田房永子の作品一覧

「田房永子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:田房永子(タブサエイコ)
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

武蔵野美術大学短期大学部美術科卒。『母がしんどい』『ママだって、人間』などの作品を手がける。

作品一覧

2024/05/02更新

ユーザーレビュー

  • 男社会がしんどい ~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~
    誰かが感じていることや世の中で報じられることは自分が関与しうる社会で起きていること
    誰かの痛みや苦しみはその人自身が感じるものであって評価されるようなものでもない
    自分自身が感じている苦しみとは別のものとしてこの本に書かれている苦しみを捉えると、苦しみを訴える内容が伝わってくる
  • いつになったらキレイになるの?~私のぐるぐる美容道

    パーソナルカラー診断で爆笑

    パーソナルカラー講師の発言に爆笑
    「田伏さんに似合うのは笑点の歌丸さんの黄緑と木久扇さんの黄色です」
    わたしもイエベスプリングだからわかりすぎました笑笑
  • キレる私をやめたい ~夫をグーで殴る妻をやめるまで~
    怒りは6秒で収まらないし、衝動に駆られることがある。止めたいけど、どうしたらよいか分からないという方にオススメなエッセイ漫画。

    作者は夫を殴ったり、物を投げたり、警察を呼んでしまったりとヘビーな状況だった。その原因は、幼少期からの母の支配や否定され続けたこと。そこからキレなくなるまで、文章やイラス...続きを読む
  • 上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!
    少し前にコテンラジオの「性の歴史」で女性の人権が認められるようになってきたのは歴史的にもつい最近だと聞いたことと、本書で団塊の世代以降の母や女性の姿が語られていたことがリンクして、自分の母や義母や妻や妹や娘たちも思い浮かべながらリアルに女性の気持ちを想像することができた。

    お互いに踏み込まない、気...続きを読む
  • 人間関係のモヤモヤは3日で片付く -忘れられない嫌なヤツも、毎日顔を合わせる夫も-
    人間関係のモヤモヤを自分のできる方法(しかも目新しい)で解決できるスキルを紹介したコミックエッセイ。とても読みやすく、しっくりきて、3度読みました。モヤモヤがやってきたらまた読み返そうと思います。
    基本は、「自分の心を大切にしてあげる」ということ。気をつけていこうと思いました。

    元になっているのは...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!