細田守の一覧

「細田守」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

2018年7月20日(金)公開!細田守監督最新作「未来のミライ」原作小説『未来のミライ』配信開始!『サマーウォーズ』『バケモノの子』など、その他作品も合わせてご紹介します!

プロフィール

  • 作者名:細田守(ホソダマモル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1967年09月19日
  • 出身地:日本 / 富山県

金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科油絵専攻卒。『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』で第18回ゴールデングロス賞優秀銀賞。『時をかける少女』で第30回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞。

作品一覧

2018/08/10更新

ユーザーレビュー

  • おおかみこどもの雨と雪
    映画化されるとCMで見て、興味を持って購入&完読。一日で読み終わってしまった。「彼」がなぜ死んでしまったのか、死ななくてはいけなかったのかは最後まで分からなかった。そして、花が雨と雪に放った「……ねぇ。これから、どうしたい?どう生きたい?――人間か、おおかみか」の一言が心に残った。そうして雪は人間と...続きを読む
  • おおかみこどもの雨と雪
    1冊を通してずっと泣いていた。
    愛や孤独に胸がしめつけられた。

    おおかみ男を愛した花。 
    花の生き方があるように、雪や雨にもそれぞれの生き方がある。

    それぞれの生き方を肯定した花は素敵な母親だ。

    あっさりとした文章がこの物語に合っていた。
    また読み直したいと思える本。
  • バケモノの子
    私も時々 どうしようもなく苦しくなることがある
    どうにでもなれって
    何かが胸の中から噴き出してしまいそうになる
    きっとみんなそう だから大丈夫 だから大丈夫

    もし自分で危ないなって思ったり
    さっきみたいな気持ちになったら
    思い出して お守り

    一緒にいると 私も頑張ろうって勇気が出たんだよ
    だから...続きを読む
  • おおかみこどもの雨と雪
    映画を見てストーリーは知っていたけど、文庫本を見つけて読んでみたくなった。
    読みながら映画のシーンがよみがえり、夢中になった。
    母の強さと大きな愛。
    可愛い子供達の成長。
    そしてそれぞれの生き方へ。
    切ないシーンもあるけれど、読み終えると心が温まります。
  • サマーウォーズ
    アニメ映画をみてから読みました。
    小説のいいところは心情を書いてあるところ。映画では描かれていない部分にも触れることができ、これを読んでからまたもう一度映画を見るとより楽しめました。