川霧の巷 無茶の勘兵衛日月録16

川霧の巷 無茶の勘兵衛日月録16

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「何故、酒井大老は貴藩を疎まれるのか」幕閣の一員である太田摂津守の用人が洩らした一言は、意表を衝く問いであった。越前大野藩江戸留守居役松田与左衛門と御耳役落合勘兵衛は、藩を囲繞(いにょう)する陰謀の源を探るべく、それ迄の経緯を綿密に検証し始めたが…。そんな折、女を襲う髪切り事件が発生。それが新たな闘いの始まりとなった。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年04月04日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

川霧の巷 無茶の勘兵衛日月録16 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    第十六弾
    久しぶりに読む続き物、覚えていない事もあるがさほど気にならない、越前松平大野藩と酒井大老との駆け引きは相変わらず、今回は藩内の嫁取りに係る厄介ごとをメインに、長年の宿敵との決着

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています