青木純子の一覧

「青木純子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/08更新

ユーザーレビュー

  • 秘密 下
    このミス2015海外部門第2位、そしてケイト・モートン初読。

    コロっと騙された。読み終わったら「これって、よくあるトリックやん、今までも何作か、この手のトリック使った小説読んでるやろ」と思ったのだが…。まぁ読んでる最中にネタバレするより、素直に作者のトリックに引っかかる方が、読書のだいご味を楽しめ...続きを読む
  • 湖畔荘 下
    モートンの思惑通り、最後のページにたどり着いたとき間違いなく私は感動しました。その前にも、謎が解き明かされていく過程は得も言われぬ快感だったことは言うまでもないですが。
    前作もそうだったのですが、過去と現在の交差しながらの語りや、彼とか彼女とかで語られることで真相が曖昧なままであるとか、そのもどかし...続きを読む
  • 湖畔荘 下
    セイディ側ではローズの親戚から新情報、アリス側からはデボラの告白と、上巻で築かれた推理が覆される所から始まる。マギー失踪事件も新たな展開。殺人と思われた事件がそうではなく、失踪と思われたのが実は…過去と現在の事件がそれぞれ正反対の様相を見せ始め、埋もれていた殺人も明らかになるという、下巻が激動の展開...続きを読む
  • 湖畔荘 上
    ミステリ作家の母親がアンチ・ホームズって面白い設定。エリナと娘達は本に浸って育ち、コールドケースに取り組む刑事セイディは、事件に取り掛かってから本に親しむようになった。モートンの小説は本当に文学への愛着を感じさせる。本作は、ナルニアと英国ミステリかな。上巻は長ぁい前振り。
  • 湖畔荘 下
    1933年、イギリス、コーンウォールの湖畔荘ローアンネスに暮らす家族に起こる事件を中心としたミステリー。
    過去と現在、過去の過去、1つの事象が多数の登場人物の視点によって見え方がかわり、その解釈によって進むストーリーが巧妙でお見事。
    1933年の事件以外にも現在、過去の謎が多く散りばめられていて読み...続きを読む