鷲田小彌太の一覧

「鷲田小彌太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/04更新

人生くねくね道の歩き方
  • ブラウザ試し読み

説得力を高める思考術
  • ブラウザ試し読み

大学教授になる方法・実践篇
  • ブラウザ試し読み

大学教授になる方法
  • ブラウザ試し読み

大学教授になる方法
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 学ぶことの法則
     社会人になってからの勉強の意味と学生向けに勉強の意味を説いている。
     学生の頃に学ばなかった(勉強しなかった)者であっても、勉強した者でも、いずれも卒業後(中退後)は学ばなければならなくなる。
     と、著者は説いている。
     私が在籍していた東京理科大学の教授も授業で言っていた。「人生一生(じんせいい...続きを読む
  • まず「書いてみる」生活 「読書」だけではもったいない
    普段は手に取らないような分野の新書をと思い、これを読んでみたらすごく読みやすくて感動もの。内容に感動とかではなく読みやすさに感動した。さすが書く技術を教えてくれる本だけあって、書く技術のある人の書き物は読みやすいんだ
    、と知った。これから面白いので書く技術を書いている人の書物を読んでみたいと思うよう...続きを読む
  • 父は息子とどう向き合うか
    13歳(中学1年・2年)の息子を持つ父に向けた本
    私の息子は現在12歳。中学1年生。
    よくある自己啓発本の一つかなと思いましたが。
    内容はいたって普通でしたが、それぞれがやはり
    感じるところがあり、いつか息子にも読んでほしいとおもいました。
    ○勉強させる。HARDWORKを経験させ集中力を持続させる...続きを読む
  • 日本を創った思想家たち
    [ 内容 ]
    旧来の日本思想家事典の多くは、一九七〇年以前の価値評価で編纂されてきた。
    その特徴は、マルクス主義と丸山学派の奇妙な混合物であった。
    その軛から脱し、独自の視点で精選した約一四〇人の思想家小事典。
    とりわけ紙幅を割いて解説するのは、空海、世阿弥、伊藤仁斎、松尾芭蕉、山片蟠桃、三宅雪嶺、...続きを読む
  • 昭和の思想家67人
    [ 内容 ]
    「昭和」が終わり二十年が経とうとしている。
    その六十余年の歴史には、目まぐるしい思想変遷があった。
    戦前‐戦後という大きな断絶、六〇年安保、七〇年大学闘争、オイルショック、ポストモダン、バブル経済…。
    時代意識の転換はいかに起き、作家や学者たちは、どのような発言をしたのか。
    三木清、芥...続きを読む