「鷲田小彌太」おすすめ作品一覧

「鷲田小彌太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/11更新

ユーザーレビュー

  • まず「書いてみる」生活 「読書」だけではもったいない
    普段は手に取らないような分野の新書をと思い、これを読んでみたらすごく読みやすくて感動もの。内容に感動とかではなく読みやすさに感動した。さすが書く技術を教えてくれる本だけあって、書く技術のある人の書き物は読みやすいんだ
    、と知った。これから面白いので書く技術を書いている人の書物を読んでみたいと思うよう...続きを読む
  • 父は息子とどう向き合うか
    13歳(中学1年・2年)の息子を持つ父に向けた本
    私の息子は現在12歳。中学1年生。
    よくある自己啓発本の一つかなと思いましたが。
    内容はいたって普通でしたが、それぞれがやはり
    感じるところがあり、いつか息子にも読んでほしいとおもいました。
    ○勉強させる。HARDWORKを経験させ集中力を持続させる...続きを読む
  • 昭和の思想家67人
    [ 内容 ]
    「昭和」が終わり二十年が経とうとしている。
    その六十余年の歴史には、目まぐるしい思想変遷があった。
    戦前‐戦後という大きな断絶、六〇年安保、七〇年大学闘争、オイルショック、ポストモダン、バブル経済…。
    時代意識の転換はいかに起き、作家や学者たちは、どのような発言をしたのか。
    三木清、芥...続きを読む
  • 「やりたいこと」がわからない人たちへ 人生にとって「仕事」とは何か?
    「「やりたいこと」がわからない人たちへ」5

    著者 鷲田小彌太
    出版 PHP文庫

    p115より引用
    “自分のやっていることに一章不満を持ち続けるということは、
    予想する以上に難しいということだ。”

    哲学者である著者による、
    何をしていいかわからなくて悩んでいる人を奮い立たせる一冊。
    やりたい事に...続きを読む
  • 教養論 大人の知性教えます
    実におもしろい考えが出来るなぁと思いました。
    教養って。。。。
    教育って・・・・
    面白いです(●^o^●)v