プロフィール

  • 作者名:木内一裕(キウチカズヒロ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年09月14日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:マンガ家

東京デザイナー学院九州校卒。1983年『BE-BOP-HIGHSCHOOL』でデビュー。この作品は第12回講談社漫画賞一般部門を受賞し、映画化、テレビドラマ化、アニメ化され、代表作となった。また、漫画原作者・映画監督・脚本家としても活動。『藁の楯』、『神様の贈り物』、『バードドッグ』などの小説も手がける。

作品一覧

  • 一万両の首  鍵屋ノ辻始末異聞
    4.0
    1巻2,189円 (税込)
    時は寛永、戦乱の世からわずか15年。 男たちが自らの生き様を貫けた最後の時代。 「日本三大仇討ち」の裏にあったのは ここでしか生きられなかった武士(もののふ)の矜持(プライド)。 生きるため、命はとうに棄てた男たち。 たったひとりの小姓の命から巻き起こる、 旗本8万騎vs.外様大名31万石vs.浪人(アウトロー)10万人の激突。 寛永7年。事の始まりは備前岡山藩で起きた殺人事件だった。主君の寵愛を受ける小姓を惨殺し、追われる身となった河合又五郎は江戸に逃れ、旗本・兼松又四郎に匿われる。 一方、江戸の長屋に暮らす浪人の市岡誠一郎。用心棒などで糊口を凌ぐ日々の中「腕の立つ剣客を探している」という呼びかけで、ある屋敷を訪れることになる。 河合又五郎、兼松又四郎、そして市岡誠一郎。 3人の武士がそれぞれの矜持が相まみえるとき、本当の「戦国」が終わる。 日本三代仇討ち「鍵屋ノ辻の決闘」の背景には、本物の侍がいた。 『藁の楯』『アウト&アウト』の著者が初めて挑む 「もうひとつ」の真実を描く「新・時代小説」
  • ブラックガード
    3.5
    1巻770円 (税込)
    きっかけは、謎の資産家からの依頼だった。 2億円の価値ある商品。 購入の条件はただ一つ。 最も危険な探偵を雇うこと。 小学三年生の娘と二人暮らしの私立探偵・矢能。久しぶりの仕事は「2億円の商品取引」の交渉人。 だが、なぜ彼が選ばれたのかは明かされなかった。 そして、取引現場で目的不明の殺人が起きる。 立て続けに起きる誘拐と殺人。 次々に現れる新たな依頼人と行方不明者。 シリーズ史上、最も難解な事件の幕が上がる。 元ヤクザの探偵×掟破りのミステリー 「なにが起こっているんです?」「俺にもわからん」 「矢能シリーズ」第5作!
  • バッド・コップ・スクワッド
    3.9
    1巻1,771円 (税込)
    「私のいる場所が正義だなんて誰が言った」 5人の刑事の最低な1日の、最悪な選択。 「彼は法を破ってでも、君を救ってくれるのか?」 違法捜査 昇任試験 監察官室 追跡 6億3000万円 小心者 人質家族 逃走経路 管理官 埼玉県警武南警察署 警視庁捜査一課特殊犯捜査…… 正義と悪の狭間を行く5人の刑事の行き着く先は……!? 誰も見たことのない、衝撃の警察小説誕生!
  • 小麦の法廷
    値引きあり
    4.4
    1巻523円 (税込)
    自分以外、全員敵。 掟破りの裁判が始まる。 杉浦小麦、25歳。新人女性弁護士。 彼女にとっての初めての刑事裁判は、1日で公判が終わるような仲間内で起きた傷害事件。 被疑者との面会を終えて拘置所を出た小麦は、大勢のマスコミに囲まれてしまう。 「あなたは殺人犯のアリバイ作りに協力しているんですか!?」 --えっ! なに? どういうこと!? 彼女が引き受けた取るに足らない国選弁護の仕事は、やがて世間を震撼させる大事件へと変貌する。 敵は法律を知り尽くした悪党と、司法の穴。 それでも、私は、私の正義のために闘う。 捜査機関にはできなくて、弁護人にはできることは。
  • 飛べないカラス
    3.5
    1巻748円 (税込)
    規格外の新主人公(ニューヒーロー)誕生! すべてを失った男に舞い込んだシンプルな「超難問」 「娘が幸せかどうか確かめてきてほしい」 1億円の行方と、謎の女と、仕掛けられた過去。 冒険は、この依頼から始まった。 俺の幸運は、不幸の始まり……の、はずだった。 元売れない俳優で元起業経営者。元犯罪被害者で元受刑者。 納得しようのない罪での服役を終えた加納健太郎への奇妙な依頼は、彼を運命の女(ファム・ファタール)へと導いた。 笑い、驚き、涙する。すべてが詰まった究極のエンターテインメント!
  • ドッグレース
    3.9
    1巻726円 (税込)
    矢能シリーズ史上最悪の状況に追い込まれた探偵・矢能。ピンチと興奮の渦に巻き込まれ、歯を食いしばりながら一気読み必死。鬱憤を吹き飛ばす極上の木内エンターテインメントに乗り遅れるな!!
  • 嘘ですけど、なにか?
    4.0
    1巻748円 (税込)
    やっと出会えたはずの高級官僚の男は、新幹線爆破テロの発生直後から様子がおかしくなる。怪しんだ彼女が警察に通報すると、待っていたのは自分自身の逮捕だった。木内一裕10作目は、完全エンターテインメント大作!
  • 不愉快犯
    3.6
    1巻792円 (税込)
    人気ミステリー作家・成宮彰一郎の妻が行方不明になった。殺害現場とされた潰れたビデオ販売店には、大量の血痕と成宮の靴跡が。「遺体なき殺人」の容疑で逮捕・起訴された成宮の、邪悪なる「完全犯罪」プランとは? 天才悪役が、警察を、司法を、マスコミを翻弄する前代未聞の犯罪エンターテインメント小説!
  • バードドッグ
    4.0
    1巻704円 (税込)
    「謎解きはどうでもいい、犯人は俺が決める」容疑者は全員、アリバイなし、動機ありのヤクザたち。日本最大の暴力団、菱口組系の組長が姿を消した。殺されているのは確実だが警察には届けられない。調査を依頼された元ヤクザの探偵・矢能。容疑者は動機充分のヤクザ達。内部犯行か抗争か。だが同じ頃、失踪に関わる一人の主婦も行方不明になっていることが発覚する。最も危険な探偵の、物騒な推理が始まる。
  • 喧嘩猿
    3.0
    1巻726円 (税込)
    生きて、死ぬだけ。幕末アウトロー揃い踏み! 時は幕末。十六歳の捨吉は名刀・池田鬼神丸と自分の左眼を奪った「黒駒の勝蔵」を追って故郷を飛び出す。千に一つの島破りを成功させた伝説のやくざ「武居の吃安」と出会った彼は、やがて凄絶なる戦いの渦に巻き込まれてゆく。「森の石松」が次郎長の子分となる前の若き姿を描くアウトロー講談小説登場!※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    試し読み

