「浅黄斑」おすすめ作品一覧

「浅黄斑」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:浅黄斑(アサギマダラ)
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

『流転の影 無茶の勘兵衛日月録』などを手がける。

作品一覧

2015/04/24更新

ユーザーレビュー

  • 山峡の城
    多くの時代小説が江戸が舞台なのだが、これは越前勝山藩が舞台
    親藩だけど、家康の次男なのに微妙な結城秀康のさらに三男で分家の勝山藩というのが面白い
    本作では、主人公の”無茶勘”こと落合勘兵衛の元服前後が書かれているが、スピーディなノリは、本作をあっという間に読み終えさせることはもちろん、以降も早く読み...続きを読む
  • 報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7
    第七弾
    藩の内紛に係わる一連の流れは変わらないが、厄介に絡み合っている。
    老中、長崎奉行、そして本家福井藩の忍者がらみと内容は豊富。
    さらには勘兵衛を敵と狙う元藩士のけったいな事件(男娼)に纏わりの死。
  • 刺客の爪 無茶の勘兵衛日月録5
    第五弾
    弟落合藤次郎もそれなりに活躍する。
    相変わらず松平諸藩(旧結城秀康)お家騒動と老中が絡む展開
    今回も登場する忍び目付服部源次右衛門、味方なら問題ないが敵なら本当に難敵、用人松田も同様
  • 惜別の蝶 無茶の勘兵衛日月録8
    第八弾
    途中を飛ばしているが、問題なく読める。
    山路亥之助はやはり生きており、暗躍する。この流れは続くのか?
    お小夜が勘兵衛の子供を身ごもりいずことなく姿を隠す。
    園枝との関係は?
  • 冥暗の辻 無茶の勘兵衛日月録4
    第四弾
    またまた、有力な助っ人が出る。冬瓜の次郎吉や火盗改め
    はてや老中まで
    三藩に係わるお家騒動は、入り組んで今後どうなるのか
    気長に読んでいくしか