上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本の何が問題なのか?
母娘問題、セクハラ、結婚・恋愛・子育て、団塊世代と大学闘争、性暴力などについて徹底的に語り合った7時間!

◆もくじ◆
はじめに 田房永子

第1章 女はどうしてこんなに大変なの?
母のふたつのメッセージ。「手に職つけろ」と「結婚して子どもを産め」
団塊母とロスジェネ娘、価値観のねじれ
1960年代の大学闘争。その時、母は? 上野千鶴子は?
彼女が毒母になったワケ
母から娘へ、暴力の連鎖を止めるには
「おまえのため」は「私のため」だった
母も、そのまた母も、女はいつの時代も大変!
団塊世代はこうして生まれた
お母さんに認めてほしかったお母さん
すべての母は抑圧的
当事者にならない団塊父
母という名の女には勝てやしない

第2章 女はどうやって闘ってきた? どうやって闘えばいいの?
個人的なことは政治的なこと
性革命とウーマンリブ
上野千鶴子がフェミニストになったワケ
ジーパンで性的主体性を取り戻した!?
A面とB面/市場と家族
障害者運動とフェミニズム。優生保護法改悪反対運動
働く女と専業主婦の分断は誰のせい?
「活動専業・主婦」たちの闘い方
幼保無償化は女を分断する

第3章 結婚・恋愛・子育てについて真剣に考えてみる
戦場を非日常に移した女たち
「一人一殺」。家庭から社会を変える!
男が自発的に変わらないのは「男ボーナス」があるから
結婚、恋愛、ナメンなよ!
半世紀たって女の結婚願望は変わった?
「花嫁候補」から「戦力」になった女性社員
子どもを産むのは親のエゴイズム
ナメたツケは子どもに回る
子どもには干渉するのに夫に踏み込まない妻、妻から逃げる夫
手を抜かない交渉を続けないと夫婦の関係は変わらない

第4章 フェミニズムと性の話。おっさん的想像力よ、さようなら!
That's very オヤジ!? That's very 東大!?
娘の母として性を考える
おっさん的想像力を撲滅したい!
息子の母として「性」を考える
「フェミニスト=性に厳格」という思い込み
モテる女はおとせる女?
私たちは山ほど洗脳されている!
子ども向けアニメ・漫画で進む男子と女子のミスマッチ
オーガズム、それが私の革命!

第5章 私はフェミニスト!
フェミニストはモテない、嫌われる、いじられる?
テレビ番組やCMは炎上して学習してもらえばいい
フェミニストのイメージが変わってきた!
男は権力の側にいることを自覚している
「フェミニスト=男になりたい女」という誤解
女も戦争に行ってはじめて平等?
フェミニズムは学校で教えられるものか?
戦争神経症の問題はホモソの象徴
フェミニズムは女が女であることを愛し、受け入れる思想
私はフェミニスト!

おわりに 上野千鶴子

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
大和書房
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年04月03日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

書店員のおすすめ

近年、話題になることの多い「フェミニズム」。興味はあるけど難しそう…。結局フェミニズムって何だろう? そんな人に向けた、令和のフェミニズム入門書を紹介します!
本書は、社会学者・上野千鶴子先生と漫画家・田房永子先生の、フェミニズムに関する対談がまとめられています。この本が入門書として特にオススメなのは、上野先生と田房先生お二人の会話形式で進むため、分かりやすく、肩肘張らずに読むことができる点です。専門用語は必ず説明がつきますので、知識「ゼロから」でも問題なく歴史を学べます。本書ではフェミニズムを、仕事や恋愛、子育てなどの身近なトピックのなかに落とし込みながら紹介しています。読みながら「あの時感じていたモヤモヤって、フェミニズムの問題だったのか!」とスッキリすること間違いなし! ちなみに私はかなりスッキリしました(笑)。
フェミニズム、なぜか気になるけど、なんとなく足踏みしてしまう。そんなあなたにこそオススメの一冊です。

上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    フェミニズム運動の大家である上野先生と様々な女性の立場で葛藤を描いたエッセイを描く漫画家の田房さんによる対談本。上野先生の「フェミニズムは女にとって、自分と和解するための闘いだもの。」、「フェミニストは自己申告概念だから、そう名乗った人がフェミなのよ。」という言葉が印象的でした。漫画を添えて、男性が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    勉強になりました!フェミニズムという言葉は聞いたことがあったけれど、どういうことをフェミニズムと呼ぶのかわからなくて、読み終わった後もまだ完全には理解していないけれど。
    今、当たり前のように受けている教育とか、働きかたとか、昔は女性に対する差別がひどくて、それらと闘ってきた女性の先輩たちがいたから今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    最近興味深く、よく考えるフェミニズムについて。東大入学式の式辞から上野先生に興味津々。女性の権利、平等について声を大にしてくれているエマワトソンもさらに好きになっている。

    例えば、天皇陛下がプロポーズで雅子さんに「一生全力でお守りします」と言ったこと。この言葉にキュンときた女とゲッて思った女がいる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月15日

    21年間女性として生きてきて、男性と平等だと思って生活してきたが、まだまだ不平等な社会であるという事を知った。しかし、私の母や祖父の時代と比較してみると、この50年ほどの短期間で、女性の社会的地位は驚くほど向上していることに気づいた。女性が自ら権利を主張することで、社会は少しづつ変わっていくのだと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月07日

    上野先生も田房さんも、「そうそれ!!よくぞ言ってくださいました…!」の連発。本文で上野先生が「経験は言語化されて初めて経験になる」といった旨のことを言っていてまさにその通りの体験をした1冊だった。読むとめちゃくちゃ元気になる。田房さんのコミックも読みたいし、今後どんな表現でフェミニズムに臨んでくださ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月26日

    上野先生の話はとても分かりやすくて目から鱗で、聞き手の田房さんという方も、素晴らしい聞き手だと思った。
    個人的なことは政治的なこと。
    平等に扱われるために、男と同じになる必要はないし、男と同じになることは、既得権益側に立つということだから、私たちは弱いままでいい。
    男社会で働き、その中で子どもを育て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月01日

    最近なにかと目にする「フェミニズム」についての入門書。
    フェミニズムの言葉の意味は知っていたが、その歴史について知らなかったので、勉強になった。
    とても読みやすく、おすすめです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月31日

    知ってたつもりだったことが、スッキリと整理されたように思います。今までと違った見方をしたり、新しいことを言ったりすると、出る杭は打たれるのは世の中の常ですが、フェミニストは頑張ってきたことがわかりました。母、夫、子どもとの関係を見つめ直すきったけになりそうです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月22日

    卒論の参考になればと思い読んだ。声を上げる、それを続けることの重要性が心に刺さった。自分らしく生きるためにはそのための行動が必要だし、我慢せず理解し合える社会にもっとなればいいなと感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

    わー、めちゃくちゃ面白かった!最高の入門書!
    生きてることが当事者運動、みたいな私にとってはとても勉強になりました。笑 自分自身をフェミと思ってないけど、居心地よく感じるのは「フェミとは多様性。一人一派かそれ以上ある」世界だからだと気づいた。
    20代半ばくらいでこの本に出会えていたら(出版されてない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています