安田浩一の作品一覧

「安田浩一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2023/07/21更新

ユーザーレビュー

  • なぜ市民は〝座り込む〟のか 基地の島・沖縄の実像、戦争の記憶
    近年、沖縄の基地反対闘争をあざ笑う発言が耳目を集めている。その代表がひろゆきの辺野古座り込み抗議行動への、言葉尻をとらえた揶揄だ。ひろゆきは、座り込み抗議が終わって誰もいない夕方に現場を訪ね、「座り込み抗議3011日」の看板前で自身の記念写真を撮り、「0日にした方がよくね?」とうそぶいたのである。
    ...続きを読む
  • なぜ市民は〝座り込む〟のか 基地の島・沖縄の実像、戦争の記憶
    圧倒的な凄まじい怒り。
    ヘイトの底に蔓延る差別意識。
    言ってる方はきっと気づかないことや、言われてる方からすると哀れにしか感じないことも。
    本土にとっての沖縄は所詮他人事でニンビー。
    だから戦うし抗い続ける。
    そう、俺もだ。
    安田さん、こんなに沖縄を想ってくれてありがとうございます。
    座り込むし、立...続きを読む
  • 戦争とバスタオル
    ようやく読めた。
    戦争加害から目を逸らしてはいけない。
    そのメッセージを本文からたくさん受け取った。
    「鬼にされた」、だから記憶を手放さないの言葉はすごくすごく重い。
    知ること。なかったことにしないこと。考え続けること。
  • 戦争とバスタオル
    お風呂は究極の非武装、ほんとに名言です。
    お風呂と戦争をたどる旅。戦争の加害については、恥ずかしながら知らないことばかりで、後半のものすごくヘビーな内容にはしばらく立ち直れそうもないほど暗い気持ちに。
    そんなに昔の話でもないのがまた恐ろしい。
    知ることができて良かったです。
    実際に足を運んで、現地の...続きを読む
  • ネットと愛国
    在特会のことがよく分かる本。
    在特会の街頭演説がありのまま書かれているので、出てくる言葉がかなりキツい。気分が悪くなるレベル。

    10年前くらいからインターネットに触れていたからこういう特定の民族に対しての差別的な情報は触れてきたし、そうなのかと信じてた時期があったのも思い出した。
    学生だった当時は...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!