    フォロー
  • 神様の贈り物
    4.1
    1巻649円 (税込)
    無表情で無反応。全てに無関心な殺し屋チャンスは、バスジャック事件に遭遇し一躍ヒーローになった。だが、恩人に頭を撃ち抜かれ、死の淵から奇跡的に甦った彼の目に映る世界は、劇的に変化していた。「水は美味しく花は美しい」。脳の障害を取り除かれ「心」を手に入れたチャンスは自分の過去と対峙していく。
  • デッドボール
    4.0
    1巻660円 (税込)
    仕事なし、彼女なし、借金あり。とにかくツイてない。律儀なことが唯一の取り柄。そんなノボルに持ちかけられたのは、絶対に失敗するはずのない完全誘拐計画。その報酬は一千万円。人生を立て直すためのたった一度の犯罪。そう誓って受けたこの仕事。だが彼は、身に覚えのない事件の殺人犯になっていた。(講談社文庫)
  • アウト&アウト
    4.1
    1巻691円 (税込)
    探偵見習いで元ヤクザ。矢能(やの)が呼び出された先で出くわしたのは、死体となった依頼主と妙な覆面を被った若い男。図らずも目撃者となり、窮地に追い込まれた矢能。しかし覆面男は意外な方法で彼を解放した。これが周到に用意した殺人計画の唯一の誤算になることも知らずに。最も危険な探偵の反撃が始まる。 (講談社文庫)
  • 藁の楯
    3.6
    1巻693円 (税込)
    2人の少女を惨殺した殺人鬼の命に10億の値がついた。いつ、どこで、誰が襲ってくるか予測のつかない中、福岡から東京までの移送を命じられた5人の警察官。命を懸けて「人間の屑」の楯となることにどんな意味があるのか? 警察官としての任務、人としての正義。その狭間で男たちは別々の道を歩き出す。 (講談社文庫)
  • キッド
    4.0
    1巻770円 (税込)
    きっかけは近所の煙草屋の少女からのSOS。ちっぽけなビリヤード場を経営する二十歳の兄(アン)ちゃんが出向いてみると死体が一つ。その死体を巡って事態は命を懸けた戦いへと発展してゆく。放火、リフォーム詐欺、死体遺棄、誘拐!? 恐るべき小僧が過剰な人助けに奔走する痛快・疾走エンターテインメント登場! (講談社文庫)
  • 水の中の犬
    3.8
    1巻814円 (税込)
    探偵の元にやってきた1人の女性の望みは恋人の弟が「死ぬこと」。誰かが死ななければ解決しない問題は確かにある。だがそれは願えば叶うものではなかった。追いつめられた女性を救うため、解決しようのない依頼を引き受けた探偵を襲う連鎖する悪意と暴力。それらはやがて自身の封印された記憶を解き放つ。 (講談社文庫)
  • 一万両の首  鍵屋ノ辻始末異聞

