「伏見威蕃」おすすめ作品一覧

「伏見威蕃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/08更新

ユーザーレビュー

  • 遅刻してくれて、ありがとう(上) 常識が通じない時代の生き方
    【高速回転のコーヒーカップの中心で】テクノロジー,市場,気候変動という3つの要素が著しく加速傾向を見せ,もはやかつての暮らしに戻ることのできない世界をどう生き抜くかを説いた作品。絶え間なき変化の必要性と根強いコミュニティの安定の重要性を軸として筆が進められています。著者は,『フラット化する世界』等の...続きを読む
  • ホース・ソルジャー 上
    9.11からアフガニスタンに降り立つ、米陸軍特殊部隊。既に潜入しているCIA隊員と現地の同盟軍と協力して、馬でも移動をして、目標に近づき、レーザー照射機などで座標を高高度のB-52やF-18伝え、爆撃を行い、騎馬で進行し制圧を行なっていく。
    戦闘中などにも、各兵士の日常や家庭織り交ぜ、個人の想いを描...続きを読む
  • ホース・ソルジャー 下
    下巻
    アフガニスタンにて米陸軍特殊部隊と同盟軍は、タリバンの拠点を騎馬での移動と航空機からの爆撃により制圧を行い、要衝マザリシャリフの攻略を行うも、タリバン兵捕虜の蜂起し、CIA職員か殺され、マザリシャリフは再度戦場となる。

    情景や距離感が掴みづらいけど、地図やマザリシャリフの略図や発生場所などの...続きを読む
  • レッド・プラトーン 14時間の死闘
    アフガン物の戦記。兵士レベルの視点での生の戦闘体験。読んでいる者を戦場のど真ん中に置くようなリアリズム溢れる戦記ものだった。仲間がどんどん撃たれて死んでいく中での兵士の精神状態や極限状態での行動など非常に克明に描かれていた。米軍軍人特有の考え方なのかもしれないが、仲間の遺体を絶対に確保する、そのため...続きを読む
  • 暗殺者の反撃 下
    ひとつ、幕が下りましたね。やっぱり、大きな陰謀に巻き込まれていたと。

    それと、一つ幕が上がりました。CIAに復帰したわけでは無いですが、請負業者?として、CIAからの依頼を受ける様になったようです。ここからは、話が変わっていきますね。

    新シリーズと言ってもいいかもしれません。