伏見威蕃の一覧

「伏見威蕃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/20更新

ユーザーレビュー

  • 暗殺者の追跡 下
    超優秀な暗殺者コートランド・ジェントリーはCIAに呼ばれてプライベートジェットでアメリカへ。その途中でイギリスに立ち寄ったとき、襲撃事件は巻き込まれる。同乗していた囚人が拉致されてしまった。ロシアのスパイからCIAに鞍替えをする途中のゾーヤはCIAの施設で軟禁状態にあった。そこでロシアの将軍である自...続きを読む
  • 暗殺者の追跡 下
    シリーズ第8弾。ジェントリーが乗る飛行機が襲撃に遭い銀行家が連れ去られそれを追うことに。そこのアクションシーンから迫力満点。今作ではゾーヤが再登場し、緊張感が高まり2人はどんどん深くに入り込んでいく。連れ去りの計画とそれを追うジェントリー。戦闘シーンの迫力がさらに増し、そしてジェントリーは追い詰めら...続きを読む
  • 暗殺者の追跡 上
     本シリーズも数えて7作目だ。これまで、主人公ジェントリーの正義漢ぶりにやきもきした場面もあったが、前作くらいから、それが一番大きな魅力になっている。おまけに今までは単独行動が主だったが、本作は、もはやチームとしての活躍だ。全編緩むことなく展開するストーリーに1週間は没入できる。

     最近、仕事上で...続きを読む
  • 暗殺者の飛躍 下
    読む前はCIAのバックアップがついて
    緊張感がなくなってしまうのでは?と不安だらけだったけど、
    前よりも「任務中誰の記憶にも残らない男(グレイマン)」でいるのが難しいアジアでの任務となり、全体的にレベルアップをしている。

    「ただのCIAの隊員」になり下がったわけではなく、一作目から続く
    CIAとし...続きを読む
  • 暗殺者の追跡 下
    マーク・グリーニー『暗殺者の追跡(下)』ハヤカワ文庫。

    グレイマン・シリーズ第8弾。冒険エンターテイメント小説。これほどグレイマンが痛め付けられるのはシリーズ始まって以来ではなかろうか。極めて映画的な活劇が描かれ、なかなか面白い。

    CIAの秘密施設から逃亡したゾーヤ・ザハロワの目的が明らかになり...続きを読む