おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「好きになった人が、おおかみおとこだった。」大学生の花(はな)は、彼と出会ってすぐに恋に落ちた。いつも襟の伸びた同じTシャツを着ていた彼は無口だけどとても優しい人だった。彼がおおかみおとこだと知ったときも、驚きも自然に受け入れることが出来たのが自分でも不思議だった。彼はおおかみと人との間に生まれ、その血を受け継ぐ最後の存在だった。やがて、花は妊娠する。そして彼との悲しい別れ――。一人になった花はおおかみの血を継ぐ二人の子供、雪と雨を独りで育てることに……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
細田守監督作品シリーズ
電子版発売日
2018年06月15日
紙の本の発売
2012年06月
サイズ(目安)
1MB

おおかみこどもの雨と雪 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    1冊を通してずっと泣いていた。
    愛や孤独に胸がしめつけられた。

    おおかみ男を愛した花。 
    花の生き方があるように、雪や雨にもそれぞれの生き方がある。

    それぞれの生き方を肯定した花は素敵な母親だ。

    あっさりとした文章がこの物語に合っていた。
    また読み直したいと思える本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    映画を見てストーリーは知っていたけど、文庫本を見つけて読んでみたくなった。
    読みながら映画のシーンがよみがえり、夢中になった。
    母の強さと大きな愛。
    可愛い子供達の成長。
    そしてそれぞれの生き方へ。
    切ないシーンもあるけれど、読み終えると心が温まります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月05日

    DVD見てから、読んだ。登場する家族4人がみなカッコいいと思う。それぞれが必死に生きてるから。自分らしくって簡単に言うけど、簡単に手にしたものは、簡単に手放せる。それだけの価値ってこと・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月11日

    ★ストーリー概要

    主人公の女性は、有名大学に通う優等生。

    しかし、人間に変化した犬畜生の男に唆され、性的関係を持ってしまう。そして、避妊無しでの性行為の結果、犬畜生の子供(しかも犬だけに双子)を孕んでしまう。

    女性の人生は、将来を約束されたエリートから、明日をも知れない貧乏暮らしへと転落する。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月12日

    さすが細田さん、と思いました。号泣です。何があっても子供たちを支えると決めたお母さん、自分で選んだ道を進んでいく二人がお互いに感じるもどかしさ。悲しかったけど、温まるお話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月27日

    ファンタジーリアルという新境地。
    設定はファンタジーなのに、話はリアル。
    主人公の花の母としての強さがとても好きです。
    子供たちの成長も必見。感動した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月30日

    ・感動するところや、面白いところがあります。
    ・悲しいところや、笑えるところが続いて、いいと思います。
    ・この本をおすすめする理由は、本を読んでいたとき、最初はすごくいい話でしたが、どんどん悲しくなっていき、最後は感動する話です。私は、泣きそうになりました。この話は、家族がかかわる話です。よんでみて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月09日

    映画を原作に、映画監督が書いた初の小説だそうです。

    大学生の「花」が恋した相手は「おおかみおとこ」でした。
    相思相愛の人間とおおかみおとこの間には、
    やがて女の子の「雪」と男の子の「雨」が生まれます。
    そんなある日、おおかみおとこが亡くなります・・。

    前代未聞のストーリー展開が予想され、
    この恋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月13日

    描かれていたのは、親が子供を思う気持ちだった。子供は、いずれ親の元を離れて行く。どんな子供でも、親にとってはかけがえのない宝物。これまでの自分の子供達とのふれあい方を思い返すきっかけになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月30日

    ガチ泣きした。とにかくお母さんの苦労と幸福がギャンギャン伝わってくる。

    【以降ネタバレ】
    原作では序盤以降、お父さんが一切出てこないことで、お母さんが”誰にも頼れない”ことに胸を締め付けられた。映画版ではどうやら顔出ししているようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています