未来のミライ

未来のミライ

作者名 :
通常価格 604円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

生まれたばかりの妹に両親の愛を奪われ、戸惑うくんちゃん。ある日、未来から来た妹・ミライちゃんと出会いました。彼女に導かれ、時をこえた冒険に旅立ちます。幼い頃の母、父の面影を持つ青年。様々な出会いを経て、くんちゃんが最後に辿り着いた場所とは。
「バケモノの子」の細田守監督最新作の原作小説!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2018年06月15日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年08月11日

「日本を代表する細田守さんの新作はチェックしなくては…」と教科書を買う感覚で手にとった1冊です。
感想は一言「凡人には難しいよ!」の一言です。
対照的で同テーマ映画とされている『ボスベイビー』を見ても唸るばかり。
感想を出そうとしても何度も何度も読書メモをぬり変えるばかり。今私が手にとっている本は『...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月10日

映画公開前に読んだ。くんちゃんと同じ経験をした身として、とても楽しめた。くんちゃんの気持ちもわかるし、下に兄弟が複数いるから、くんちゃんのお母さんの気持ちもわかる。昔のホームビデオを観ているかのような気持ちになった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月26日

毎回読んでから映画を観るか、観てから読むか迷うけど、今回は観てから読んだ。相変わらずだけど、細田守監督は小説は今ひとつですね。どうしてもこう映画のシーンをそのまま描写してる感じになっちゃうんですよね。もうちょっと小説なりの描写が欲しいし、映画にはないエピソードがあってもいいと思うんだけどな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月12日

ミライちゃんの話というよりはくんちゃんが成長していく話。
映画としては面白いかもしれないですが小説としてはどうも
うすっぺらい感じでした。

幼児のくんちゃんが未来だったり過去だったりの家族との
ふれあいを通じて教訓を得ていくのですが
タイムトラベルをするきっかけだったりも曖昧ですし
その必然性が乏...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月19日

映画の予告編で観たくなるも、すぐ鑑賞できそうにないのでまず原作。
妹の未来のミライちゃんや過去のお母さん、青年のひいじいじ等々、くんちゃんに繋がる様々な人が4歳の男の子の成長を導いていく。そんな不思議体験や家族の日常が唐突に場面転換していく脚本に近い内容だが、これが意外とジンジン胸を刺激する。くんち...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play