青木純子の一覧

「青木純子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/10/29更新

ユーザーレビュー

  • 湖畔荘 下
    1933年 夏至祭の最中、屋敷から忽然と消えた男児失踪事件。
    事件は未解決のままであり、その男児の姉であるアリスは現在(2003年)大御所ミステリー作家となっていた。

    諸事情により謹慎、休暇中となった故郷でこの事件に自らの境遇を重ねて、調べることにした刑事セイディ

    「事件」についての秘密を抱え、...続きを読む
  • ライフ・アフター・ライフ
    命は儚い。
    生と死を分ける分岐点。それは、事故や病気かもしれないし、結婚や戦争かもしれない。

    「人生とはいまこの瞬間の経験を生きることなのだ。」

    読み終わっても、パリンプセストのような主人公アーシュラの人生が、まだまだループして終わらない気がする。
    とても面白かった。
  • ライフ・アフター・ライフ
    ・読み進めるに従い、登場人物たちが、身近に感じられるようになってくる。アーシェラ(主人公)と共に人生を(何度も)送る感覚。
    ・ヒュー(主人公の父)やパメラ(主人公)の名前が登場すると、自分もホっとする。
    ・時空を超えたドラマ。大河ドラマや朝ドラの感覚か。

    ・作品の主な舞台は、1910年から1940...続きを読む
  • ライフ・アフター・ライフ
    面白い
    重量級のボリュームなので一気に読みきるのはなかなかしんどいが中盤以降特に引き込まれた。

    何回も人生を繰り返してもおそらく正解は無い。
    どの分岐を選んでも全ての人が幸せ自分も幸福な事はなかった。

    歴史的事実を背景にしているので知っていれば面白い。スペイン風だったりロンドン大空襲だったりヒト...続きを読む
  • 忘れられた花園 下
    今まで出会った中で一番美しい本だった。

    きらきらとした粒子のように溢れてくる言葉が、
    脳内で麗しい躍動感を湛えた映画のようにうつり、
    また光あふれる絵画のように映り込んでくる。

    そこかしこに張り巡らされた布線を
    一つ一つ丁寧に絡め取っていく心地よさはミステリーとしての読み応え充分。
    それに加え、...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!