金井真紀の一覧

「金井真紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/06/24更新

ユーザーレビュー

  • パリのすてきなおじさん
    フランスは色んなところから色んなところから理由で来ている人たちがいるんだなあ。と改めて分かる。
    戦争など大変なこと、苦しいことを体験している人たちがさらっと言う一言の重さよ…。急に涙が出そうになったりする。
    色んな国と接しているからこその、受け入れたり、理解しようとする心がある人が多い気がする。

    ...続きを読む
  • パリのすてきなおじさん
    一人一人の人物像が鮮やか。
    難民問題や、植民地支配、
    ユダヤ人虐殺の
    歴史などが個人のストーリーから
    リアルに迫ってくる。
    一方で、こんな風に魅力的な
    「東京のすてきなおじさん」は
    いるのか、自問してしまった。
  • 戦争とバスタオル
    第1章 ジャングル風呂と旧泰緬鉄道(タイ)
    第2章 日本最南端のユーフルヤー(沖縄)
    第3章 沐浴場とアカスリ、ふたつの国を生きた人(韓国)
    第4章 引揚者たちの銭湯と秘密の工場(寒川)
    第5章 「ウサギの島」の毒ガス兵器(大久野島)

    歴史修正主義がなんと言おうと過去は現在と繋がっていることを人の...続きを読む
  • 戦争とバスタオル
    内容的にはずっしりしているのですが…
    安田さんは分かりやすく丁寧に史実を書いてくれ、金井さんの素直な感情は読んでいる無知な私に共感してくれて、お二人の文章が交互に来ることにより、本当にすんなり読めました。

    すんなり読めましたが、"こんな大切なことをきちんと知らずに今まで生きていたのか"と反省し、恥...続きを読む
  • 戦争とバスタオル
    ノンフィクションライターの安田浩一氏と文筆家でイラストレーターの金井真紀氏はともにお風呂好き。二人でタイ、韓国、沖縄、大久野島などの温泉を巡り、湯けむりの先にある歴史を紐解くという歴史紀行本。
    風呂で出会った客や温泉関係者との語らいにはユーモアもあり、癒されるが、タイトルにあるように、基調には戦争が...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!