田房永子の一覧

「田房永子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:田房永子(タブサエイコ)
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

武蔵野美術大学短期大学部美術科卒。『母がしんどい』『ママだって、人間』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/11/02更新

ユーザーレビュー

  • 続 学校に行きたくない君へ 大先輩たちが語る生き方のヒント。
    全国不登校新聞の記者たち(元不登校経験者)達が、著名人にインタビューする。

    インタビューする側もされる側も真剣に受け答えしているのがわかる。
    また説教的ではなく、いろいろな考え方を尊重している記事なのが良いところ。

    気になったフレーズ

    ・ヨシタケシンスケ
    一番きつかった時期に考えていたのは、「...続きを読む
  • しんどい母から逃げる!! ~いったん親のせいにしてみたら案外うまくいった~
    共感しかない。最後のシートで泣きました。
     苦しんでいる人がいたら、まずは自分は悪くなかった、から実践あるのみ!
  • 男しか行けない場所に女が行ってきました
    この本はただのエロレポートではない。作者はこれでもかこれでもかと男性のショーもなさ過ぎる性欲発散方法について読者に突きつけてくる。男は自分達は開放的な性活動を行っているのに女が同じ事をしようとすると途端に軽蔑視したりする。この身勝手さ。この身勝手さは性風俗に限らず色々な場面で遭遇する。日本の男性はも...続きを読む
  • 男社会がしんどい ~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~
    私が男性が嫌いな理由はこれだったんですね。私は作者同様の視線で男性を捉えています。
     ホモソーシャルという性愛を伴わない男同士の絆。小さい頃から強くあれと育てられ本当は弱い自分を乗り越えられず母と同性の女性を支配下に置いてやっと自分は強くなったと安心する。本来であればこういった葛藤は自分の中で折り合...続きを読む
  • 「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました
    『母がしんどい』『キレる私をやめたい』などなど、田房さんの本をいろいろ読んできたけど、ずっと一本筋が通っていて、ぶれなくて、それでいて読むたび新しくて進化していてみんなにわかりやすくて、、すごい。すごく面白い。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!