「ちきりん」おすすめ作品一覧

「ちきりん」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ちきりん(チキリン)
  • 性別:女性
  • 職業:作家

米国での大学院留学を経て外資系企業に勤務、2010年に退職。著書に『ゆるく考えよう』、『自分のアタマで考えよう』、『社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!』、『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 自分の時間を取り戻そう
    つくづくいい本だー。手元に置いておきたい。
    「自分の時間」もそうだけど、これからの世の中「生産性」がないものは伸びないのだ。
    そして今ある問題も、そのほとんどが「生産性」で解決できるような気になるのだ!
  • 自分の時間を取り戻そう
    生産性向上・働き方改革と叫ばれてますが、「何のために」それが必要なのか、読み終えたときに自分の中にスッと肚落ちしました。
    残業代削減のために「生産性向上」と声高に叫んでいる上司の方(あるいはその部下の方)には是非読んでいただきたいと思います。

    「生産性の向上」を世の中のトレンドとして追っているだけ...続きを読む
  • 自分の時間を取り戻そう
    い図。ちきりんの考え方に触れたくなって。

    生産性がキーワード。自分の会社員時代を思い出して、その生産性が上がらずもがいていたことを思い出した。自分がふがいないだけでなく、周りに迷惑をかけている、お客さんにも迷惑かけかねないという焦り…どうしたらいい?何を変えればいい?目の前の業務をこなしながら、通...続きを読む
  • マーケット感覚を身につけよう
    著名なブロガーというのを知らなかったまま読んだ本。マーケット感覚とはどういうもので、それを身に付ける5つの方法等、非常に理路整然と読みやすく書いてある。今後増えるであろう副業時代やフリーランスの方は必読かと。
  • 悩みどころと逃げどころ(小学館新書)
    慶応義塾大まで行って「学校はいらない」というちきりんさんと
    中卒でプロゲーマーなのに「学校は絶対行った方がいい」という梅原さんの対談。

    悩みどころは誰にでもあるが、どこで逃げるか。そしてその逃げも本質的に「逃げ」なのか。
    諦めることと、捨てて一つを極めることの線引きの難しさ、息苦しさ。
    かなりおも...続きを読む

特集