報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7

報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大野藩次期後継直明の不行跡に端を発する陰謀は、着々と進行しつつあった。その中心に幕府大老酒井忠清があり、越後高田、越前福井の両藩が実行役として牙を剥き始めた……。一方、耳役として江戸在勤の落合勘兵衛に、不吉な一報がもたらされた。勘兵衛を討つ、と富田流小太刀の名手丹生文左衛門父子が大野藩を脱藩したのである。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
324ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年02月13日

    第七弾
    藩の内紛に係わる一連の流れは変わらないが、厄介に絡み合っている。
    老中、長崎奉行、そして本家福井藩の忍者がらみと内容は豊富。
    さらには勘兵衛を敵と狙う元藩士のけったいな事件(男娼)に纏わりの死。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月26日

    ただいま20巻と長編シリーズとなっているのが、
    無茶の勘兵衛日月録。
    シリーズの最初をこの7巻目から読むので、なんとも把握するまでに時間がかかったが、読み進めれば、人物描写も魅力的なこのシリーズ。
    歴史的な背景も丹念な構成によって無理なく、複雑でありながらリアルに構築されている。

    面白いシリーズ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています