「寺島実郎」おすすめ作品一覧

「寺島実郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/09更新

ユーザーレビュー

  • 何のために働くのか 自分を創る生き方
    著者の「世界を知る力」に引き続いて読んだので、多少重複部分はあったが、またしても今までの自分の価値観に照らして腹落ちした部分が多く、自分の人生観を検証する意味でも、いい読書でした。
    そのポイントは、一つは「素心」でいること。何事も、謙虚さを持って、ヒトや物事に対面することの重要性。
    もう一つは「情報...続きを読む
  • 世界を知る力
    著者の、全体を俯瞰して、相互の関係性を読み解き考えることで知を形成するアプローチに深く共感しました。また、ご自身の原点であるフィールドワークという自らの経験を通じて、価値観を磨くという手法も。
    「相関という知」の章での、大中華圏・ユニオンジャック・ユダヤネットワークに関する論は、たへん参考になりまし...続きを読む
  • 世界を知る力
    自分の目で見て、現場に行って声を聞いてくること。観察すること。それによって見えてくる。どちらにしてもフィルターがかかるが、アメリカというフィルターなしでみられれればそれにこしたことはない。
    1805年に通商関係をロシア側の要求を断って、蝦夷地域(今の北海道)の警護を命じているところがすごい。
    そして...続きを読む
  • 世界を知る力 日本創生編
    東日本大震災から6ヶ月後に出版された「3.11以降の日本を考える」ための書。
    千年に一度の大事件から2年が経つが、基本的に現在でもここで述べられていることは有効である。むしろ現実が進歩していない。
    「3.11以降の日本を考えるとき、安易な希望や絶望はいらない。根拠のない楽観に一喜一憂するのでなく、筋...続きを読む
  • 時代を見つめる「目」
    不安を解決するのに精神論ばかりじゃだめですね。
    複雑に見えることを俯瞰してみるとすっきりと見えてくるのですね。
    日本を愛するとはどういうことか。
    そのままを見るとはどういうことか。
    その上で建設的に考えるとはどういうことか。
    それがわかるように思います。