流転の影 無茶の勘兵衛日月録10

流転の影 無茶の勘兵衛日月録10

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

越前大野藩の苦悩は深い。次期藩主松平直明の不行跡が幕閣に知られ廃嫡の危機に。一方、大和郡山藩は嫡流と庶子の後継争いから領国を二分された。その背後に大老酒井忠清がいるのだ。この危機をいかに切り抜けるか?大野藩御耳役の落合勘兵衛は長刀「埋忠明寿」習熟の野稽古の途次、捨子を救けるが、これが事件の発端となって…

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2011年08月19日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

流転の影 無茶の勘兵衛日月録10 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年02月14日

    第十弾
    勘兵衛の新しき刀埋忠明寿、対する敵山路亥之助も勘兵衛の存在を意識し、今後各藩の内紛に絡み刺客としてどう絡んでくるか
    途中に色々な事件は起こるが基本的には老中酒井一派との闘争

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています