秘密 下
  • 最新刊

秘密 下

作者名 :
通常価格 1,200円 (1,091円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

1941年、第二次大戦下のロンドン、ある屋敷のメイドだったローレルの母ドロシー(ドリー)は、国防婦人会で向かいの屋敷の美しい作家夫人の手伝いをするのが生き甲斐だった。故郷の家族を空襲で失い、ひとりになったとはいえ、結婚を誓った青年もいて幸せだった。しかし彼女の運命は急転回する。ロンドンの大空襲、そして……。70年後、ローレルはあの恐ろしい事件の真相を、母の過去を弟と二人で探りはじめる。メイド時代、写真の女性、高名な作家。浮かび上がったのは思いも寄らぬ母の姿だった。モートン・ミステリの真髄ともいうべき傑作。/解説=杉江松恋

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
366ページ
電子版発売日
2020年01月08日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

秘密 下 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

    母親が見知らぬ男を刺殺する場面を目撃した少女が大人になり、余命わずかとなった母親の過去をたどりながら事件の真相を探る。母親の青春期であった第二次世界大戦中のロンドンを舞台とした「秘密」が、少しずつ解き明かされていく。

    過去と現在を往き来しながらゆったりと紡がれる物語には、毎度のことながら魅了された...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月16日

    娘がある出来事をきっかけに母親の秘密を探っていく。
    物語は何人かの登場人物を軸に現代から過去と交互に展開していく。
    次々と母親の過去が暴かれていくのだが、最後の最後に大きな秘密が暴かれる。途中何となく展開が読めた部分もあったが、それでも最後まで夢中にさせられる。
    前半は、自分にとって素晴らしい母親が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月20日

    じっくりと、じわじわと、過去が明らかになっていくのは、ちょいともどかしいほどに、ていうか文字多いよ、なんだけども、更にはもしかしてこの展開なら最後はこうじゃね?ていう流れが分かったりするけど、それはそれとして、ストーリーに引きずり込まれてしまう。序盤はやや伏線をはるのに忙しくて、ちとだれたんだけども...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月03日

    物語は、過去、現在、大過去と三段階に分かれて語られていく。
    50年前母親ドロシーが、家に訪ねて来た男を刺殺した。それを偶然目撃してしまった娘のローレル。事件は正当防衛が認められたが、そうでは無い事をローレルは知っていた。
    余命幾ばくもない母を前にして、あの時の真実を突き止めようと動き始める。
    上巻は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月22日

    なかなかの読み応え。展開(流れ)や状況設定はとても良かった。ただ結構早い段階で「おち」が見えてきてしまう それでも最後まで読ませるだけの魅力はある

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    何となく面白そうだと思って買った本だったので、最初は「過去や現在、視点さえも行ったり来たりするので、読みにくにかも、、、」と思っていたが、そんなことはなかった!

    出だしから刺すのかい!と思ったけど、ドロシーの過去を考えたとしたら、そうなるよね、と

    読んでいるうちに、段々とドロシーがえげつない感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

秘密 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 秘密 上
    1,200円(税込)
    1961年、少女ローレルは母が突然現われた男を刺殺するのを目撃した。男は近隣に出没していた不審者だったため、母の正当防衛は認められた。しかしローレルには警察には話せない秘密があった。男は母に「やあ、ドロシー、久しぶりだね」と言ったのだ。二人は知り合いだった! 50年後、大女優となったローレルは死期の近い母の過去をさぐりはじめる。あの事件の真相は? そして母の本に挟まれていた写真の見知らぬ女性は誰か? 本に残された署名ヴィヴィアンとは? 『忘れられた花園』の著者が新たなる迷宮へと読者を誘う。傑作ミステリ。
  • 秘密 下
    1,200円(税込)
    1941年、第二次大戦下のロンドン、ある屋敷のメイドだったローレルの母ドロシー(ドリー)は、国防婦人会で向かいの屋敷の美しい作家夫人の手伝いをするのが生き甲斐だった。故郷の家族を空襲で失い、ひとりになったとはいえ、結婚を誓った青年もいて幸せだった。しかし彼女の運命は急転回する。ロンドンの大空襲、そして……。70年後、ローレルはあの恐ろしい事件の真相を、母の過去を弟と二人で探りはじめる。メイド時代、写真の女性、高名な作家。浮かび上がったのは思いも寄らぬ母の姿だった。モートン・ミステリの真髄ともいうべき傑作。/解説=杉江松恋

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング