「大島弓子」おすすめ作品一覧

「大島弓子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大島弓子(オオシマユミコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1947年08月31日
  • 出身地:日本 / 栃木県
  • 職業:マンガ家

栃木県立大田原女子高等学校卒。 1968年『ポーラの涙』でデビュー。『綿の国星』で第3回講談社漫画賞少女部門受賞、劇場アニメ化もされた。『ミモザ館でつかまえて』で第2回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。その他に『グーグーだって猫である』、『つるばらつるばら』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/03/10更新

ユーザーレビュー

  • バナナブレッドのプディング
    初めて読んだときは「繊細すぎてついてけない。『つるばらつるばら』の方が成熟してて好き」とか思っていたが、改めて読み返してみると熱烈なファンがいるのも分かる大傑作でした。壊れそうで脆そうだけど、どこかふてぶてしい少女達と、とてつもなく優しい青年の世界。唯一無二です。大島さんと同時代に生きているだけで幸...続きを読む
  • バナナブレッドのプディング
    もう 何十年も前からの愛読書 古く 紙も変色してきているけど…これは漫画というジャンルを超えてる名作だと思う
    何故か?心が折れそうになった時に 読んでは 結局 涙してしまう。青春時代と心は変化していないのか?って思えるくらい 。本屋さんで 大島 弓子さんの作品を見つけ出すのは 困難かもしれないが、是...続きを読む
  • キャットニップ 1.

    すてき

    大島先生の優しさに読んでて涙が出ました。
  • グーグーだって猫である1
     大好きな穂村弘のエッセイでたびたび語られる大島弓子氏。自費出版した最初の歌集、『シンジケート』の帯コメントを彼女に頼みたく、吉祥寺のアパートを探し歩いたというのは有名な話。2018年こそはと、気になっていたこの一冊をようやく手に取った。読めばなるほど、どうしてほむほむの琴線に触れたのかがよおく分か...続きを読む
  • バナナブレッドのプディング
    ヒーヒズヒムが特に気に入った。ある時期の女の子というものは痛々しさを抱えているもので、それはわりと普遍的なんだなと自分の過去を思い返しながら「イタタタ……」となりつつ共感した。恋に恋する姿は感受性の高さの表れなのかもしれない。

特集