海狼伝

海狼伝

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【第97回(1987年)直木賞受賞作】
ときは戦国。海と船への憧れを抱いて対馬で育った少年笛太郎は、航海中、瀬戸内海を根城とする村上水軍の海賊衆に捕まり、その手下となって、やがて“海の狼”へと成長していく。日本の海賊の生態をいきいきと描いた、夢とロマンが香る海洋冒険時代小説の最高傑作。「海を舞台にした小説は外国には多い。海洋冒険小説という一つのジャンルが確立しているほどである。四面環海の日本にそれがないというのは、ふしぎな現象だ。(略)日本の海洋小説の一里塚を築けたとすれば、私としては本当にうれしい」(「著者のことば」より)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
475ページ
電子版発売日
2014年10月17日
紙の本の発売
1990年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

海狼伝 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年04月23日

    架空人物による時代物。白石一郎の力業ですばらしいエンターテイメントに。竜馬がいくのような壮大な青春小説でお勧めです。続編の海王伝もGOOD,

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2009年5月
    井上文庫5冊目
    今まで読んだことないタイプだったかも
    かなり面白い。
    歴史ものでもあるし。海賊出てくるし・・・
    ラストがあっけないような気もするけど
    面白い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    読むのをやめようかな
    と思った。
    直木賞受賞で無ければやめてたかも。

    しかし、スルメのような
    読み進めば一気に読んでしまう
    深い味があった。

    続編、海王伝。

    読み始めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月20日

    昔の新潮文庫の1ページにみっちりと印刷された文字は久しぶりだった。けっこうしんどくていつ終わるのかと茫洋とした気分になったりもしたが半分を過ぎた頃ページを繰るごとに海の上を満帆の船が駆けるように加速して読み進められるようになっていた。読書もトレーニングだと思う。地図を見ながら読むと理解が進むのでおす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月04日

    白石一郎という人は、海洋小説か十時半睡かどちらかだと個人的に思っているのですが、この作品は前者。
    ひとりの男の海をめぐる冒険小説にして最高傑作。
    青春とはこういうものだということを実に瑞々しく描いている。
    青春と呼べるかどうかわかりませんが、そういう時期に読めたのはとても運が良かったと思っています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

    97回 1987年(S62)上直木賞受賞作。戦国時代の玄界灘、瀬戸内海を暴れまわる海賊の話。主人公と相棒、敵、ヒロインたち、それぞれが背負った過去があって出会い、惹かれあい、戦う。おもしろい。おすすめ。受賞から十年後に『ONE PIECE』の連載が始まっている。尾田栄一郎さんもこの小説を読んだにちが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月15日

    海狼伝 (文春文庫)
    第97回直木賞 主人公:笛太郎の対馬・瀬戸内海を舞台とした海洋小説。その当時の海賊衆の生き様や陸にいる武将達(織田・毛利・石山本願寺など)との接触についても描かれてあり角度の違った見方ができて面白かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月26日

    日本の水軍(海賊)という題材にまず目新しさあり。登場人物のキャラ立ちもまずまずで、読みごたえあり。ただ続編ありきの「第1部」って感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月04日

    海の男描いた珍しい小説。村上水軍の当時の様が丁寧に描かれており大変面白い。信長とニアミスするところもあり。しかし小説家というのはすごい職業であることをつくずく感じる。文献をひもときながら物語を紡いでいく。地道な作業の繰り返しなのだろう。描写は船作りも含めてものすごい参考になるが最後のシーンは勿体無い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月14日

    全1巻。
    船乗りの話。
    この人の時代物はサムライの海以来。
    忘れてるけど。

    普通の青年が成長してく。
    実はすごい的な。
    今で言う中二病的な?
    この人はこういう主人公上手い。
    好き。

    信長とかがチラっと出てくるけど、
    基本関係ない。
    村上海賊とかあそこらへんが舞台。
    ワクワクする。

    1巻完結だけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています