物を読んでみたいです。