白石一郎の一覧

「白石一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/02/07更新

ユーザーレビュー

  • [新装版]真田幸村―「弱者」の必勝戦術ここにあり
    真田三代のことがよく解った。複数の著者によるそれぞれの切口での解説が、同じ内容でも読んでいて飽きなかった。「弱者」だけに、まともなやり方では駄目だという屈折したところが、かえって共感できた。
  • 戦国を斬る
    さすが白石一郎、秀作ぞろい。海や九州を題材にした作品が多いが、本作にも加藤家の
    改易や、竜造寺氏と大友氏の覇権争いに巻き込まれる小領主の悲哀、鳥羽港の女郎宿に
    現れた変わり者の男の話など、読みごたえのある作品が並んでいる。狭い社会や組織の
    中での出世争いや権力闘争、くだらない形式主義や権威主義...続きを読む
  • 海狼伝
    架空人物による時代物。白石一郎の力業ですばらしいエンターテイメントに。竜馬がいくのような壮大な青春小説でお勧めです。続編の海王伝もGOOD,
  • 島原大変
    「凡将譚」の感想を。

    義統、主人公なのに良い所がひとつもないよ・・・義統・・・。

    読み進めるごとに増す「なぜこのひとを武将にした・・・」という絶望感・・・。
    戦に意欲たっぷりなのに空回るわ肝心なところで決められないわ・・・駄目なんじゃあないか。
    大友家のひとたちは義統をもう少し大事にしてあげるべ...続きを読む
  • 海よ 島よ 歴史紀行
    「海」という視点から日本史を眺め多くの歴史小説を残した白石氏のエッセイ集。 興味深いエッセイばかりだが、一つあげるとすれば
    「ああ島原大変」というエッセイ。
    江戸時代、島原半島で起きた
    「島原大変 肥後迷惑」に関するエッセイ。
    ユーモラスな名前だがこれは火山の噴火→山の崩落→大津波の発生という大災害...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!