海のサムライたち

海のサムライたち

作者名 :
通常価格 530円 (税込)
紙の本 [参考] 534円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

海に薄情な日本人よ。かつてこの島国には、海のサムライたちがいたではないか。日本よ海に熱くなれ――!
古代の海賊王・藤原純友、村上海賊衆と松浦党、九鬼嘉隆や小西行長などの戦国武将、さらには三浦按針、山田長政、鄭成功。国境を越えて戦い抜いた英雄の生涯を、海洋小説の第一人者が愛惜を込めて描く歴史エッセイ。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年12月05日
紙の本の発売
2004年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2012年12月26日

 四方を海に囲まれながら海に無関心の日本人。歴史も陸の視点から描かれる事が多い。しかし日本には海に生き、死んでいった誇るべき男たちがいた。古くは藤原純友から、日中混血児の鄭成功まで幅広く語る。最後は幕府の鎖国政策の悪しき影響について述べることで締めくくる。
 歴史にとって最も大切なのは"i...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月18日

海に生きた人々の紹介兼白石さんの海洋時代小説履歴、みたいな本。各人物ほんのさわりだけ、または資料が残っておらず想像に頼る所も結構ありますが、大概陸地を基準に語られる歴史のなかで、海からという新しい視点を教えてもらいました。とても新鮮でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月05日

カヤック知り合いのBLOGで知った「白石一郎」の本を読んでみました。手始めに軽めのエッセイの1冊『海のサムライたち』を選びました。

私は「海賊」好き、帆船小説大好きなのですが、日本のお話というのは全くといってイイほど知らない。(もともと日本史は大の苦手)今回、この本を読んで、「村上水軍」とか名前を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月09日

海と船が大好き・白石氏のオススメな男たちを一冊にまとめてあります。
小西以外にも、藤原純友・村上武吉・松浦家・九鬼嘉隆・三浦按針・山田長政・荒木宗太郎・鄭成功などがヒューチャリングされています。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています