市田泉の作品一覧

「市田泉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/04/18更新

ユーザーレビュー

  • 九月と七月の姉妹
    九月生まれのセプテンバーと七月生まれのジュライ。十ヶ月違いの姉妹である二人は、母親すら入り込めないほど互いに強く結ばれていた。学校で起こしたある事件がきっかけで母娘は海辺に立つ〈セトルハウス〉に引っ越してきたが、塞ぎ込んで部屋に籠る母をよそに姉妹は遊ぶ。だが、なにもかも二人一緒の季節は終わりを迎えよ...続きを読む
  • いずれすべては海の中に
    13編の短編が収められている。うち3編はやや長め。
    ほとんどがSF的な設定となっているが、SFを全面に押し出すのではなく、SF的世界の中における人間の感情や生き方が描かれているという感じ。
    丁寧に静かな文体で書かれていてじっくりと浸りながら読める。
    特に後半の4編はそれなりの長さがあることもありテー...続きを読む
  • ハウルの動く城 1 魔法使いハウルと火の悪魔
    子供の頃に大好きだった本で、今手元にないためまた買いましたw 何度読んだか知れない本ですが、子供の頃にはわからなかったハウルやソフィーの心の機微が大人になった今はまた少しよくわかるようになって、新鮮な気持ちで読めました。名作は何度読んでも面白いものですね… 今2巻、3巻を読もうかどうしようか悩んでま...続きを読む
  • ずっとお城で暮らしてる
    ユニコーンは処女にしか懐かない、翼の生えた馬もきっと同じなのだろい。なぜなら、清らかなふたりを月の上へ連れて行ってくれたから。

    家族を毒殺した理由は書かれていなかったが、サマーハウスでの記述を見ると家族の一員として大切にされていなかった様子がうかがえる。これがひとつの大きな原因なのだろう。
  • 九月と七月の姉妹
    読み始めた段階で、姉妹の結びつきが限りなく強固なものであることは察せられるのだけれど、ここまでとは。恐れと憎しみ、身を捧げるほどの愛。
    10ヶ月違いで生まれた姉に支配され、眠りに飲み込まれて心を病んでいるのかと思っていたら、あの日のショックを受け止めきれないまま日々を過ごしていたのだと分かって、一気...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!