    Posted by ブクログ

    ウイットに富んだちょいワルダークヒーローものが秀逸な作家だと思っていたので、時代ものもいけるやん、と思った。しかし昔は子供の頃からの教育で武士道が徹底していたんだねえ。モノノフの意気みたいな熱いものを感じた。死んではならんのやけど。

    0
    2024年04月17日
  • ドッグレース

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    木内作品、コンプリートしているはずが、読み友さんの感想を読んで、なんと!1冊読んでいなかった~ あぶなーい。矢能シリーズ4作目。今回の矢能の敵はヤクザ、刑事、マル暴。顔見知りを放っておくと死刑になる冤罪事件。そいつが刑事に矢能を呼んでくれ!から話しが始まる。女性弁護士伝手に矢能がこの事件の重要人物を探り出す。矢能のクレバーさ、男気には惚れてしまう。しかし今回も手に汗握る展開へ。矢能の相手に損をさせないよう仕組む交渉術がオンリーワンの登場人物。今回、小学校3年生の栞と矢能との関係性が徐々に強くなっていく。⑤

    0
    2024年03月17日
  • バッド・コップ・スクワッド

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    久しぶりに木内作品、ジェットコースター・ストーリーが心地よく、最後まで手に汗握る展開。埼玉県警の巡査部長・菊島を巡るヤバイ話し。二週間前に発生した強盗傷害事件を追っていた5人チーム、そのうち女性刑事・真樹が無防備の被疑者を誤射し殺害するが犯人・澤田を確保。さらに6億円も手に入れる。しかしすぐにチームの警官・新田が拉致される。犯人は仲間割れの田中。田中は新田の命と金でとり引きする。そこで菊島は田中を騙し、まんまと4億を手に入れる。田中が激怒し、菊島チームと最後の決戦、ラスト攻防、菊島の決断も潔かった!!⑤

    0
    2023年12月22日
  • 一万両の首  鍵屋ノ辻始末異聞

    Posted by ブクログ

    少し甘いが評価:5にしたのは今後の期待込みで。稀代のストーリテラーである著者が、時代小説に挑戦したその敢闘精神にも拍手。時代小説としてはまだ物足りなさもあるが、物語の面白さがそれを感じさせない。まだ徳川治世がいきわたっていない寛永年間での外様と旗本の因縁模様、力関係に苦慮する智慧伊豆をはじめとする幕閣閣僚陣と、大坂の陣の経験者がぞろぞろしている中で改易で増大する浪人たち、これらが入り乱れての人間模様が上手く描かれている。2作目も大いに期待できる第二の処女作。

    0
    2023年12月08日
  • 一万両の首  鍵屋ノ辻始末異聞

    Posted by ブクログ

    私の中では、尊敬している青山文平さんと同じくらい楽しく読めました。木内一裕さんは、時代小説もこれから待ち遠しいです。

    0
    2023年12月05日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!