山田正紀の一覧

「山田正紀」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2020/01/10更新

ユーザーレビュー

  • カムパネルラ
    レビューを拝見して、知った本です。ありがとうございます。
    こういう小説を、ディストピア小説と呼ぶのは、他の方のレビューで初めて知りました。

    SF世界になんとか入りこむことはできたのですが、正直、意味がよくわからなかったです。面白くなかったわけではありません。

    16歳の主人公のぼくの母親は、宮澤賢...続きを読む
  • 大江戸ミッション・インポッシブル 顔役を消せ
    江戸の町で、川衆と陸衆という二つの泥棒寄合が争う話なのだが、忍者小説のようでもある。様々な特技を持つ泥棒たちが、困難なミッションに挑むという、タイトル通りの内容である。途中で藤八拳が出てくるが、三味線や鉦が入るのと、ルールがちょっと違う(同じ手で続けて3度勝ってはいけない)ようだ。
  • 戦争獣戦争
    久しぶりに山田正紀を読んだ。「神狩り2 リッパー」以来かもしれない。渾身の力作であることは言うまでもない。この様な作品、継続して提供して欲しい。最近、本当に本格的なSF小説が少なくなってきている中、大御所の作品を楽しみにしている。
  • カムパネルラ
    タイムリープ物?パラレルワールド?
    昭和の空気感の表現が凄かった。ラストシーンは好き。閉鎖したデジタル社会に挑むアナログ。
  • SF JACK
    SF短編集。どの話も結構面白かった。おすすめ。
    宮部みゆきさんの「さよならの儀式」とか、ほろっとする。
    個人的には、完全ヴァーチャルの世界で生きる人間たちを描いた山本弘氏の「リアリストたち」が好きかな。それと独特の一人称の形式で書かれた新井素子さんの「あの懐かしい蝉の声は」も良かった。。