「安田浩一」おすすめ作品一覧

「安田浩一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/10/07更新

ユーザーレビュー

  • 沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか
     「沖縄」といって思い浮かべるものは何ですか。青く広い空と海…基地の島。日本であるはずの沖縄が蔑(ないがし)ろにされ続けてきた歴史と現状に思いの至らない人には、是非一読してほしい好著です。
     本土の捨て石として過酷な戦争の舞台とされ、多くの住民が命を奪われました。戦争が終わると、日本の独立と引き換え...続きを読む
  • 沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか
     百田尚樹の発言をきっかけに沖縄の二紙の新聞記者達への取材を通して沖縄の問題を見つめる。

     琉球新報と沖縄タイムスの記者達への取材から沖縄の歴史と問題の本当の姿が明らかになっていく。内地の人達の心ない認識は沖縄の今までの流れや状況を無視していることがよく分かる。
     さらに、20年前の集会で演説した...続きを読む
  • ネットと愛国
    タイトルや帯だけを見れば在特会を論駁する著書なのかと勘違いするかもしれないが決してそうではない。メディアが写さなかった在特会側の人間のリアルと被害者側の在日韓国人のリアルを見事に書かれている。日本人と在日韓国人の間でも必ずわかりあえる事ができるはずという著者の誠実な気持ちがものすごく感じた。
  • ネット私刑(リンチ)
     ネット上から実生活に直結する攻撃を不特定多数に受けるネット私刑。

     本の発売のすぐ前の川崎中学生殺人事件と大津いじめ事件などのネット私刑が書かれているのだが、その有り様は本当にひどい。全く無関係の人に間違って行われる膨大な嫌がらせ。もちろん加害者本人に対してだとしても許されるものではない。
    ...続きを読む
  • ルポ 差別と貧困の外国人労働者
    「では、日本人の側は、本当に我々ブラジル人と交流したいと望んでいるのですか?」
    自分が生きるこの日本のどこかで…もしかしたら目と鼻の先で…虐げられ続けている人たちがいることを知ることで、彼らの視点を知ることで、自分たちの見えていなかった日本の別の姿が見えてくる。

    すなわち、外からやってくる人たちに...続きを読む