若き日本の肖像―一九〇〇年、欧州への旅―

若き日本の肖像―一九〇〇年、欧州への旅―

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

西暦1900年――。『坂の上の雲』の主人公・秋山真之や英留学に向かう途上の漱石はパリ万博を訪れていた。そしてロンドンに南方熊楠、ウィーンには青山光子。二十世紀を迎える欧州で、新しい世紀の熱い息吹に触れた若き日本人たちの精神と足跡を辿り、近代日本の源流と歴史の深層を見つめ直す。新潮選書『二十世紀から何を学ぶか(上)―一九〇〇年への旅 欧州と出会った若き日本―』改題。※新潮文庫に掲載の写真は、電子版には収録しておりません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年01月30日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

若き日本の肖像―一九〇〇年、欧州への旅― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月31日

    1900年に海外に行った日本人を通して日本を見る一冊。

    その当時の時代の空気感がよくわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月22日

     本書はもともと2000年に単行本として出版されたものを2007年に選書化し、文庫化するにあたって2006~7年に書かれたエッセイ2編を付している。だから、基本的にはミレニアムを迎えるにあたって100年前を振り返るというスタンスで書かれている。また、その基本には昨今の日本が米国を通して世界を見る状況...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています